400件中 81 - 90件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た田端義夫

    正月開催時代、ステージ上方には「謹賀新年」のプレートが飾られていた。また正月開催時代では、岡晴夫、田端義夫、小畑実といった当時の人気歌手は正月公演のため、出場しなかった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た島田紳助

    特に日本の芸能界は"黒い交際"、すなわち暴力団・ヤクザなどの反社会的勢力が興行師として采配していることが多く、これが表面化すると選考にも決定的な悪影響を及ぼす。それは大物歌手・ベテラン歌手であっても例外ではなく、過去には長年紅組トリを独占していた美空ひばりが、1973年、暴力団構成員であった弟・かとう哲也の逮捕をきっかけに、三代目山口組・田岡一雄との関係が問題視された。ひばりへのアンケートの指示が低下し、「ご意見を伺う会」からの批判が相次いだことを理由に落選となり、以後は本人のサイドから距離をとり、正式な出場歌手としては遂に復帰しなかった。また、第37回(1986年)では、北島三郎・山本譲二が暴力団主催の宴席に出席していたことがメディア報道され、本番の差し迫った12月29日に出場辞退を余儀なくされた。代役として角川博と鳥羽一郎が選出されたものの、今度は鳥羽が自身も暴力団と過去に関わりがあったことを自ら暴露し、この一件に対するNHKの偽善の姿勢を批判して辞退した(代役はシブがき隊)。2011年には、暴力団の影響力排除を目的とした各都道府県の暴力団排除条例が施行され、人気司会者であった島田紳助が暴力団との交際発覚を理由に芸能界を引退し大きな話題になったことなどもあり、NHKも暴力団排除指針を公表。同年の第62回の選考を巡って、黒い交際の情報がある人物は排除しなければならず、NHKが出場候補者の人選に通常より神経を使い、報道局など組織内の多くのリソースも投入していると各メディアで報じられた。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た松田聖子

    トリは番組初期は演歌が流行していたこともあり、長らく演歌歌手が独占していた。初めて両組ともにポップス歌手から起用されたのは、演歌が記録的に不作であった第29回(1978年)の山口百恵と沢田研二である(山口百恵は当時19歳であり史上最年少)。その後演歌の人気が低下してもこの傾向は変わらず、また演歌歌手も出演歌手中「大御所」の位置にあったため、トリを飾るには違和感がなかったこともある。ポップス歌手のトリが増えたのは、演歌歌手の出場が減った2000年代後半からである。ポップス歌手においても、DREAMS COME TRUE、高橋真梨子、松田聖子など、ベテラン歌手の起用が多い。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た堺正章

    和田アキ子、堺正章はTBS系列『日本レコード大賞』(2006年以降は12月30日開催のため直接の競合はしていない)が生裏番組だった時代に、そちらの司会を兼任しながら紅白に出場した回がある(前者は1990年、後者は1999年)。他にも生裏番組や前後時間帯の生番組と掛け持ちしながら紅白に出演する者が存在している。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た由紀さおり

    トリ歌手は「ソロ歌手でなくてはいけない」という慣例が存在したとされる。第43回(1992年)にトリをとった由紀さおりは、例年安田祥子とのデュエットでの出場が定番だったが、この年のみソロで出場している(安田はコーラスに回る)。グループでのトリは、第54回(2003年)のSMAPが最初である。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た中村仁美

    中村仁美(当時フジテレビ所属) - 第59回(2008年)、羞恥心 With Paboの応援。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た氣志團

    第57回(2006年) - DJ OZMA(氣志團の綾小路翔)が全身肌色のボディスーツを着て股間の部分にキノコの模型をつけた姿で舞台に登場。女性バックダンサーも同様の格好で全裸に見えたため、「公共放送で、しかもゴールデンタイムであることの配慮がない」としてNHKに苦情が殺到した。総合司会の三宅民夫が番組中に「全裸ではない」と説明した。その後、放送倫理・番組向上機構(BPO)から回答要請を受けた。この影響によりDJ OZMAは活動を一時休止を余儀なくされ、その後も活動に大きな制約が掛かるなど尾を引き続け、これが最終的には2008年の「引退」宣言にまで繋がっていく。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たさだまさし

    さだまさし「精霊流し スペシャルマキシシングル」(2003年2月19日) - 1曲収録。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た布施明

    選曲権は基本的に歌手側には与えられない。このことが歌手から反発を買うことがあり、第42回(1991年)では披露曲を巡って番組側と対立したHOUND DOGが出場を辞退した。布施明は番組勇退の理由の1つに「(自身の)歌唱曲が固定している」ことを挙げている。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た小室哲哉

    1990年代には小室哲哉の作詞作曲した楽曲が市場を制覇したが、その影響は紅白にも表れ、多数の歌手が出場した。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

400件中 81 - 90件表示

「NHK紅白歌合戦」のニューストピックワード