543件中 81 - 90件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た夏川りみ夏川 りみ

    1992年・第43回の堀内孝雄と桂銀淑(ケー・ウンスク)のデュエットや2003年・第54回の女子十二楽坊と錦織健、森山良子・夏川りみ・BEGINのコラボレートなど。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た吉幾三

    紅白への出演がアーティストの翌年初頭のCD売り上げに少なからず影響を与える。この現象は俗に「紅白効果」と呼ばれている。紅白出演後に紅白で歌われた曲が初めてオリコンシングルチャートで週間1位を獲得したケースとしては1986年・第37回出場の吉幾三の「雪國」(1987年2月9日付)、2002年・第53回出場の中島みゆきの「地上の星」(2003年1月20日付)、2006年・第57回出場の秋川雅史の「千の風になって」(2007年1月22日付)2008年・第59回出場の秋元順子の「愛のままで…」(2009年1月26日付)、2010年・第61回出場の植村花菜の「トイレの神様」(2011年1月10日付)がある。2003年・第54回に大トリを務めたSMAPの「世界に一つだけの花 (シングル・ヴァージョン)」はそれまでランクが落ちていたが、紅白出演後の翌2004年1月5日にオリコンシングルチャートで週間1位に返り咲いた。また紅白歌唱を機に注目され大ヒット・再ヒットした楽曲を翌年の紅白で連続して歌唱するというケースも見られる(その際、再度の「紅白効果」が生まれたというケースもある)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たチェッカーズ

    かつてトリ歌手は「ソロ歌手でなくてはいけない」とのルールがあったが、2003年・第54回にSMAPが白組トリおよび大トリに起用されたことでこの慣例はなくなった。1992年・第43回では、紅組トリに由紀さおり・安田祥子、白組トリおよび大トリに同回で解散のステージとなっていたチェッカーズと紅・白ともにグループを起用する構想が挙がっていたが、このルールがあったために双方ともに見送りとなった経緯がある(紅組トリに関しては、由紀が単独出場してトリで歌唱し、安田が舞台裏でコーラスをするという形となった)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たFUNKY MONKEY BABYS

    2008年・第59回にはフジテレビアナウンサーの中村仁美(羞恥心 With Pabo)、2009年・第60回には当時日本テレビアナウンサーの羽鳥慎一(FUNKY MONKEY BABYS)と民放の現役アナウンサーがそれぞれ出場歌手との縁でゲスト出演した。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たコブクロコブクロ

    紅白を辞退するポップス歌手も見られる一方、モーニング娘。などハロー!プロジェクトのメンバー、浜崎あゆみ、大塚愛、倖田來未らエイベックス勢、嵐などジャニーズ事務所所属のアーティスト、aiko、中島美嘉、絢香、コブクロ、AKB48など紅白出場に積極的な歌手や芸能事務所も少なからず存在している。演歌歌手は紅白に出るか出ないかで翌年の営業(コンサートなど)が大きく変わることから、「紅白に出たい」という人はなお多い。さらに中島みゆき、松任谷由実、Mr.Childrenなどの大物歌手が初出場するなど、大晦日の一大イベントとしての紅白の意味はなお失われていない。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た山本譲二山本 譲二

    特にいわゆる“黒い交際”の発覚、すなわち暴力団・ヤクザなどの反社会的勢力が絡むスキャンダルが表面化することは、紅白出場を目指す人物にとっては大きなタブーで、選考にも決定的な悪影響を及ぼす。それは大物歌手・ベテラン歌手であっても例外ではなく、過去には長年紅組トリを独占していた美空ひばりが、1973年、暴力団構成員であった弟のかとう哲也の逮捕をきっかけに、三代目山口組・田岡一雄との関係を問題視される形で事実上の落選となり、以後は「自発的に出場辞退」という形を取り続けたが、実際には紅白を事実上追われて、正式な出場歌手としてはついに復帰できなかったことは有名である。2008年にも同様に暴力団組長が主催したゴルフコンペに複数のベテラン歌手が参加したことが発覚、この歌手らについてNHKは「当面は番組出演見合せ」という措置を取り、彼らの所属する事務所は「辞退という形を取った」と主張したものの、この年の第59回ではやはり事実上の落選という形になった。また、1986年・第37回では、北島三郎・山本譲二が1月に暴力団主催の宴席に出席していたことがメディア報道で暴露され、本番の差し迫った12月29日に出場辞退を余儀なくされ、代役として角川博と鳥羽一郎を選出したものの、今度は鳥羽が自身も暴力団と過去に関わりがあったことを自ら暴露し、この一件に対するNHKの偽善の姿勢を批判して辞退、最終的には30日午後というギリギリの段階で、31日夜のスケジュールが偶々空いていたシブがき隊を確保して代替出場させ、どうにか取り繕ったという事例も発生している。「黒い関係」については、暴力団関係者のものであることが意図的に伏せられた宴席に芸能人が招待・招聘され出席し、メディア報道による暴露で当事者や所属事務所が初めてその事実を把握したようなケースでも、その年の紅白出場に向けては致命的なマイナスとなる。その他、2011年には、暴力団の影響力排除を目的とした各都道府県の暴力団排除条例の施行の進捗や、8月に島田紳助が暴力団との交際の発覚を理由に芸能界を引退し大きな話題になったことなどもあり、NHKも暴力団排除指針を公表しており、同年の第62回の選考を巡って、黒い交際の情報がある人物は排除しなければならず、NHKが出場候補者の人選に通常より神経を使い、報道局など組織内の多くのリソースも投入していると各メディアで報じられた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た前川清前川 清

    1971年・第22回 内山田洋とクール・ファイブ - 理由:ボーカルの前川清の急病。代役はフォーリーブス。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たヒデとロザンナ

    例外として、1970年・第21回、1971年・第22回のヒデとロザンナ、1978年・第29回の平尾昌晃・畑中葉子はそれぞれ白組から出場。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た森昌子森 昌子

    出場歌手が組司会を兼任することもあり、その際は基本的に出場歌手・組司会どちらも同じ組から行うが、例外として2007年・第58回の中居正広は出場歌手はSMAPとして白組で、組司会は紅組で行った。1968年・第19回(紅組は水前寺清子、白組は坂本九。出場歌手での出番でも両者の直接対決となった)、1969年・第20回、1986年・第37回 - 1988年・第39回、1997年・第48回は出場歌手同士の両軍司会となった。美空ひばり(1970年・第21回、大トリも。組司会と大トリを兼任したのは紅白史上唯一)、森昌子(1985年・第36回)、和田アキ子(1987年・第38回)は紅組司会を兼任した回で紅組トリを務めた(男性歌手が組司会を兼任してトリを務めたケースはない)。なお、出場歌手が組司会を兼任する場合、その人物の歌手としての出番の曲紹介は基本的に相手組司会・総合司会・出場歌手・応援団・応援ゲストが代理で担当するが、本人が自ら紹介することもある。また、本業が歌手の人物が出場歌手には落選した上で司会を務めたケース(紅組司会をそれぞれ務めたペギー葉山(1966年・第17回)、九重佑三子(1967年・第18回))、司会を務めた翌年に歌手として初出場を果たしたケース(紅組歌手の松たか子(1997年・第48回))、同じ回に歌手初出場と初司会を双方果たしたケース(紅組歌手と紅組司会を兼任した斉藤由貴(1986年・第37回))もある。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た大塚愛大塚 愛

    紅白を辞退するポップス歌手も見られる一方、モーニング娘。などハロー!プロジェクトのメンバー、浜崎あゆみ、大塚愛、倖田來未らエイベックス勢、嵐などジャニーズ事務所所属のアーティスト、aiko、中島美嘉、絢香、コブクロ、AKB48など紅白出場に積極的な歌手や芸能事務所も少なからず存在している。演歌歌手は紅白に出るか出ないかで翌年の営業(コンサートなど)が大きく変わることから、「紅白に出たい」という人はなお多い。さらに中島みゆき、松任谷由実、Mr.Childrenなどの大物歌手が初出場するなど、大晦日の一大イベントとしての紅白の意味はなお失われていない。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

543件中 81 - 90件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード