400件中 51 - 60件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た細川たかし

    紅組トリは第1回以降、第27回(1976年)まで第4回を除き一貫してコロムビア所属の歌手が務めていた。この慣例により村田英雄などのコロムビア所属の男性歌手は白組トリを務めることができなかった。紅白史上初めてコロムビア所属の歌手が白組トリを務めるのは第34回(1983年)の細川たかしまで待つことになる。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た松浦亜弥

    第55回(2004年) 後浦なつみ - 理由:安倍なつみの詩の盗作発覚により辞退。残りの2人(後藤真希と松浦亜弥)でユニット名も改めて(後藤真希&松浦亜弥として。記録上はそれぞれをソロ歌手扱いとした)出場。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た吉幾三

    紅白出演がアーティストの翌年初頭のCD売り上げに少なからず影響を与える。この現象は俗に「紅白効果」と呼ばれている。紅白出演後に紅白で歌われた曲がオリコンシングルチャートで週間1位を獲得したケースとしては都はるみの「北の宿から」、吉幾三の「雪國」、中島みゆきの「地上の星」、SMAPの「世界に一つだけの花 (シングル・ヴァージョン)」(返り咲き)、秋川雅史の「千の風になって」、秋元順子の「愛のままで…」、植村花菜の「トイレの神様」がある。また紅白歌唱を機に注目され大ヒット・再ヒットした楽曲を翌年の紅白で連続して歌唱するというケースも見られる(その際、再度の「紅白効果」が生まれたというケースもある)。「紅白効果」はヒット曲のみならず、歌い継がれる「名曲」をも生み出すとの向きもある。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たFUNKY MONKEY BABYS

    羽鳥慎一(当時日本テレビ所属) - 第60回(2009年)、FUNKY MONKEY BABYSの応援。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た前川清

    第22回(1971年) 内山田洋とクール・ファイブ - 理由:ボーカルの前川清の急病。代役はフォーリーブス。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たヒデとロザンナ

    男女のデュエットは基本的に紅組。例外として、ヒデとロザンナおよび平尾昌晃・畑中葉子はそれぞれ白組から出場。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た小田和正

    出場歌手発表時、「誰が出場したか」と同様に、「誰が出場しなかったか」にも注目が集まる。特に1980年代からはミュージシャン系の歌手を中心に「辞退をすることがステータス」、「出たら負け」という風潮が高まり、出場の打診を歌手サイドの意思で断る事例が増えた。これらのアーティストは「出場辞退組」と呼ばれるようになる。辞退する理由は様々で、知名度が出てきた頃に数度だけ出場する例(THE ALFEE、サザンオールスターズなど)、NHKとの不和が原因で出場しない例(アリスなど)、紅白のコンセプトに賛同しない例(小田和正、Mr.Childrenなど)等々である。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た中村中

    トランスジェンダーの歌手では、第58回(2007年)、中村中(戸籍上は男性)が紅組で出場した例がある。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た青い三角定規

    女性メインボーカルのグループでも、はしだのりひことクライマックスおよび青い三角定規は他の出場歌手との兼ね合いからそれぞれ白組から出場。Paboは全員女性だが同系列の羞恥心とセットで白組から出場。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た後藤真希

    第55回(2004年) 後浦なつみ - 理由:安倍なつみの詩の盗作発覚により辞退。残りの2人(後藤真希と松浦亜弥)でユニット名も改めて(後藤真希&松浦亜弥として。記録上はそれぞれをソロ歌手扱いとした)出場。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

400件中 51 - 60件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード