543件中 41 - 50件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た櫻井翔

    2010年・第61回 - 2012・第63回の白組司会である嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)は紅白史上初のグループでの組司会である。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たタモリ

    総合司会は基本的にNHKアナウンサーが担当しており、1951年・第1回 - 1973年・第24回、1975年・第26回 - 1982年・第33回、1984年・第35回 - 1987年・第38回、1989年・第40回 - 1992年・第43回、1994年・第45回、1997年・第48回 - 2002年・第53回、2004年・第55回、2009年・第60回 - 2011年・第62回は男性アナウンサー1人体制、1974年・第25回は男性アナウンサーの2人体制、1988年・第39回、1993年・第44回、2003年・第54回、2012年・第63回は女性アナウンサー1人体制、1995年・第46回、1996年・第47回、2006年・第57回 - 2008年・第59回は男女アナウンサー1人ずつの2人体制となっている。NHKアナウンサー以外(芸能人。お笑いタレント・フリーアナウンサー)が務めたケースは過去に2人のみで、1人目は1983年・第34回のタモリ、2人目は2005年・第56回のみのもんた(正式なものではない)である(なお、NHKアナウンサー以外の女性が務めたケースはない)。また、総合司会の名義が「進行役」というのもあり、総合司会が正式であったり・正式ではないのもある。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た桜田淳子

    桜田淳子が自身のヒット曲ではない「セーラー服と機関銃」(オリジナルの歌唱は薬師丸ひろ子)を歌った(1982年・第33回)。また、これ以外にもカバー曲を披露する歌手が多数いる。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た井ノ原快彦

    渡辺プロダクションの全盛期が過ぎ去るのと入れ替わる様に1980年代から芸能界で大きな影響力を持つようになったジャニーズ事務所に所属する歌手の出場は、1994年・第45回 - 2008年・第59回まで、近藤真彦の返り咲き出場を例外とすればSMAP・TOKIOに限定されていた。状況に変化があったのは2009年・第60回で、この両者に加え嵐とNYC boys(NYCの前身。「こども紅白歌合戦」に出場したスノープリンス合唱団も含めると5組)が出場した。翌2010年・第61回でも、白組司会の嵐を含め4組が出場した。とはいえ、この2010年にはメンバーの井ノ原快彦が総合テレビでのレギュラー番組『あさイチ』で司会を務めていることなどから出場を有力視されていたV6が不選出という事例もあった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た松平健松平 健

    2004年にも松平健の「マツケンサンバII」で、松平を示す「マツケン」が規制の対象となった場合の歌詞の扱いについて作詞者・吉峰暁子と協議している旨が一部メディアで報じられたが、実際には規制されなかった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た水谷良重水谷 八重子

    1951年・第1回 - 1957年・第8回まで出場歌手はソロ歌手に限られていた。しかし、1958年・第9回に水谷良重・東郷たまみ・沢たまき、ダークダックスがグループとして初めて選出され、以後グループも多く出場するようになった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た二宮和也

    2010年・第61回 - 2012・第63回の白組司会である嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)は紅白史上初のグループでの組司会である。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た畑中葉子

    例外として、1970年・第21回、1971年・第22回のヒデとロザンナ、1978年・第29回の平尾昌晃・畑中葉子はそれぞれ白組から出場。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た秋元順子秋元 順子

    紅白への出演がアーティストの翌年初頭のCD売り上げに少なからず影響を与える。この現象は俗に「紅白効果」と呼ばれている。紅白出演後に紅白で歌われた曲が初めてオリコンシングルチャートで週間1位を獲得したケースとしては1986年・第37回出場の吉幾三の「雪國」(1987年2月9日付)、2002年・第53回出場の中島みゆきの「地上の星」(2003年1月20日付)、2006年・第57回出場の秋川雅史の「千の風になって」(2007年1月22日付)2008年・第59回出場の秋元順子の「愛のままで…」(2009年1月26日付)、2010年・第61回出場の植村花菜の「トイレの神様」(2011年1月10日付)がある。2003年・第54回に大トリを務めたSMAPの「世界に一つだけの花 (シングル・ヴァージョン)」はそれまでランクが落ちていたが、紅白出演後の翌2004年1月5日にオリコンシングルチャートで週間1位に返り咲いた。また紅白歌唱を機に注目され大ヒット・再ヒットした楽曲を翌年の紅白で連続して歌唱するというケースも見られる(その際、再度の「紅白効果」が生まれたというケースもある)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たおニャン子クラブ

    1975年・第26回のずうとるび(日本テレビ系列『笑点』出身)以後、民放番組からデビューした企画ユニット・ソロ歌手(番組内のキャラクター)あるいは民放色の強い歌手も出場しており、特に1990年代後半以降は多くの民放番組出身歌手が出場するようになった。その場合、該当番組内でそれらの人物が「紅白を狙う」と公言したり、出場が決まった際には紅白本番中やその舞台裏の模様を後日番組内で「紅白ドキュメント」などと銘打って放映したりすることがある。また、これらの歌唱時には番組共演者が応援ゲストとして登場することもある。番組側は話題となっている民放番組出身ユニット・歌手に出場してもらうことで視聴率獲得への期待をしている面があり、民放局側も自局番組出身のユニット・歌手を紅白に出場させることに協力的な姿勢であるという。一方、1976年・第27回において、同年のフジテレビ系列『ひらけ!ポンキッキ』のオリジナルナンバーとして使用され、オリコン年間シングルチャート1位のヒット曲となった「およげ!たいやきくん」を持つ子門真人が、1985年・第36回、1986年・第37回では当時社会現象を巻き起こしていたフジテレビ系列『夕やけニャンニャン』出身のおニャン子クラブが出場しなかった。おニャン子クラブに関しては、当時フジテレビ系列で紅白と同じく大晦日に生放送していた『世界紅白歌合戦』には出演していた(1985年・1986年双方)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

543件中 41 - 50件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード