543件中 61 - 70件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た相葉雅紀

    2010年・第61回 - 2012・第63回の白組司会である嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)は紅白史上初のグループでの組司会である。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た本木雅弘

    1992年・第43回 - 本木雅弘が首に白い液体を入れたコンドームの形をした袋をいくつも巻き付けて登場した。さらに、演奏途中では尻を露出した。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たAKB48

    紅白を辞退するポップス歌手も見られる一方、モーニング娘。などハロー!プロジェクトのメンバー、浜崎あゆみ、大塚愛、倖田來未らエイベックス勢、嵐などジャニーズ事務所所属のアーティスト、aiko、中島美嘉、絢香、コブクロ、AKB48など紅白出場に積極的な歌手や芸能事務所も少なからず存在している。演歌歌手は紅白に出るか出ないかで翌年の営業(コンサートなど)が大きく変わることから、「紅白に出たい」という人はなお多い。さらに中島みゆき、松任谷由実、Mr.Childrenなどの大物歌手が初出場するなど、大晦日の一大イベントとしての紅白の意味はなお失われていない。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た近藤真彦

    渡辺プロダクションの全盛期が過ぎ去るのと入れ替わる様に1980年代から芸能界で大きな影響力を持つようになったジャニーズ事務所に所属する歌手の出場は、1994年・第45回 - 2008年・第59回まで、近藤真彦の返り咲き出場を例外とすればSMAP・TOKIOに限定されていた。状況に変化があったのは2009年・第60回で、この両者に加え嵐とNYC boys(NYCの前身。「こども紅白歌合戦」に出場したスノープリンス合唱団も含めると5組)が出場した。翌2010年・第61回でも、白組司会の嵐を含め4組が出場した。とはいえ、この2010年にはメンバーの井ノ原快彦が総合テレビでのレギュラー番組『あさイチ』で司会を務めていることなどから出場を有力視されていたV6が不選出という事例もあった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たTOKIO

    渡辺プロダクションの全盛期が過ぎ去るのと入れ替わる様に1980年代から芸能界で大きな影響力を持つようになったジャニーズ事務所に所属する歌手の出場は、1994年・第45回 - 2008年・第59回まで、近藤真彦の返り咲き出場を例外とすればSMAP・TOKIOに限定されていた。状況に変化があったのは2009年・第60回で、この両者に加え嵐とNYC boys(NYCの前身。「こども紅白歌合戦」に出場したスノープリンス合唱団も含めると5組)が出場した。翌2010年・第61回でも、白組司会の嵐を含め4組が出場した。とはいえ、この2010年にはメンバーの井ノ原快彦が総合テレビでのレギュラー番組『あさイチ』で司会を務めていることなどから出場を有力視されていたV6が不選出という事例もあった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た西田敏行西田 敏行

    国内で未曾有の大震災が発生した年の回では被災地出身者が選出されることがある。2012年・第62回では同年に起こった東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の被災地出身者である千昌夫(岩手県陸前高田市出身)、西田敏行(福島県郡山市出身)が選出された。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た中山美穂中山 美穂

    また、ベテランの域に達すると、「紅白常連組」として知られていた者の中にもいわゆる「紅白卒業」を表明し、以後は基本的に選考・出場を辞退(不出場)するようになる者が見られる(島倉千代子、三波春夫、都はるみ、布施明など)。なお、この際に歌手側から述べられる理由は、「引き際を大切にしたい」「後進に道を譲る」「自らの楽曲やジャンルに対する番組側の軽視への不満(同じ過去のヒット曲ばかり歌わされる、同じジャンルの有望な若手・中堅に出場機会が与えられない、など)」「毎年繰り返される落選への恐怖に耐えられない」など様々である。この他、連続出場していた歌手が、落選を機に「出演の意思が無い」という姿勢を取った事例や、連続出場が途絶えた回を境に「紅白卒業」を明言した者もいる(中山美穂など)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た川内康範

    同じく2006年・第57回 - 川内康範作詞の「おふくろさん」を歌唱した森進一が川内に無断で台詞を入れた同曲を披露(1994年・第45回、2005年・第56回でも森は台詞付の同曲を披露している)。これに川内が激怒し騒動となった(「おふくろさん騒動」を参照)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た子門真人

    1975年・第26回のずうとるび(日本テレビ系列『笑点』出身)以後、民放番組からデビューした企画ユニット・ソロ歌手(番組内のキャラクター)あるいは民放色の強い歌手も出場しており、特に1990年代後半以降は多くの民放番組出身歌手が出場するようになった。その場合、該当番組内でそれらの人物が「紅白を狙う」と公言したり、出場が決まった際には紅白本番中やその舞台裏の模様を後日番組内で「紅白ドキュメント」などと銘打って放映したりすることがある。また、これらの歌唱時には番組共演者が応援ゲストとして登場することもある。番組側は話題となっている民放番組出身ユニット・歌手に出場してもらうことで視聴率獲得への期待をしている面があり、民放局側も自局番組出身のユニット・歌手を紅白に出場させることに協力的な姿勢であるという。一方、1976年・第27回において、同年のフジテレビ系列『ひらけ!ポンキッキ』のオリジナルナンバーとして使用され、オリコン年間シングルチャート1位のヒット曲となった「およげ!たいやきくん」を持つ子門真人が、1985年・第36回、1986年・第37回では当時社会現象を巻き起こしていたフジテレビ系列『夕やけニャンニャン』出身のおニャン子クラブが出場しなかった。おニャン子クラブに関しては、当時フジテレビ系列で紅白と同じく大晦日に生放送していた『世界紅白歌合戦』には出演していた(1985年・1986年双方)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たダークダックスダークダックス

    1951年・第1回 - 1957年・第8回まで出場歌手はソロ歌手に限られていた。しかし、1958年・第9回に水谷良重・東郷たまみ・沢たまき、ダークダックスがグループとして初めて選出され、以後グループも多く出場するようになった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

543件中 61 - 70件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード