368件中 21 - 30件表示
  • 大名町教会

    大名町教会から見た独立独立

    1896年、現在地に先代の赤レンガ造の聖堂が建立された。1927年にカトリック福岡司教区が長崎司教区から独立したのに伴い、福岡教区の司教座聖堂となる。1938年には、信徒数増加のため手狭となった赤レンガ聖堂に隣接して木造の聖堂が増築された。第2次世界大戦(太平洋戦争)中は日本軍に接収されたこともあったが、戦災は免れた。1984年に、老朽化により聖堂の改築が始まり、赤レンガ聖堂は福岡県久留米市の聖マリア病院構内に移築されて同院の附属聖堂(雪の聖母聖堂)となる。1986年に、現在の聖堂が新築されて木造聖堂は解体された。大名町教会 フレッシュアイペディアより)

  • エリトリア州

    エリトリア州から見た独立独立

    エリトリア州(エリトリアしゅう、)は1962年から1993年までエチオピア北部の海岸部に存在した州。州都アスマラ。北側は紅海に面し、北西側はスーダンとの国境、南東側はジブチとの国境を持ち、南側を西からベゲムデル州・ティグレ州・ウォロ州と隣接していた。1962年、エリトリアは連邦を形成していたエチオピアに併合され、エチオピアの14番目の州になった。1993年までエチオピアの州としての地位にあったが、エリトリア独立戦争の結果、独立国家・エリトリア国として独立し、エチオピアの州から外れた。エリトリア州 フレッシュアイペディアより)

  • 我等のバーレーン

    我等のバーレーンから見た独立独立

    我等のバーレーン(われらのバーレーン、アラビア語)はバーレーンの国歌である。バーレーンが1880年にイギリスの保護国となり、独立を果たした1971年に正式に国歌として制定された。国歌には主旨が同じ内容の2つの曲があり、一般的に歌われているのは、2002年にバーレーン王国初代国王であるハマド・ビン・イーサ・アール・ハリーファが制定した曲である。曲の作曲者は不明であるが、現在歌われている国歌は、Ahmed AlJumairiが作曲した物である。我等のバーレーン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済史

    アメリカ合衆国の経済史から見た独立独立

    1770年までに、アメリカの植民地はイングランド王ジェームズ1世(在位1603年-1625年)の時代以来、イギリスの政治に支配的だった勃興する自治の動きの一部となるために経済的にも政治的にも準備が出来上がった。イギリスとの間で税金やその他の事項に関する論争が起こった。フランスとの長い戦争で経済的にも疲弊したイギリスは、重商主義を推し進める対象としてアメリカ植民地に自国製品やイギリス東インド会社が輸入した茶などを押し付けようとした。このためにアメリカでは一つの産業にもなっていた密貿易を取り締まったり、高い関税を押し付けて自国商品のみが売れるようにしたうえに、印紙法などを制定して課税強化を図った。13植民地のアメリカ人はイギリス人としての権利を要求し、代表なくして課税なしという立場を採ったが、イギリスはこれを否定した。アメリカ人はイギリス製品のボイコット運動を起こし、イギリス商船に積まれていた茶を投棄する事件まで起こした(ボストン茶会事件)。この紛争がアメリカの独立に繋がり、イギリスとの全面戦争となり、遂には新しいアメリカ合衆国として政治的独立と主権を確保した。アメリカ合衆国の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 民族叙事詩

    民族叙事詩から見た独立独立

    民族叙事詩(みんぞくじょじし、または国民叙事詩、英語:National epic)とは、特定の国民(国民国家である必要はなく、独立ないしは自治を望む民族的・言語学的な集団も含む)の本質・精神を表現することを目指した、あるいは表現したと信じられている叙事詩、あるいはそれに類似した作品のこと。民族叙事詩は民族(国民)の起源を、その歴史の一部として、あるいは他のナショナル・シンボル(National symbol)などのような民族(国民)的アイデンティティの発展の中での出来事として物語ることが多い。広義では、民族叙事詩は単純にその民族(国民)の人物・政府が特に誇りに思う国語で書かれた叙事詩を指す。民族叙事詩 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市立花畑中学校

    福岡市立花畑中学校から見た独立独立

    福岡市立柏原中学校 と福岡市立老司中学校 は花畑中より独立した。福岡市立花畑中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 卞栄魯

    卞栄魯から見た独立宣言書独立

    1919年の三・一独立運動のときには、独立宣言書の英文を引き受けた。1924年に発表された「朝鮮の心」は日帝に対する鬱憤を内に秘めている。1920年、文芸雑誌『廃墟』の同人になり、1922年から文芸雑誌『開闢』に随筆や英詩訳を掲載し始める。その功績が文壇で認められ、梨花女子専門学校の教授に就任する。1937年に、基督教青年会の秘密組織であった「興業クラブ」の会員たちが検挙される事件があり、その系列にあった「青友会」の会員も検挙に遭い、会員であった卞栄魯も捕まり西大門警察署の留置場に1ヶ月拘置されている。日帝の圧力が強まり、文学活動が自由にできず、そのうさを酒で晴らした。解放後、成均館大学の英文学教授に就任したが、1955年の「不惑と不動心」という作品が、孔子・孟子を侮辱したものだという、いわゆる「先聖侮辱」事件により、同大学を辞任する。1961年3月14日、鐘路区新橋51-2の自宅で喉頭ガンにより逝去した。墓地は京畿道富川市吾丁区古康里にある。卞栄魯 フレッシュアイペディアより)

  • 解決計画 (西サハラ)

    解決計画 (西サハラ)から見た独立独立

    解決計画(かいけつけいかく、英:The Settlement Plan)は、ポリサリオ戦線とモロッコの間で取り交わされた、西サハラの人々による民族自決の選択を含む住民投票の、実施組織に関する合意である。住民投票では、完全な独立か、モロッコ王国への統合かを選択する。この結果、停戦になり現在も続いている。また、停戦の監視と住民投票を組織する、国際連合西サハラ住民投票ミッション(MINURSO)の平和維持軍も設立された。解決計画 (西サハラ) フレッシュアイペディアより)

  • アマドゥ・マハタール・ムボウ

    アマドゥ・マハタール・ムボウから見た独立独立

    第二次世界大戦では自由フランス軍に所属して北アフリカ戦線で従軍した。1947年にパリのソルボンヌ大学に入学、1951年に卒業し地理学の学士を取得した。1953年からユネスコの職員となり、1957年には故郷のセネガルに帰った。1958年から1960年にかけてセネガルの独立に尽力した。1966年からユネスコに復帰、1974年にはアフリカ人として初めてユネスコの事務局長となり、2期13年間務めた。アマドゥ・マハタール・ムボウ フレッシュアイペディアより)

  • 道 (行政区画)

    道 (行政区画)から見た独立独立

    第二次世界大戦直後、いくつかの道が分割された。「南」では、米軍占領時代の1946年、全羅南道から済州道が分割された。「北」では、北朝鮮独立直後の1949年に黄海道が黄海北道・黄海南道に分割、咸鏡南道から両江道が分割、1954年には平安北道から慈江道が分割された。これらにより、道の数は17道となった。ただし、2006年に済州道が済州特別自治道となり、厳密には16道1特別自治道となっている。道 (行政区画) フレッシュアイペディアより)

368件中 21 - 30件表示

「NIS諸国」のニューストピックワード

おすすめ画像