543件中 51 - 60件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た山本耕史山本 耕史

    ※2005年・第56回は正式には司会の区別はなく、みのもんた、山根基世、仲間由紀恵、山本耕史の4人で「グループ司会」という体裁を取っていたが、事実上は紅組司会が仲間、白組司会が山本、総合司会がみのと山根という体裁だった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た雪村いづみ雪村 いづみ

    1956年・第7回 雪村いづみ - 理由:本番当日の急病(胃痙攣)のため。代役は立てられなかったが、雪村の親友である江利チエミが急遽、出場者の印の赤い花を2つ胸に付けて雪村の分と合わせ2曲を歌唱した。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た薬師丸ひろ子

    桜田淳子が自身のヒット曲ではない「セーラー服と機関銃」(オリジナルの歌唱は薬師丸ひろ子)を歌った(1982年・第33回)。また、これ以外にもカバー曲を披露する歌手が多数いる。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たモーニング娘。モーニング娘。

    紅白を辞退するポップス歌手も見られる一方、モーニング娘。などハロー!プロジェクトのメンバー、浜崎あゆみ、大塚愛、倖田來未らエイベックス勢、嵐などジャニーズ事務所所属のアーティスト、aiko、中島美嘉、絢香、コブクロ、AKB48など紅白出場に積極的な歌手や芸能事務所も少なからず存在している。演歌歌手は紅白に出るか出ないかで翌年の営業(コンサートなど)が大きく変わることから、「紅白に出たい」という人はなお多い。さらに中島みゆき、松任谷由実、Mr.Childrenなどの大物歌手が初出場するなど、大晦日の一大イベントとしての紅白の意味はなお失われていない。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た仲間由紀恵

    ※2005年・第56回は正式には司会の区別はなく、みのもんた、山根基世、仲間由紀恵、山本耕史の4人で「グループ司会」という体裁を取っていたが、事実上は紅組司会が仲間、白組司会が山本、総合司会がみのと山根という体裁だった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た小澤征悦

    2002年・第53回では、「サポーター代表」というポジションが設けられ、この年上半期の連続テレビ小説『さくら』の出演者であった高野志穂(紅組サポーター)・小澤征悦(白組サポーター)が務めた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たみのもんた

    総合司会は基本的にNHKアナウンサーが担当しており、1951年・第1回 - 1973年・第24回、1975年・第26回 - 1982年・第33回、1984年・第35回 - 1987年・第38回、1989年・第40回 - 1992年・第43回、1994年・第45回、1997年・第48回 - 2002年・第53回、2004年・第55回、2009年・第60回 - 2011年・第62回は男性アナウンサー1人体制、1974年・第25回は男性アナウンサーの2人体制、1988年・第39回、1993年・第44回、2003年・第54回、2012年・第63回は女性アナウンサー1人体制、1995年・第46回、1996年・第47回、2006年・第57回 - 2008年・第59回は男女アナウンサー1人ずつの2人体制となっている。NHKアナウンサー以外(芸能人。お笑いタレント・フリーアナウンサー)が務めたケースは過去に2人のみで、1人目は1983年・第34回のタモリ、2人目は2005年・第56回のみのもんた(正式なものではない)である(なお、NHKアナウンサー以外の女性が務めたケースはない)。また、総合司会の名義が「進行役」というのもあり、総合司会が正式であったり・正式ではないのもある。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た松たか子

    出場歌手が組司会を兼任することもあり、その際は基本的に出場歌手・組司会どちらも同じ組から行うが、例外として2007年・第58回の中居正広は出場歌手はSMAPとして白組で、組司会は紅組で行った。1968年・第19回(紅組は水前寺清子、白組は坂本九。出場歌手での出番でも両者の直接対決となった)、1969年・第20回、1986年・第37回 - 1988年・第39回、1997年・第48回は出場歌手同士の両軍司会となった。美空ひばり(1970年・第21回、大トリも。組司会と大トリを兼任したのは紅白史上唯一)、森昌子(1985年・第36回)、和田アキ子(1987年・第38回)は紅組司会を兼任した回で紅組トリを務めた(男性歌手が組司会を兼任してトリを務めたケースはない)。なお、出場歌手が組司会を兼任する場合、その人物の歌手としての出番の曲紹介は基本的に相手組司会・総合司会・出場歌手・応援団・応援ゲストが代理で担当するが、本人が自ら紹介することもある。また、本業が歌手の人物が出場歌手には落選した上で司会を務めたケース(紅組司会をそれぞれ務めたペギー葉山(1966年・第17回)、九重佑三子(1967年・第18回))、司会を務めた翌年に歌手として初出場を果たしたケース(紅組歌手の松たか子(1997年・第48回))、同じ回に歌手初出場と初司会を双方果たしたケース(紅組歌手と紅組司会を兼任した斉藤由貴(1986年・第37回))もある。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た伊東ゆかり

    1963年・第14回で中尾ミエ・伊東ゆかり・園まりがスパーク3人娘として「キューティパイ・メドレー」が披露し、初めてメドレーの歌唱が行われた。以後メドレー歌唱がしばしば行われている。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た松本潤

    2010年・第61回 - 2012・第63回の白組司会である嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)は紅白史上初のグループでの組司会である。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

543件中 51 - 60件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード