543件中 71 - 80件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たTRFTRF

    1990年代には小室哲哉の作詞作曲した楽曲が市場を制覇したが、その影響は紅白にも現れた。例えば、1996年・第47回の出場歌手のうちTRF、安室奈美恵、華原朋美、globeらが「小室系」の歌手であった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たザ・タイガース

    1960年代のグループサウンズ全盛時代、長髪のグループは“不良”という意見が根強く加えて当時のNHK会長の意向もあって一切出場できなかった。1967年・第18回のザ・タイガースはその例である。出演できたのは短髪のジャッキー吉川とブルーコメッツのみであった。時が経ち、演歌歌手やアイドルタレントが長髪にするケースも出たため当然ながら長髪は解禁になった。1989年・第40回にはザ・タイガースが再結成されて出場、1999年・第50回にはザ・スパイダースの元メンバー3人によって結成されたソン・フィルトルが出場した。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た羽鳥慎一

    2008年・第59回にはフジテレビアナウンサーの中村仁美(羞恥心 With Pabo)、2009年・第60回には当時日本テレビアナウンサーの羽鳥慎一(FUNKY MONKEY BABYS)と民放の現役アナウンサーがそれぞれ出場歌手との縁でゲスト出演した。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た原由子

    ソロ歌手としての出場する場合は性別による(白組のサザンオールスターズのメンバーの原由子1など)NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た松任谷由実

    紅白を辞退するポップス歌手も見られる一方、モーニング娘。などハロー!プロジェクトのメンバー、浜崎あゆみ、大塚愛、倖田來未らエイベックス勢、嵐などジャニーズ事務所所属のアーティスト、aiko、中島美嘉、絢香、コブクロ、AKB48など紅白出場に積極的な歌手や芸能事務所も少なからず存在している。演歌歌手は紅白に出るか出ないかで翌年の営業(コンサートなど)が大きく変わることから、「紅白に出たい」という人はなお多い。さらに中島みゆき、松任谷由実、Mr.Childrenなどの大物歌手が初出場するなど、大晦日の一大イベントとしての紅白の意味はなお失われていない。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た昭和天皇

    1989年・第40回から紅白は2部構成になった。この年昭和天皇が崩御し、「昭和を振り返る」という意味もあったが視聴者の音楽の好みが多様化し、多くの曲を揃えなければ需要に応えられないという視聴率対策の意味合いがあった。この試みは功を奏し、視聴率低落傾向に一応の歯止めがかかった。以後、1990年代は視聴率は50%前後で推移するようになる。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たAqua Timez

    サザンオールスターズやAqua Timezなどなら白組NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た中村美律子中村 美律子

    2000年代後半以降、演歌・歌謡歌手は新曲の歌唱を敬遠されがち(正確には1990年代頃からその傾向が徐々に増えていた。この間2001年・第52回、2004年・第55回は比較的多くの演歌歌手がポップス歌手同様、新曲の歌唱が多かったが、これ以外は新曲を歌唱する演歌歌手が少数派となっている)で、過去のヒット曲が選曲される傾向にあり、且つ同じ曲が何度も歌われることも多い。例えば、石川さゆりは1986年の楽曲「天城越え」を、中村美律子は1989年の楽曲「河内おとこ節」を現在まで共に8回歌っている。同じ曲が何度も歌唱されることに関しては、週刊誌等のメディアに「何故、毎年同じ歌?」のような批判記事が出ることがある。ただし、小林幸子、五木ひろし、氷川きよしは一部の回を除き毎回行われた年に発売されたシングルの新曲を歌っている。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た細川たかし細川 たかし

    2000年以降の先行トップバッターでは2000年・第51回の藤井隆と2005年・第56回の細川たかしを除き紅組歌手が務めており、特に2008年・第59回から浜崎あゆみが4年連続で務めている。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た松浦亜弥松浦 亜弥

    2004年・第55回 後浦なつみ - 理由:安倍なつみの詩の盗作発覚により辞退。残りの2人(後藤真希と松浦亜弥)でユニット名も改めて(後藤真希&松浦亜弥として)出場。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

543件中 71 - 80件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード