13973件中 91 - 100件表示
  • 岩間芳樹

    岩間芳樹から見た日本放送協会日本放送協会

    『まぼろしのペンフレンド』(1974年 日本放送協会岩間芳樹 フレッシュアイペディアより)

  • 山田吾一

    山田吾一から見た日本放送協会日本放送協会

    1958年にはNHKのテレビドラマ『事件記者』にガンさんこと岩見記者役で出演し、猪突猛進型の正義感溢れる記者役を演じた。後に日活制作の映画版『事件記者』シリーズ、東宝制作の『新事件記者』シリーズにも岩見記者役で出演している。山田吾一 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉奈緒子

    高杉奈緒子から見た日本放送協会日本放送協会

    松下電工勤務の傍ら、2000年にミニバイクで初レース出場する。2001年にはNHK「NHK青春メッセージ」で本選に出場した。題名は「夢を追いかけて」で大賞を獲得した。高杉奈緒子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本放送協会の放送形態

    日本放送協会の放送形態から見た日本放送協会日本放送協会

    日本放送協会(NHK)における放送形態には、時刻表示や放送系など様々な要素があって、それを基にNHKの放送が運用されている。本項ではこれらについて記す。日本放送協会の放送形態 フレッシュアイペディアより)

  • 浅葉克己

    浅葉克己から見た日本放送協会日本放送協会

    NHK・知るを楽しむ(タイトルデザイン)浅葉克己 フレッシュアイペディアより)

  • 表現の自主規制

    表現の自主規制から見た日本放送協会日本放送協会

    特筆すべきは、2010年に明らかになった相撲界の野球賭博問題による日本放送協会(NHK)の、大相撲名古屋場所中継放送の中止である。ラジオも含め、大相撲中継放送がなされないというのは稀な事態(テレビジョン中継では過去、例がない)であり、日本の放送業界全体がいわば「利益衡量」基準による「自主規制の決定過程」まで視聴者(国民)に示した。すなわち日本放送協会(NHK)は直近の大相撲名古屋場所について、視聴者からの反対意見の多いことを主な理由に、名古屋場所が開催されるとしても中継放送の中止の検討を行っていることを公表、これについて民間放送(民放)各社は、NHKが日本相撲協会に支払っている放送権料は視聴者の受信料であり、多くの反対意見に逆らって放送することは、すなわち視聴者の利益を損なうものになると解説、そして鳥越俊太郎は、「反対意見」の信憑性について触れ「声なき声、つまりこの場合の「賛成意見」は寄せられないものであるから、世論実態はどうなのかをよく調査・検討して放送中止の判断をすべきである。また賛成意見に応えるために、中止したとしても、勝敗結果などはダイジェストで放送すべきである。」と述べ、結果、NHKの決定もそうなったことである。現在進行中の案件に係る放送局の自主規制決定過程がリアルタイムにここまで明らかにされたのは過去、およそ例がない。表現の自主規制 フレッシュアイペディアより)

  • 安田 成美

    安田成美から見た日本放送協会日本放送協会

    1994年度下期から1995年度上期にかけて放送されたNHKの連続テレビ小説『春よ、来い』で、1年間ヒロインを演じる予定であったが、撮影途中の1995年2月に「肉体的精神的な疲労による体調不良」を理由に突如降板した。この件に対し『春よ、来い』原作・脚本の橋田壽賀子が「飼い犬に手を噛まれた」と発言して波紋を呼んだ。代役は中田喜子が務めた。安田成美 フレッシュアイペディアより)

  • 知花くらら

    知花くららから見た日本放送協会日本放送協会

    NHK海外ネットワーク(2010年4月3日ほか、NHK知花くらら フレッシュアイペディアより)

  • 和泉 元彌

    和泉元彌から見た日本放送協会日本放送協会

    NHKの大河ドラマ「北条時宗」やプロレスなど、狂言以外の芸能活動も行っているが、各種の騒動(後述)により活動は低調となった。2008年春以降、羽野のTV露出の影響から元彌もTV番組出演が増え、歌の発売も行うなど、タレント活動を再開した。和泉元彌 フレッシュアイペディアより)

  • 宮川俊二

    宮川俊二から見た日本放送協会日本放送協会

    宮川 俊二(みやがわ しゅんじ、1947年8月26日- )は、フリーアナウンサー、ニュースキャスター、タレント、元NHKアナウンサーである。愛媛県宇和島市生まれ。血液型A型。宮川俊二 フレッシュアイペディアより)

13973件中 91 - 100件表示

「NHK」のニューストピックワード