543件中 31 - 40件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た都はるみ都 はるみ

    また、名目上はソロ出場であるものの実際はサポート扱いで異性パートナーが登場し、デュエットを行うケースもある。1983年・第34回の都はるみ、菅原洋一、2003年・第54回の華原朋美、2006年・第57回の長山洋子など(パートナーはそれぞれ岡千秋、シルヴィア、コロッケ、影山時則)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た2009年

    国内向けにはNHKの総合テレビとラジオ第1で放送される。かつてはBS2(1984年・第35回より)・BShi(1989年・第40回より)でも放送されていた。このうちBS2ではBモードステレオ放送で、BShiでは5.1chサラウンドステレオでNHKホールの臨場感を楽しめた(これら2波は完全デジタル化に伴うBSプレミアムへの整理統合およびそれに伴う番組編成の見直しから2010年・第61回を以って終了)。ラジオ中継では、客席上のラジオ中継席からステージ上で行われていることの実況とともに放送。海外向けにはNHKワールド・プレミアムとNHKワールド・ラジオ日本で放送される(短波放送は地域により数時間遅れまたは第2部のみの放送だが、2007年・第58回以降は東南アジア・アジア大陸地域の同時放送のみ。2009年・第60回以降は衛星ラジオでも全世界に向けて放送)。またNHK主体ではないが、海外の現地ケーブルテレビチャンネル(主として日本専門チャンネル)を通じて放送される場合がある(NHKワールド・プレミアム放送の際には字幕がないため)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た連続テレビ小説

    特に『連続テレビ小説』の主題歌やオリンピック・FIFAワールドカップのNHK中継番組テーマ曲、NHK全国学校音楽コンクール課題曲(中学校の部)を担当した者については、出場しやすい面がある。ボーカルの桜井和寿による「音楽で勝敗を決める番組に出演したくない」との理由で出場辞退を続けてきたMr.Childrenが2008年の北京オリンピック・北京パラリンピックの同中継テーマ曲「GIFT」を担当した縁で同年の第59回への出場を受け入れたというケースもある(Mr.Childrenの紅白出場は同回のみとなっている)。ただし、NHKがオリンピック中継実施時に自局テーマ曲を設けるようになった1988年のソウルオリンピック以降、同テーマ曲を担当した歌手がその年の紅白に出場するという事例は中々実現しなかった。初めてこのようなケースが実現したのは、2004年・第55回のゆずである(同年のアテネオリンピックの同中継テーマ曲「栄光の架橋」を同回で歌唱)。ちなみに、それ以降冬季・夏季ともにオリンピック開催年において、同中継テーマ曲を担当した歌手はその年の紅白に出場して同テーマ曲を歌唱するようになっている。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たオリコン

    1975年・第26回のずうとるび(日本テレビ系列『笑点』出身)以後、民放番組からデビューした企画ユニット・ソロ歌手(番組内のキャラクター)あるいは民放色の強い歌手も出場しており、特に1990年代後半以降は多くの民放番組出身歌手が出場するようになった。その場合、該当番組内でそれらの人物が「紅白を狙う」と公言したり、出場が決まった際には紅白本番中やその舞台裏の模様を後日番組内で「紅白ドキュメント」などと銘打って放映したりすることがある。また、これらの歌唱時には番組共演者が応援ゲストとして登場することもある。番組側は話題となっている民放番組出身ユニット・歌手に出場してもらうことで視聴率獲得への期待をしている面があり、民放局側も自局番組出身のユニット・歌手を紅白に出場させることに協力的な姿勢であるという。一方、1976年・第27回において、同年のフジテレビ系列『ひらけ!ポンキッキ』のオリジナルナンバーとして使用され、オリコン年間シングルチャート1位のヒット曲となった「およげ!たいやきくん」を持つ子門真人が、1985年・第36回、1986年・第37回では当時社会現象を巻き起こしていたフジテレビ系列『夕やけニャンニャン』出身のおニャン子クラブが出場しなかった。おニャン子クラブに関しては、当時フジテレビ系列で紅白と同じく大晦日に生放送していた『世界紅白歌合戦』には出演していた(1985年・1986年双方)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たジャニーズ事務所

    出場歌手については、所属する芸能事務所毎に一定の枠、すなわち数的制限が設けられる慣例があるとされる。この慣例については、2009年・第60回出場歌手発表後に番組側は「枠を設けたことはない」と説明したが、番組終了後にジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川が「NHKに2枠固定と言われ意固地になっていた」と事務所毎の一定枠が存在することを示唆する発言をしている。ただし、2005年・第56回の出場歌手発表時にマスコミから番組側に「ジャニーズ事務所の歌手・グループを出さないのか?」との質問が出された際、番組側が「ジャニーズさんにはもっと出してほしいとお願いしているんですが・・・」と返答していた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た江利チエミ

    過去には本人に対しては出場決定後の通知のみであった。そのため、江利チエミや田原俊彦などで出場決定後に本人が辞退の意志を表明するという出来事が起きている。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たジャニー喜多川

    出場歌手については、所属する芸能事務所毎に一定の枠、すなわち数的制限が設けられる慣例があるとされる。この慣例については、2009年・第60回出場歌手発表後に番組側は「枠を設けたことはない」と説明したが、番組終了後にジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川が「NHKに2枠固定と言われ意固地になっていた」と事務所毎の一定枠が存在することを示唆する発言をしている。ただし、2005年・第56回の出場歌手発表時にマスコミから番組側に「ジャニーズ事務所の歌手・グループを出さないのか?」との質問が出された際、番組側が「ジャニーズさんにはもっと出してほしいとお願いしているんですが・・・」と返答していた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た大野智

    2010年・第61回 - 2012・第63回の白組司会である嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)は紅白史上初のグループでの組司会である。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た加山雄三加山 雄三

    ※1986年・第37回は紅組司会が目加田?子・斉藤由貴、白組司会が千田正穂・加山雄三という体裁だが、事実上は目加田・千田は斉藤・加山の補佐役という体裁だった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た江守徹江守 徹

    オープニングにて、原則総合司会(例外として、1995年・第46回ではオープニングのナレーションを担当した江守徹、1998年・第49回では両軍歌手キャプテン同士である和田アキ子(紅組)、北島三郎(白組)が紹介)より両軍司会の紹介が行われる。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

543件中 31 - 40件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード