543件中 11 - 20件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た日本テレビ放送網

    1975年・第26回のずうとるび(日本テレビ系列『笑点』出身)以後、民放番組からデビューした企画ユニット・ソロ歌手(番組内のキャラクター)あるいは民放色の強い歌手も出場しており、特に1990年代後半以降は多くの民放番組出身歌手が出場するようになった。その場合、該当番組内でそれらの人物が「紅白を狙う」と公言したり、出場が決まった際には紅白本番中やその舞台裏の模様を後日番組内で「紅白ドキュメント」などと銘打って放映したりすることがある。また、これらの歌唱時には番組共演者が応援ゲストとして登場することもある。番組側は話題となっている民放番組出身ユニット・歌手に出場してもらうことで視聴率獲得への期待をしている面があり、民放局側も自局番組出身のユニット・歌手を紅白に出場させることに協力的な姿勢であるという。一方、1976年・第27回において、同年のフジテレビ系列『ひらけ!ポンキッキ』のオリジナルナンバーとして使用され、オリコン年間シングルチャート1位のヒット曲となった「およげ!たいやきくん」を持つ子門真人が、1985年・第36回、1986年・第37回では当時社会現象を巻き起こしていたフジテレビ系列『夕やけニャンニャン』出身のおニャン子クラブが出場しなかった。おニャン子クラブに関しては、当時フジテレビ系列で紅白と同じく大晦日に生放送していた『世界紅白歌合戦』には出演していた(1985年・1986年双方)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たテレビ朝日

    不祥事以外の事故や疾病などのアクシデントでもその内容や時期によっては、出場の可否を巡る話題が発生するケースもある。2008年・第59回では浜崎あゆみが直前に右手を負傷し緊急手術を受ける事態となり、紅白直前の日程のテレビ出演(テレビ朝日系列『ミュージックステーションスーパーライブ2008』)のキャンセルを余儀なくされたものの、最終的に紅白には出場を果たした。だが、この際には浜崎が出場できるか辞退を余儀なくされるかを巡って、さらには浜崎は通常は右手でマイクを握ることから、紅白に出場する場合どうやってマイクを使用するかについてまで、当日の放送開始のギリギリまで各種メディアで様々な情報が交錯した。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た中居正広

    紅組司会は基本的に女性が務め1951年・第1回、1952年・第2回、1953年12月・第4回、1957年・第8回 - 1997年・第48回、2005年・第56回、2006年・第57回、2008年・第59回以降は女性芸能人(歌手、女優、お笑いタレント)が務めており、1953年1月・第3回、1954年・第5回、1986年・第37回、1998年・第49回 - 2004年・第55回はNHKの女性アナウンサーが務めている。白組司会は男性が務め1951年・第1回 - 1967年・第18回、1970年・第21回 - 1986年・第37回、2001年・第52回 - 2004年・第55回まではNHKの男性アナウンサーが務めており、1968年・第18回、1969年・第19回、1986年・第37回 - 2000年・第51回、2005年・第56回以降は男性芸能人(歌手、俳優、フリーアナウンサー、上方落語家)が務めている。紅組司会を男性(NHKアナウンサー・芸能人並びに歌手)が務めたケース(1955年・第6回、1956年・第7回の宮田輝、2007年・第58回のSMAP・中居正広)や組司会が複数となったケース(1986年・第37回、2003年・第54回の両軍2人体制、2010年・第61回 - 2012年・第63回の白組司会である嵐の5人体制)もある。なお、白組司会を女性が務めたケースはない。組司会について、2007年・第58回の司会発表の際に番組側は「紅組司会が女性でなくてはいけないということではない」と説明している。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た斉藤由貴斉藤 由貴

    ※1986年・第37回は紅組司会が目加田?子・斉藤由貴、白組司会が千田正穂・加山雄三という体裁だが、事実上は目加田・千田は斉藤・加山の補佐役という体裁だった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たV6 (グループ)

    渡辺プロダクションの全盛期が過ぎ去るのと入れ替わる様に1980年代から芸能界で大きな影響力を持つようになったジャニーズ事務所に所属する歌手の出場は、1994年・第45回 - 2008年・第59回まで、近藤真彦の返り咲き出場を例外とすればSMAP・TOKIOに限定されていた。状況に変化があったのは2009年・第60回で、この両者に加え嵐とNYC boys(NYCの前身。「こども紅白歌合戦」に出場したスノープリンス合唱団も含めると5組)が出場した。翌2010年・第61回でも、白組司会の嵐を含め4組が出場した。とはいえ、この2010年にはメンバーの井ノ原快彦が総合テレビでのレギュラー番組『あさイチ』で司会を務めていることなどから出場を有力視されていたV6が不選出という事例もあった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た華原朋美

    また、名目上はソロ出場であるものの実際はサポート扱いで異性パートナーが登場し、デュエットを行うケースもある。1983年・第34回の都はるみ、菅原洋一、2003年・第54回の華原朋美、2006年・第57回の長山洋子など(パートナーはそれぞれ岡千秋、シルヴィア、コロッケ、影山時則)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たMr.Children

    特に『連続テレビ小説』の主題歌やオリンピック・FIFAワールドカップのNHK中継番組テーマ曲、NHK全国学校音楽コンクール課題曲(中学校の部)を担当した者については、出場しやすい面がある。ボーカルの桜井和寿による「音楽で勝敗を決める番組に出演したくない」との理由で出場辞退を続けてきたMr\.Childrenが2008年の北京オリンピック・北京パラリンピックの同中継テーマ曲「GIFT」を担当した縁で同年の第59回への出場を受け入れたというケースもある(Mr.Childrenの紅白出場は同回のみとなっている)。ただし、NHKがオリンピック中継実施時に自局テーマ曲を設けるようになった1988年のソウルオリンピック以降、同テーマ曲を担当した歌手がその年の紅白に出場するという事例は中々実現しなかった。初めてこのようなケースが実現したのは、2004年・第55回のゆずである(同年のアテネオリンピックの同中継テーマ曲「栄光の架橋」を同回で歌唱)。ちなみに、それ以降冬季・夏季ともにオリンピック開催年において、同中継テーマ曲を担当した歌手はその年の紅白に出場して同テーマ曲を歌唱するようになっている。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た中島みゆき

    紅白への出演がアーティストの翌年初頭のCD売り上げに少なからず影響を与える。この現象は俗に「紅白効果」と呼ばれている。紅白出演後に紅白で歌われた曲が初めてオリコンシングルチャートで週間1位を獲得したケースとしては1986年・第37回出場の吉幾三の「雪國」(1987年2月9日付)、2002年・第53回出場の中島みゆきの「地上の星」(2003年1月20日付)、2006年・第57回出場の秋川雅史の「千の風になって」(2007年1月22日付)2008年・第59回出場の秋元順子の「愛のままで…」(2009年1月26日付)、2010年・第61回出場の植村花菜の「トイレの神様」(2011年1月10日付)がある。2003年・第54回に大トリを務めたSMAPの「世界に一つだけの花 (シングル・ヴァージョン)」はそれまでランクが落ちていたが、紅白出演後の翌2004年1月5日にオリコンシングルチャートで週間1位に返り咲いた。また紅白歌唱を機に注目され大ヒット・再ヒットした楽曲を翌年の紅白で連続して歌唱するというケースも見られる(その際、再度の「紅白効果」が生まれたというケースもある)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た坂本九

    出場歌手が組司会を兼任することもあり、その際は基本的に出場歌手・組司会どちらも同じ組から行うが、例外として2007年・第58回の中居正広は出場歌手はSMAPとして白組で、組司会は紅組で行った。1968年・第19回(紅組は水前寺清子、白組は坂本九。出場歌手での出番でも両者の直接対決となった)、1969年・第20回、1986年・第37回 - 1988年・第39回、1997年・第48回は出場歌手同士の両軍司会となった。美空ひばり(1970年・第21回、大トリも。組司会と大トリを兼任したのは紅白史上唯一)、森昌子(1985年・第36回)、和田アキ子(1987年・第38回)は紅組司会を兼任した回で紅組トリを務めた(男性歌手が組司会を兼任してトリを務めたケースはない)。なお、出場歌手が組司会を兼任する場合、その人物の歌手としての出番の曲紹介は基本的に相手組司会・総合司会・出場歌手・応援団・応援ゲストが代理で担当するが、本人が自ら紹介することもある。また、本業が歌手の人物が出場歌手には落選した上で司会を務めたケース(紅組司会をそれぞれ務めたペギー葉山(1966年・第17回)、九重佑三子(1967年・第18回))、司会を務めた翌年に歌手として初出場を果たしたケース(紅組歌手の松たか子(1997年・第48回))、同じ回に歌手初出場と初司会を双方果たしたケース(紅組歌手と紅組司会を兼任した斉藤由貴(1986年・第37回))もある。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たDJ OZMA

    番組が生放送であることを利用し、アーティストが番組側に事前に知らせない不意打ちパフォーマンスを行うこともある。その典型例は2006年・第57回のDJ OZMAのパフォーマンスであり、以後NHKは打ち合わせと著しく異なるパフォーマンスを行わないよう音楽番組に出演するアーティストに対し誓約書を書かせることとなった。これまでの主なパフォーマンスとしては、以下が挙げられる(詳しくは当該の回やアーティストの項目を参照)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

543件中 11 - 20件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード