543件中 21 - 30件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た羞恥心 (ユニット)

    2008年・第59回では、フジテレビ系列『クイズ!ヘキサゴンII』から誕生した女性3人組であるPaboが、同じ番組から誕生した男性3人組である羞恥心をメインとしてまとめられ、白組で出場した。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た橋幸夫橋 幸夫

    現代紅白の司会進行にあたっては、電話帳数冊分におよぶ台本があり、合わせてカンぺも用意される。司会者に対し、スタッフから開始早々のタイミングで「巻き」(スタッフから出演者に早く進行するよう指示が入ること)が入ることも珍しくなく、放送内でアドリブを入れることも中々できないという。一方、司会者がアドリブで進行を手掛けるといった例外のケースも見られ、さらにスタッフからの進行迅速に伴う一部演出の省略指示を司会者が拒否した上で進行を完璧に務め上げたというケースもある。その他、司会者が生本番内で言い間違いや失言をして話題となった事例がある(1980年代頃までは司会者の言い間違い等のハプニングは一切許されないという程の厳格さがあった。これに関連して1995年・第46回 - 2000年・第51回に総合司会を務めた宮本隆治は「NHKホールには魔物が住んでいる」「これまで多くの魔物が先輩の司会者達を苦しめて来た」と語っている)。ただし、これらは現代紅白のものであり、1970年代頃までは司会者によるアドリブや自由演出が極当たり前のように行われていた。一例として、1970年・第21回では本番内において、白組司会の宮田輝が白組歌手の橋幸夫に対し、歌唱曲を当初予定の「俺たちの花」から「いつでも夢を」に変更することを持ちかけて歌唱させたという出来事があった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た美川憲一美川 憲一

    紅白では歌唱中に視聴者や観客を驚かせたり、結果として世間を騒がせる原因となる演出やパフォーマンスがしばしば行われる。小林幸子や美川憲一の、ステージと一体化した豪華な衣装は特に有名であり、衣装対決の通称で広く知られる(「歴史」の「1970年代 - 1990年代」の節を参照)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た三宅民夫

    2006年・第57回 - DJ OZMAが全身肌色のボディスーツを着て股間の部分にキノコの模型をつけた姿で舞台に登場。女性バックダンサーも同様の格好で全裸に見えたため、「公共放送で、しかもゴールデンタイムであることの配慮がない」としてNHKに苦情が殺到した。総合司会の三宅民夫が番組中に「全裸ではない」と説明した。その後、放送倫理・番組向上機構(BPO)から回答要請を受けた。この影響によりDJ OZMAは活動を一時休止を余儀なくされ、その後も活動に大きな制約が掛かるなど尾を引き続け、これが最終的には2008年の「引退」宣言にまで繋がっていく。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たサザンオールスターズ

    サザンオールスターズやAqua Timezなどなら白組NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た浜崎あゆみ浜崎 あゆみ

    不祥事以外の事故や疾病などのアクシデントでもその内容や時期によっては、出場の可否を巡る話題が発生するケースもある。2008年・第59回では浜崎あゆみが直前に右手を負傷し緊急手術を受ける事態となり、紅白直前の日程のテレビ出演(テレビ朝日系列『ミュージックステーションスーパーライブ2008』)のキャンセルを余儀なくされたものの、最終的に紅白には出場を果たした。だが、この際には浜崎が出場できるか辞退を余儀なくされるかを巡って、さらには浜崎は通常は右手でマイクを握ることから、紅白に出場する場合どうやってマイクを使用するかについてまで、当日の放送開始のギリギリまで各種メディアで様々な情報が交錯した。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た由紀さおり由紀 さおり

    かつてトリ歌手は「ソロ歌手でなくてはいけない」とのルールがあったが、2003年・第54回にSMAPが白組トリおよび大トリに起用されたことでこの慣例はなくなった。1992年・第43回では、紅組トリに由紀さおり・安田祥子、白組トリおよび大トリに同回で解散のステージとなっていたチェッカーズと紅・白ともにグループを起用する構想が挙がっていたが、このルールがあったために双方ともに見送りとなった経緯がある(紅組トリに関しては、由紀が単独出場してトリで歌唱し、安田が舞台裏でコーラスをするという形となった)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た布施明

    選曲権は基本的に歌手側には与えられずに、番組側から歌手側へ一方的な押し付け状態となるケースが多く、歌手から反発を買うことがある。1991年・第42回では未発表曲「BRIDGE〜あの橋をわたるとき〜」の歌唱を番組側に拒否されたHOUND DOGが出場を辞退した。(後述の話と関連するが)2009年・第60回の出場を最後に勇退を表明した布施明はその理由の1つに「(自身の)歌唱曲が固定している」ことを挙げた。その一方で、選曲に歌手側の意向が汲まれたとされるケースも存在する。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た石川さゆり石川 さゆり

    2000年代後半以降、演歌・歌謡歌手は新曲の歌唱を敬遠されがち(正確には1990年代頃からその傾向が徐々に増えていた。この間2001年・第52回、2004年・第55回は比較的多くの演歌歌手がポップス歌手同様、新曲の歌唱が多かったが、これ以外は新曲を歌唱する演歌歌手が少数派となっている)で、過去のヒット曲が選曲される傾向にあり、且つ同じ曲が何度も歌われることも多い。例えば、石川さゆりは1986年の楽曲「天城越え」を、中村美律子は1989年の楽曲「河内おとこ節」を現在まで共に8回歌っている。同じ曲が何度も歌唱されることに関しては、週刊誌等のメディアに「何故、毎年同じ歌?」のような批判記事が出ることがある。ただし、小林幸子、五木ひろし、氷川きよしは一部の回を除き毎回行われた年に発売されたシングルの新曲を歌っている。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た山口百恵

    先述の通り、初期におけるトリは圧倒的に演歌・歌謡歌手からの起用が多かった。初めてポップス歌手同士がトリを務めたのは、1978年・第29回であり、紅組トリに山口百恵、白組トリおよび大トリに沢田研二が起用された。この年が「演歌不作の年」とも評される程に、演歌勢で目立ったヒットがほとんど生まれなかった反面、ニューミュージックブームの到来であったため、ヒット作による出場作の不作でもあった。ポップス系で多くのヒット作や話題があったことから、企画の段階からこの年の紅白のラストは人気No.1のポップス歌手で、という方針は固まっており、先に紅組トリに百恵を起用することを決定。その後、彼女の対戦相手として最も適材な歌手として当時の男性ポップス系歌手人気No.1の沢田が白組トリに起用されることとなったと言われている。ただし、これ以降ポップス歌手同士がトリという事例は先述の2010年・第61回まで待つこととなる。また、紅組の10代の歌手が紅白のトリ歌手に起用されたのも百恵が最年少で紅白史上初(紅白両組ともに平成生まれでは未だにいない)となっており、その記録は未だに破られていない。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

543件中 21 - 30件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード