400件中 11 - 20件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たMr.Children

    出場歌手発表時、「誰が出場したか」と同様に、「誰が出場しなかったか」にも注目が集まる。特に1980年代からはミュージシャン系の歌手を中心に「辞退をすることがステータス」、「出たら負け」という風潮が高まり、出場の打診を歌手サイドの意思で断る事例が増えた。これらのアーティストは「出場辞退組」と呼ばれるようになる。辞退する理由は様々で、知名度が出てきた頃に数度だけ出場する例(THE ALFEE、サザンオールスターズなど)、NHKとの不和が原因で出場しない例(アリスなど)、紅白のコンセプトに賛同しない例(小田和正、Mr\.Childrenなど)等々である。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たザ・タイガース

    複数の名義で並行して活動している歌手は、原則両方で出場することは出来ず、沢田研二が第40回(1989年)において、ソロ名義とザ・タイガースの双方で出場した事例が永らく唯一であった。しかし、2000年代後半からは同系列の複数のグループ・ユニットをメンバーが掛け持ちし、更にそれぞれヒットする事例が出てきたため(モーニング娘。、AKB48、EXILEなど)、徐々に複数の掛け持ち出場が認められるようになってきた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た羞恥心 (ユニット)

    女性メインボーカルのグループでも、はしだのりひことクライマックスおよび青い三角定規は他の出場歌手との兼ね合いからそれぞれ白組から出場。Paboは全員女性だが同系列の羞恥心とセットで白組から出場。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た山本譲二

    特に日本の芸能界は"黒い交際"、すなわち暴力団・ヤクザなどの反社会的勢力が興行師として采配していることが多く、これが表面化すると選考にも決定的な悪影響を及ぼす。それは大物歌手・ベテラン歌手であっても例外ではなく、過去には長年紅組トリを独占していた美空ひばりが、1973年、暴力団構成員であった弟・かとう哲也の逮捕をきっかけに、三代目山口組・田岡一雄との関係が問題視された。ひばりへのアンケートの指示が低下し、「ご意見を伺う会」からの批判が相次いだことを理由に落選となり、以後は本人のサイドから距離をとり、正式な出場歌手としては遂に復帰しなかった。また、第37回(1986年)では、北島三郎・山本譲二が暴力団主催の宴席に出席していたことがメディア報道され、本番の差し迫った12月29日に出場辞退を余儀なくされた。代役として角川博と鳥羽一郎が選出されたものの、今度は鳥羽が自身も暴力団と過去に関わりがあったことを自ら暴露し、この一件に対するNHKの偽善の姿勢を批判して辞退した(代役はシブがき隊)。2011年には、暴力団の影響力排除を目的とした各都道府県の暴力団排除条例が施行され、人気司会者であった島田紳助が暴力団との交際発覚を理由に芸能界を引退し大きな話題になったことなどもあり、NHKも暴力団排除指針を公表。同年の第62回の選考を巡って、黒い交際の情報がある人物は排除しなければならず、NHKが出場候補者の人選に通常より神経を使い、報道局など組織内の多くのリソースも投入していると各メディアで報じられた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た橋幸夫

    黎明期(第7回頃)までは戦前・戦中派の歌手も常連として名を連ねていたが、第8回(1957年)を以って戦前からの第一人者的存在である藤山一郎が後進に道を譲る形で歌手としての出場を辞退。以後、回を重ねる毎に戦前派の歌手の名は消えてゆく。入れ替わるように、第10回(1959年)では新世代デュオ歌手のザ・ピーナッツが(姉妹または兄弟での出場はこれが初めて)、翌第11回(1960年)では御三家の筆頭として1960年代の歌謡界を牽引するスター歌手となる橋幸夫や、ロカビリーブームの第一人者である平尾昌章(現:平尾昌晃)が、第12回(1961年)では当時NHKで放送中であった『夢であいましょう』内「今月の歌」コーナーから誕生した「上を向いて歩こう」のヒットにより坂本九がそれぞれ初出場するなど、出場者の顔ぶれにも「世代交代」の色が年々強く反映されるようになってゆく。そして第13回(1962年)では前年まで連続出場していた淡谷のり子、林伊佐緒、伊藤久男が落選、完全に戦後派の歌手のみの顔ぶれとなった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た沢田研二

    複数の名義で並行して活動している歌手は、原則両方で出場することは出来ず、沢田研二が第40回(1989年)において、ソロ名義とザ・タイガースの双方で出場した事例が永らく唯一であった。しかし、2000年代後半からは同系列の複数のグループ・ユニットをメンバーが掛け持ちし、更にそれぞれヒットする事例が出てきたため(モーニング娘。、AKB48、EXILEなど)、徐々に複数の掛け持ち出場が認められるようになってきた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た森進一

    また、常連歌手がある時点で自発的に「勇退」を宣言、翌年から出演を取り止める例(北島三郎、森進一など)もある。最後の出場回の前に宣言した時には、最後のステージとして花を添えることも可能である。一方で、落選したのを契機に「勇退」を宣言するケースもある。常連歌手など功労者を落選させる場合、番組側が該当歌手の名誉のために、公式には「辞退した」ことにさせる場合がある。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たサザンオールスターズ

    出場歌手発表時、「誰が出場したか」と同様に、「誰が出場しなかったか」にも注目が集まる。特に1980年代からはミュージシャン系の歌手を中心に「辞退をすることがステータス」、「出たら負け」という風潮が高まり、出場の打診を歌手サイドの意思で断る事例が増えた。これらのアーティストは「出場辞退組」と呼ばれるようになる。辞退する理由は様々で、知名度が出てきた頃に数度だけ出場する例(THE ALFEE、サザンオールスターズなど)、NHKとの不和が原因で出場しない例(アリスなど)、紅白のコンセプトに賛同しない例(小田和正、Mr.Childrenなど)等々である。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た美空ひばり

    特に日本の芸能界は"黒い交際"、すなわち暴力団・ヤクザなどの反社会的勢力が興行師として采配していることが多く、これが表面化すると選考にも決定的な悪影響を及ぼす。それは大物歌手・ベテラン歌手であっても例外ではなく、過去には長年紅組トリを独占していた美空ひばりが、1973年、暴力団構成員であった弟・かとう哲也の逮捕をきっかけに、三代目山口組・田岡一雄との関係が問題視された。ひばりへのアンケートの指示が低下し、「ご意見を伺う会」からの批判が相次いだことを理由に落選となり、以後は本人のサイドから距離をとり、正式な出場歌手としては遂に復帰しなかった。また、第37回(1986年)では、北島三郎・山本譲二が暴力団主催の宴席に出席していたことがメディア報道され、本番の差し迫った12月29日に出場辞退を余儀なくされた。代役として角川博と鳥羽一郎が選出されたものの、今度は鳥羽が自身も暴力団と過去に関わりがあったことを自ら暴露し、この一件に対するNHKの偽善の姿勢を批判して辞退した(代役はシブがき隊)。2011年には、暴力団の影響力排除を目的とした各都道府県の暴力団排除条例が施行され、人気司会者であった島田紳助が暴力団との交際発覚を理由に芸能界を引退し大きな話題になったことなどもあり、NHKも暴力団排除指針を公表。同年の第62回の選考を巡って、黒い交際の情報がある人物は排除しなければならず、NHKが出場候補者の人選に通常より神経を使い、報道局など組織内の多くのリソースも投入していると各メディアで報じられた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た鳥羽一郎

    特に日本の芸能界は"黒い交際"、すなわち暴力団・ヤクザなどの反社会的勢力が興行師として采配していることが多く、これが表面化すると選考にも決定的な悪影響を及ぼす。それは大物歌手・ベテラン歌手であっても例外ではなく、過去には長年紅組トリを独占していた美空ひばりが、1973年、暴力団構成員であった弟・かとう哲也の逮捕をきっかけに、三代目山口組・田岡一雄との関係が問題視された。ひばりへのアンケートの指示が低下し、「ご意見を伺う会」からの批判が相次いだことを理由に落選となり、以後は本人のサイドから距離をとり、正式な出場歌手としては遂に復帰しなかった。また、第37回(1986年)では、北島三郎・山本譲二が暴力団主催の宴席に出席していたことがメディア報道され、本番の差し迫った12月29日に出場辞退を余儀なくされた。代役として角川博と鳥羽一郎が選出されたものの、今度は鳥羽が自身も暴力団と過去に関わりがあったことを自ら暴露し、この一件に対するNHKの偽善の姿勢を批判して辞退した(代役はシブがき隊)。2011年には、暴力団の影響力排除を目的とした各都道府県の暴力団排除条例が施行され、人気司会者であった島田紳助が暴力団との交際発覚を理由に芸能界を引退し大きな話題になったことなどもあり、NHKも暴力団排除指針を公表。同年の第62回の選考を巡って、黒い交際の情報がある人物は排除しなければならず、NHKが出場候補者の人選に通常より神経を使い、報道局など組織内の多くのリソースも投入していると各メディアで報じられた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

400件中 11 - 20件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード