368件中 91 - 100件表示
  • デラウェア州の旗

    デラウェア州の旗から見た独立独立

    旗の中心にある州の紋章は、1777年1月17日に導入されたもの。小麦の束、とうもろこし、雄牛というデラウェアの農畜産物がデザインされた盾を中央とし、その上に帆船がある。左右から農夫と軍人が盾を支えている。その下のバナーに州のモットー「LIBERTY AND INDEPENDENCE(自由と独立)」が記されている。デラウェア州の旗 フレッシュアイペディアより)

  • INDEPENDIENTE

    INDEPENDIENTEから見た独立独立

    タイトルの「INDEPENDIENTE」はスペイン語で「独立、自由、孤高」を意味する。また、コロンビアのサッカークラブサンタフェ・インデペンディエンテから由来しているともいう。初回版はCD-EXTRA仕様:「Ivory」「few lights till night」「夢で逢えたら」のミュージックビデオを収録(「Fly」にはミュージックビデオが存在するが、収録されていない)。INDEPENDIENTE フレッシュアイペディアより)

  • レイキャヴィーク

    レイキャヴィークから見た独立運動独立

    19世紀末になると、当時、アイスランド唯一の都市として、ヨン・シグルズソンによる独立運動の中心地となる。930年に創設された世界最古の近代議会ともいわれるアルシングが、1845年に復活。1918年にデンマーク王権下でアイスランド王国としての独立を達成し、レイキャヴィークは首都となった。1920年から1930年にかけてレイキャヴィークの漁業は成長を遂げ、鱈が主要産品となる。1944年、デンマークがドイツに占領されたのを機に、英国を主とする連合国軍がレイキャヴィークに進駐する。英兵(後には米兵も)の数は、市民の数に匹敵するほどであった。連合軍の駐留は、大恐慌以降、失業者が溢れ不振を極めていた市の経済に活況をもたらした。ケフラヴィーク国際空港、レイキャヴィーク空港など今日も使用されている市の重要施設の多くが、このとき連合軍の手で建設された。この年、アイスランド共和国が誕生、完全な独立を果たした。選挙の結果、王政は廃止され大統領府が市内に置かれた。レイキャヴィーク フレッシュアイペディアより)

  • 李光洙

    李光洙から見た独立独立

    民族主義的な立場から儒教思想と因習を批判する啓蒙主義的な小説の執筆活動をおこなう。小説に留まらず東亜日報に「民族的経綸」などの論説を掲載し、朝鮮の亡国の原因は朝鮮民族自身の劣位性にあるとし民族の実力養成を説いた(民族改良主義と呼ばれる)。一方で、朝鮮総督府に対しては独立ではなく自治権などの権利拡大を要求した。これは一回目の転向とされ、後の植民地当局への完全な屈服の始まりとする評価がある。李光洙 フレッシュアイペディアより)

  • クリミア自治共和国

    クリミア自治共和国から見た独立独立

    ウクライナの国内でも特にロシア人及びロシア語を母語とするウクライナ人が多数を占める地域で、ロシア人は現在では全人口のおよそ5割を占める。このためソビエト連邦解体直後に独立が図られ、独立問題が終息した後も自治共和国になっている。クリミア自治共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ラトビア大学

    ラトビア大学から見た独立独立

    第一次世界大戦後の1919年、ラトビアが独立を勝ち取ったことに呼応し、同年9月28日、同校はラトビア高等学校に改組され、講義もラトビア語で行われるようになった。ラトビア大学 フレッシュアイペディアより)

  • アンゴラ内戦

    アンゴラ内戦から見た独立独立

    アンゴラでは、1961年より、独立に向けた武力闘争が活発化した。1975年1月、アンゴラ解放人民運動 (MPLA)、アンゴラ民族解放戦線 (FNLA)、アンゴラ全面独立民族同盟 (UNITA、ウニタ) の3つの独立運動組織が、独立と総選挙についての協定に調印し、3月に宗主国ポルトガルとの間で休戦協定を調印した。当初、MPLAはソ連とキューバの、FNLAはザイールの支援を受けていた。MPLAが最大勢力で首都ルアンダを掌握しており、MPLA主体で政権が樹立されると思われた。アンゴラ内戦 フレッシュアイペディアより)

  • エチオピアの国旗

    エチオピアの国旗から見た独立独立

    エチオピアが植民地時代にも独立を保っていた為、1950 - 1960年代に独立した他のアフリカ諸国の多くが、汎アフリカ色として同国国旗の緑・黄・赤を取り入れている。エチオピアの国旗 フレッシュアイペディアより)

  • スハルト

    スハルトから見た独立宣言独立

    1974年4月、ポルトガルで誕生した左派政権が海外領土の放棄を宣言すると、その支配下にあった東ティモールでも各勢力が政治活動を開始し、武力対立が生じて内戦状態に陥った。完全独立派の東ティモール独立革命戦線が全土を制圧し、1975年11月28日に独立宣言を発表すると、スハルト政権はこれに武力介入して、東ティモールをインドネシアに併合した。また、スマトラ島北東部のアチェ独立運動に対しても、自らの権力基盤である国軍を投入して厳しい態度で臨んだ。スハルト フレッシュアイペディアより)

  • ノガイ族

    ノガイ族から見た独立国家独立

    13世紀後半にジュチ・ハーンの末裔にあたるノガイがドナウ川、ドン川間の地域に起こした勢力をもとにノガイの子孫エディギュによって独立国家ノガイ・ハーン国(ノガイ・オルダ)が建国された。ノガイ族はこの国家を構成する主要民族で、ヤイク川下流の主都サライジュクを拠点にアラル海、カスピ海において商業活動を活発におこなっていた。ノガイ族 フレッシュアイペディアより)

368件中 91 - 100件表示

「NIS諸国」のニューストピックワード

おすすめ画像