400件中 31 - 40件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た水谷良重

    第8回(1957年)まで出場歌手はソロ歌手に限られていた。しかし、第9回(1958年)に水谷良重・東郷たまみ・沢たまき、ダークダックスがグループとして初めて選出され、以後グループも多く出場するようになった。第13回(1962年)までグループは必ずグループと対戦する格好となっていた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た畑中葉子

    男女のデュエットは基本的に紅組。例外として、ヒデとロザンナおよび平尾昌晃・畑中葉子はそれぞれ白組から出場。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た秋元順子

    紅白出演がアーティストの翌年初頭のCD売り上げに少なからず影響を与える。この現象は俗に「紅白効果」と呼ばれている。紅白出演後に紅白で歌われた曲がオリコンシングルチャートで週間1位を獲得したケースとしては都はるみの「北の宿から」、吉幾三の「雪國」、中島みゆきの「地上の星」、SMAPの「世界に一つだけの花 (シングル・ヴァージョン)」(返り咲き)、秋川雅史の「千の風になって」、秋元順子の「愛のままで…」、植村花菜の「トイレの神様」がある。また紅白歌唱を機に注目され大ヒット・再ヒットした楽曲を翌年の紅白で連続して歌唱するというケースも見られる(その際、再度の「紅白効果」が生まれたというケースもある)。「紅白効果」はヒット曲のみならず、歌い継がれる「名曲」をも生み出すとの向きもある。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た雪村いづみ

    第7回(1956年) 雪村いづみ - 理由:本番当日の急病(胃痙攣)のため。代役は間に合わず、雪村の親友である江利チエミが出場者の印の赤い花を2つ胸に付けて出場。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たモーニング娘。

    複数の名義で並行して活動している歌手は、原則両方で出場することは出来ず、沢田研二が第40回(1989年)において、ソロ名義とザ・タイガースの双方で出場した事例が永らく唯一であった。しかし、2000年代後半からは同系列の複数のグループ・ユニットをメンバーが掛け持ちし、更にそれぞれヒットする事例が出てきたため(モーニング娘。、AKB48、EXILEなど)、徐々に複数の掛け持ち出場が認められるようになってきた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たAAA (音楽グループ)

    混声ボーカルの場合は、その都度振り分けられる。AAAは両組から出場歴があり、これが同一名義で両組から出場した唯一の例である。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た吉永小百合

    吉永小百合「歌手デビュー55周年記念ベスト&NHK貴重映像DVD〜寒い朝〜」(2018年2月28日)- 音源2曲+映像3曲収録。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た松本潤

    嵐は大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤から構成されるグループである。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た嵐 (グループ)

    そのため、大ヒット曲を出しながら事務所枠の関係で出場機会に恵まれない例もある。1980年代から芸能界で大きな影響力を持つようになったジャニーズ事務所に所属する歌手の出場は、第48回(1997年)以降長らく、SMAP・TOKIOの2組に限定されていた。その後、第60回(2009年)にとNYC boysも出演して以降、ジャニーズ事務所の枠は増えている。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た本木雅弘

    第43回(1992年) - 本木雅弘が首に白い液体を入れたコンドームの形をした風船をいくつも巻き付けて登場した。さらに、演奏途中では尻を露出した。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

400件中 31 - 40件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード