前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
13973件中 1 - 10件表示
  • レ・フレール

    レ・フレールから見た日本放送協会日本放送協会

    2007年2月19日 「プレミアム10」 (NHK)レ・フレール フレッシュアイペディアより)

  • マナカナ

    マナカナから見た日本放送協会日本放送協会

    大阪市平野区出身。共に関西学院大学社会学部社会学科卒業。所属事務所はキューブ、所属レコード会社はユニバーサルミュージック。NHK連続テレビ小説『ふたりっ子』で子役でデビューし注目を浴びると、双子の女優・タレントとしてテレビドラマやバラエティ番組、舞台、CM等に出演。NHKドラマ愛の詩『双子探偵』でテレビドラマ初主演、NHK連続テレビ小説『だんだん』でヒロインを務めた。また、双子デュオ「茉奈 佳奈」としてシングル「二月のわた雪」でメジャーデビュー。代表曲は「いのちの歌」。マナカナ フレッシュアイペディアより)

  • 奥村貢

    奥村貢から見た日本放送協会日本放送協会

    大阪NHK新人オーディションの審査員を20年間務めていた。ドラマの音楽を最も多く登板している。奥村貢 フレッシュアイペディアより)

  • タモリ

    タモリから見た日本放送協会日本放送協会

    『ばらえてい テレビファソラシド』(NHK)では、人気を得ていたとはいえ毒のあるキャラクターから、制約の多いNHKには不向きと思われていたが、タモリのインテリジェンスが番組の性格と一致するということ、そして進行役の永六輔の後押しもあり、番組に起用される。当初はゲスト出演で、得意のハナモゲラ語やスキャットで女性アナウンサーと絡んだり、イグアナの物真似をしていたが、その後、レギュラーとして定着。番組後期は、永六輔とともに『ばらえてい テレビファソラシド』の顔的存在となった。番組では、タモリと加賀美幸子アナウンサーという全く違うタイプの2人がコンビを組み、ペアで司会をすることもあった。永は放送当時、タモリと加賀美アナウンサーのコンビによって、バラエティに必要な「意表をつく楽しさ」が生まれる、と発言。2人のコンビネーションの良さも、番組の魅力となり人気を呼んだ。タモリ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋嘉幸

    高橋嘉幸から見た日本放送協会日本放送協会

    NHK天才てれびくんMAX『二人授業』(dir.木本武宏TKO)高橋嘉幸 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た日本放送協会日本放送協会

    弱小会社だったエレックはまともな仕事は取ってこれず、愛川欽也が司会をしていた子供番組のオーディションに参加し「イメージの詩」を歌って審査員の子供に落とされたり、NHKのオーディションで藤山一郎に落とされたりした。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 千利休

    千利休から見た日本放送協会日本放送協会

    黄金の日日(1978年、NHK 演:鶴田浩二)千利休 フレッシュアイペディアより)

  • TBSテレビ

    TBSテレビから見た日本放送協会日本放送協会

    1959年(昭和34年)8月1日、皇太子ご成婚パレード中継での取材協力を機に、NHKに対抗する日本初のニュースネットワークとして「JNN(Japan News Network)」を結成。TBSテレビ フレッシュアイペディアより)

  • 日本テレビ放送網

    日本テレビ放送網から見た日本放送協会日本放送協会

    登記上の社名は「にほん」では無く「にっぽん」と読むのが正しい(これはNHKの場合と同様。ただし、アナウンサーも「にほんテレビ」と読むことが多く、鳩の休日を始めとする局名告知においては全て「にほんテレビ」で統一されている)。日本テレビ放送網 フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビジョン

    フジテレビジョンから見た日本放送協会日本放送協会

    1978年(昭和53年)10月2日 - 音声多重実用化試験放送開始。東京では日本テレビ、NHK(日本放送協会)に次いで3局目。第1弾は、同日午後5時からのアメリカテレビ映画『コンバット!』の2か国語放送。ステレオ第1弾は、同日午後7時から放送された神宮球場からのヤクルト対巨人戦のステレオ放送。フジテレビジョン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
13973件中 1 - 10件表示

「NHK」のニューストピックワード