1217件中 81 - 90件表示
  • 中居正広

    中居正広から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1997年、NHK『NHK紅白歌合戦』(SMAPは1991年以降、2001年・2004年を除いて毎回出場している)では25歳で最年少白組司会に抜擢され、その後も計6回組司会を担当。組司会6回および白組司会5回はNHKアナウンサー以外では最多記録である。中居正広 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ離れ

    テレビ離れから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    例としてNHK紅白歌合戦の視聴率推移を見ると、1990年代は50%台(2部)を維持していたが、2000年に48.4%(2部)、39.2%(1部)と50%(2部)を切って以降この数字までは回復せず、2008年では42.1%(2部)、35.7%(1部)となっており、この傾向の一部が伺える。また、レギュラー番組でも、民放・NHKを問わず視聴率が20%を超える番組は減少傾向にある。テレビ離れ フレッシュアイペディアより)

  • リア・ディゾン

    リア・ディゾンから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    2006年初夏、日本での活動開始。雑誌(集英社「ヤングジャンプ」・「週刊プレイボーイ」等)のグラビアページや表紙に登場し、男性を中心に人気を得る。ほどなく女性向けファッション誌でもモデルとして活動、同年後半から様々なジャンルの雑誌媒体で多数の表紙を飾り、10月には最初の写真集「petit Amie」を発売。2007年2月には2番目の写真集「ハロリア!」も発売され、それぞれ10万部を超える売上と発表された。以後、テレビや雑誌などの出演も増え、自身が最も望んでいた歌手活動も開始。日本語で歌うシングル4作とアルバムがリリースされ、2007年度のNHK紅白歌合戦へ出場するに至った。テレビでは、日本語でのアドリブ性の高い会話はまだ拙いが、台本があれば上達した発音を披露し、TV番組『魁!音楽番付 〜Vegas〜』では1年間、単独で司会をこなした。リア・ディゾン フレッシュアイペディアより)

  • 藤山一郎

    藤山一郎から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    藤山はこの短歌に曲をつけ、『長崎の鐘』を歌う際に続けて『新しき朝』を歌うようになった。藤山は永井の死から8か月後の1951年(昭和26年)1月3日に行われた第1回NHK紅白歌合戦に白組のキャプテンとして出場し、『長崎の鐘』を歌った。ちなみに藤山は1951年の第1回から1958年の第8回まで8年連続で出場するなど、歌手として計11回紅白歌合戦に出場している。藤山一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川 晃司

    吉川晃司から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1984年2月1日シングル『モニカ』でデビュー。この曲は、主演映画『すかんぴんウォーク』の主題歌でもあった。その後『サヨナラは8月のララバイ』、『LA VIE EN ROSE』、『ユー・ガッタ・チャンス』(オリコン3週連続1位)、『にくまれそうなNEWフェイス』(オリコン1位)、『RAIN-DANCEがきこえる』(オリコン4位)、『キャンドルの瞳』(オリコン2位)と立て続けにヒットシングルをリリースし。1984年の日本歌謡大賞最優秀新人賞、日本アカデミー賞新人賞など歌手と俳優の両部門で8つの新人賞を独占。翌1985年暮れにはNHK紅白歌合戦に出場した。吉川晃司 フレッシュアイペディアより)

  • 有働由美子

    有働由美子から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    2001年から2003年までは、『NHK紅白歌合戦』で紅組司会を担当。2006年4月からは、スポーツ報道の現場を離れるとともに、小川浩司と『スタジオパークからこんにちは』の司会を務める。その後、小川が体調を崩したこともあり、有働が単独でゲストとトークを行う現在のスタイルが確立された。2007年度には相方が遠藤亮に交代した。有働由美子 フレッシュアイペディアより)

  • 石田 ひかり

    石田ひかりから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    同年、よみうりテレビ『悪女』にTVドラマ初主演。続いてNHK朝の連続テレビ小説『ひらり』では大相撲が大好きなヒロインを演じて注目された。その後もフジテレビ『あすなろ白書』に主演。人気のピークを迎えた。『NHK紅白歌合戦』には、1992年(平成4年)と1993年(平成5年)に2年連続で、紅組司会を務めている。プロサッカー選手の青嶋文明との交際に実父が猛反対しマスコミを賑わせた。石田ひかり フレッシュアイペディアより)

  • 和田 アキ子

    和田アキ子から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    1970年(昭和45年)、『女番長・野良猫ロック』(日活)で映画初主演を果たす。また、「笑って許して」で『第21回NHK紅白歌合戦』、NHK)に出場、紅白初出場を果たす。和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 西田 敏行

    西田敏行から見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    また、歌手活動も精力的に行い、1981年(昭和56年)に『もしもピアノが弾けたなら』は大ヒットとなった。なおNHK紅白歌合戦において司会、歌手、審査員、応援の基本となる4つの出演パターン全てで出演した経験があるのは西田のみである。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • LUNA SEA

    LUNA SEAから見たNHK紅白歌合戦NHK紅白歌合戦

    この年、メンバーの5人はソロ活動をしていった。まずRYUICHIは、本名の河村隆一でソロ活動を開始。アルバム『Love』は約300万枚という男性ソロシンガーとしては歴代最高の売り上げを記録し、年末にはNHK紅白歌合戦にも出場するなど、わずか1年の間にソロシンガーとしての地位を不動のものにした。また、俳優・タレントとしてもテレビやドラマなどにも出演し、お茶の間にも進出した。SUGIZOとINORAN・J・真矢も、それぞれに精力的な音源製作・ライブ活動で5人が5人独特の活動を展開して見せた。個々にシンガーデビューを果たし、ランクインさせた。LUNA SEA フレッシュアイペディアより)

1217件中 81 - 90件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード