400件中 41 - 50件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たTOKIO

    そのため、大ヒット曲を出しながら事務所枠の関係で出場機会に恵まれない例もある。1980年代から芸能界で大きな影響力を持つようになったジャニーズ事務所に所属する歌手の出場は、第48回(1997年)以降長らく、SMAP・TOKIOの2組に限定されていた。その後、第60回(2009年)に嵐とNYC boysも出演して以降、ジャニーズ事務所の枠は増えている。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た藤山一郎

    藤山一郎は、逝去する前年の第43回(1992年)まで合唱の指揮者を務めた(第22回(1971年)は岩城宏之が務めたが、総合指揮者として藤山も出演)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た川内康範

    第57回(2006年) - 川内康範作詞の「おふくろさん」を歌唱した森進一が川内に無断でセリフを入れた同曲を披露。これに川内が激怒し騒動となった(「おふくろさん騒動」を参照)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たダークダックス

    第8回(1957年)まで出場歌手はソロ歌手に限られていた。しかし、第9回(1958年)に水谷良重・東郷たまみ・沢たまき、ダークダックスがグループとして初めて選出され、以後グループも多く出場するようになった。第13回(1962年)までグループは必ずグループと対戦する格好となっていた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た中島みゆき

    紅白出演がアーティストの翌年初頭のCD売り上げに少なからず影響を与える。この現象は俗に「紅白効果」と呼ばれている。紅白出演後に紅白で歌われた曲がオリコンシングルチャートで週間1位を獲得したケースとしては都はるみの「北の宿から」、吉幾三の「雪國」、中島みゆきの「地上の星」、SMAPの「世界に一つだけの花 (シングル・ヴァージョン)」(返り咲き)、秋川雅史の「千の風になって」、秋元順子の「愛のままで…」、植村花菜の「トイレの神様」がある。また紅白歌唱を機に注目され大ヒット・再ヒットした楽曲を翌年の紅白で連続して歌唱するというケースも見られる(その際、再度の「紅白効果」が生まれたというケースもある)。「紅白効果」はヒット曲のみならず、歌い継がれる「名曲」をも生み出すとの向きもある。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た坂本九

    黎明期(第7回頃)までは戦前・戦中派の歌手も常連として名を連ねていたが、第8回(1957年)を以って戦前からの第一人者的存在である藤山一郎が後進に道を譲る形で歌手としての出場を辞退。以後、回を重ねる毎に戦前派の歌手の名は消えてゆく。入れ替わるように、第10回(1959年)では新世代デュオ歌手のザ・ピーナッツが(姉妹または兄弟での出場はこれが初めて)、翌第11回(1960年)では御三家の筆頭として1960年代の歌謡界を牽引するスター歌手となる橋幸夫や、ロカビリーブームの第一人者である平尾昌章(現:平尾昌晃)が、第12回(1961年)では当時NHKで放送中であった『夢であいましょう』内「今月の歌」コーナーから誕生した「上を向いて歩こう」のヒットにより坂本九がそれぞれ初出場するなど、出場者の顔ぶれにも「世代交代」の色が年々強く反映されるようになってゆく。そして第13回(1962年)では前年まで連続出場していた淡谷のり子、林伊佐緒、伊藤久男が落選、完全に戦後派の歌手のみの顔ぶれとなった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た羽鳥慎一

    羽鳥慎一(当時日本テレビ所属) - 第60回(2009年)、FUNKY MONKEY BABYSの応援。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た原由子

    両組の割り振りは、メインボーカルの性別を原則とする。そのため、和田アキ子、原由子などは出場形態の違いにより両組からの出場経験がある。番組初期においては厳密に紅組=女性、白組=男性と分けられており、男女混成グループは本来の形態での出場が不可能であった。そのため片方の性のメンバーのみでボーカルとコーラスをまとめるなどのアレンジを強いられていた。男女混成グループが初めて出場したのは、第19回(1968年)のピンキーとキラーズであり、この時もどのような扱いにするのかでもめたという。結局メインボーカルがピンキーであったため紅組となったが、初出場時のみ男性メンバーは歌手席に座れなかった。その他の主な割り振りの例は以下。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た昭和天皇

    第40回(1989年)から紅白は2部構成になった。同年昭和天皇が崩御し、「昭和を振り返る」という意味もあったが視聴者の音楽の好みが多様化し、多くの曲を揃えなければ需要に応えられないという視聴率対策の意味合いがあった。この試みは功を奏し、視聴率低落傾向に一応の歯止めがかかった。以後、1990年代は視聴率は50%前後で推移するようになる。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たDJ OZMA

    第57回(2006年) - DJ OZMA(氣志團の綾小路翔)が全身肌色のボディスーツを着て股間の部分にキノコの模型をつけた姿で舞台に登場。女性バックダンサーも同様の格好で全裸に見えたため、「公共放送で、しかもゴールデンタイムであることの配慮がない」としてNHKに苦情が殺到した。総合司会の三宅民夫が番組中に「全裸ではない」と説明した。その後、放送倫理・番組向上機構(BPO)から回答要請を受けた。この影響によりDJ OZMAは活動を一時休止を余儀なくされ、その後も活動に大きな制約が掛かるなど尾を引き続け、これが最終的には2008年の「引退」宣言にまで繋がっていく。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

400件中 41 - 50件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード