458件中 81 - 90件表示
  • ロバート・ベンソン (アイスホッケー)

    ロバート・ベンソン (アイスホッケー)から見たNHLNHL

    1924-25年シーズンにはNHLのボストン・ブルーインズでもプレーした。ロバート・ベンソン (アイスホッケー) フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・ブラウン

    フレッド・ブラウンから見たNHLNHL

    引退後もシアトルに住み、不動産業を営む傍らシアトルのスポーツ振興にも力を入れ、1990年のグッドウィルゲームズシアトル大会を大会副会長として成功させた。シアトル・スーパーソニックスは2008年にオクラホマシティに移転してしまうが、ブラウンはシアトルへのNBA・NHLチーム招致のため、新アリーナ建設に取り組んでいる。フレッド・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • ユーリイ・リャプキン

    ユーリイ・リャプキンから見たNHLNHL

    国際試合には1968年のカナダ代表とのエキシビションから1976年12月のイズベスチヤ杯128試合出場し18ゴールをあげた。この間、1972年、NHLに所属するカナダ人選手(当時オリンピックにプロ選手は出場できなかった。)とのサミット・シリーズ、1974年のWHA選手とのサミット・シリーズに出場、1976年のインスブルックオリンピックでは金メダルを獲得した。ユーリイ・リャプキン フレッシュアイペディアより)

  • ハーベイ・ベネット・シニア

    ハーベイ・ベネット・シニアから見たNHLNHL

    ハーベイ・ベネット・シニア(Harvey Bennett, Sr. 1925年7月23日-2004年11月21日)はカナダのサスカチュワン州出身のアイスホッケー選手。NHLのボストン・ブルーインズでプレーした。ポジションはゴールテンダー。ハーベイ・ベネット・シニア フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・ケイン

    パトリック・ケインから見たNHLNHL

    パトリック・ケイン(Patrick Kane, 1988年11月19日 - )はニューヨーク州バッファロー出身のアイスホッケー選手。NHLのシカゴ・ブラックホークスに所属、ポジションはライトウィング(RW)。パトリック・ケイン フレッシュアイペディアより)

  • グレート・ウェスタン・フォーラム

    グレート・ウェスタン・フォーラムから見たNHLNHL

    1967年から1999年までNBAのロサンゼルス・レイカーズおよびNHLのロサンゼルス・キングズの本拠地として使用され、1997年から2002年までWNBAのロサンゼルス・スパークス(Los Angeles Sparks)の本拠地として使用された。いずれのチームもステイプルズ・センターに本拠地を移転している。グレート・ウェスタン・フォーラム フレッシュアイペディアより)

  • マーク・メシエ

    マーク・メシエから見たNHLNHL

    マーク・メシエ(Mark Douglas John Messier、1961年1月18日 - )はカナダアルバータ州エドモントン生まれのプロ・アイスホッケー選手である。NHLでは、センターとして1979年から2005年までの四半世紀余りに渡って、エドモントン・オイラーズ、ニューヨーク・レンジャース及びバンクーバー・カナックスで活躍したほか、WHAのインディアナポリス・レイサーズ (Indianapolis Racers) 、シンシナチ・スティンガーズ (Cincinnati Stingers) にも在籍した。マーク・メシエ フレッシュアイペディアより)

  • ジム・クレイグ (アイスホッケー)

    ジム・クレイグ (アイスホッケー)から見たNHLNHL

    ジム・クレイグ(Jim Craig 1957年5月31日- )はマサチューセッツ州イーストン出身の元アイスホッケー選手。ポジションはゴールテンダー。1980年から1983年までNHLのアトランタ・フレームス、ボストン・ブルーインズ、ミネソタ・ノーススターズで30試合に出場した。1980年のレークプラシッドオリンピックにアメリカ代表として出場し金メダルを獲得した。ジム・クレイグ (アイスホッケー) フレッシュアイペディアより)

  • 小池絵未

    小池絵未から見たNHLNHL

    2002年、高校卒業後に再び一家で渡米しウエスタンケンタッキー大学に進みここでもチアリーディング部に所属した。大学ではホテルマネージメントを学んだ。卒業後、NHLのナッシュビル・プレデターズのチアリーダーに応募し合格、1年間務めた。小池絵未 フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケーオーストラリア代表

    アイスホッケーオーストラリア代表から見たNHLNHL

    アイスホッケーオーストラリア代表(-だいひょう, Australia national ice hockey team)はオーストラリアの男子アイスホッケーナショナルチームである。2008年時点の世界ランキングは33位である。オリンピックへの出場はスコーバレーオリンピック1回だけでその時は、チェコスロバキアに1-18、金メダルを獲得したアメリカに1-12で敗れた。2001年からアイスホッケー世界選手権ではディビジョン2に属しており2007年にはNHLで8年間プレイしたスティーブ・マッケンナをコーチに迎えた。2007年アイスホッケー世界選手権では韓国に敗れ3勝1敗となりディビジョン1に昇格するチャンスを惜しくも逃したが、地元オーストラリアのニューカッスルで行われた2008年アイスホッケー世界選手権のディビジョン2で5連勝を果たしディビジョン1への昇格を決めた。アイスホッケーオーストラリア代表 フレッシュアイペディアより)

458件中 81 - 90件表示

「北米プロアイスホッケー」のニューストピックワード