368件中 31 - 40件表示
  • バスク州議選 (2001年)

    バスク州議選 (2001年)から見た独立独立

    2001年バスク州議選は、2001年5月13日にスペインのバスク自治州で実施された議会選挙。バスクの独立を目指すETA擁するバスク市民党が大敗し、スペインにおけるETAによるテロ行為が深刻化したきっかけとなった選挙である。バスク州議選 (2001年) フレッシュアイペディアより)

  • 立ち上がれ!共和国

    立ち上がれ!共和国から見た独立独立

    立ち上がれ!共和国(仏:Debout la République、略称DLR)は、フランスの政党。保守、国家主義、伝統主義、フランスの独立、ド・ゴール主義を標榜する右派政党。国民議会議員のニコラ・デュポン=エニャンによって1999年2月3日創設された。1999年欧州議会選挙では、欧州懐疑論 Euroscepticismのシャルル・パスクワとフィリップ・ド・ヴィリエが率いるフランス連合 Rassemblement pour la France と共同戦線を組んで選挙に臨み230万4285票(13,05パーセント)を獲得し、13議席を得た。立ち上がれ!共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ヤーセプス・ヴィートリス

    ヤーセプス・ヴィートリスから見た独立独立

    1918年に祖国がソヴェト・ロシアから独立を勝ち取るとラトビアに戻り、国立リガ歌劇場の指揮者に就任した。翌1919年にラトビア音楽院(現・ヤーゼプス・ヴィートリス音楽アカデミー)を開設し、1944年まで作曲科の教授に就任。この間の最も著名な門人に、ヤニス・イヴァノフスやアードルフス・スクルテがいる。1923年にはラトビア作曲家協会の設立者に名を連ねる。1944年にドイツのリューベックに移住し、1948年に同地に客死した。ヴィートリスの遺族は1993年までリガに戻らなかった。ヤーセプス・ヴィートリス フレッシュアイペディアより)

  • 分割統治

    分割統治から見た独立独立

    ポーランドはヤゲウォ朝が途絶えたあと、政治が安定せず、ロシア・プロイセン・オーストリアの3国によってポーランド分割が行われ、18世紀末に国家が消滅した。1919年に独立を回復するまで、この分割統治は続いた。分割統治 フレッシュアイペディアより)

  • 自由連合盟約

    自由連合盟約から見た独立独立

    国家としての独立を承認し、且つ経済援助を与える代わりに安全保障(主として軍事権と外交権)に関してはアメリカが統轄するというもので、これにより当該3国とアメリカ合衆国とは連合関係を持つことになった。自由連合盟約 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の海外領土

    アメリカ合衆国の海外領土から見た独立独立

    ある領域が一旦米国に編入されると、その編入状態が解かれることはなく、独立の承認や他国への割譲といった僅かな例外(リオ・リコ参照)を除いて永久に米国憲法の管轄下におかれる。アメリカ合衆国の海外領土 フレッシュアイペディアより)

  • 日本基督教団新生会

    日本基督教団新生会から見た独立独立

     日本の敗戦後に日本基督教団から独立するバプテストの教会が多い中で日本基督教団に残留する教会の互助連帯・各個教会間交流を目的とする日本基督教団のバプテスト派(北部バプテスト同盟…現在の米国バプテスト同盟)の加盟教会からなる組織であり日本バプテスト東部組合の流れを汲む。(1958年に日本基督教団から独立している日本バプテスト同盟とは同じ宣教母体という事もあり、特に交流する。)略称は、教団新生会(きょうだんしんせいかい)・新生会(しんせいかい)である。日本基督教団新生会 フレッシュアイペディアより)

  • シャリフ・カブンスアン州

    シャリフ・カブンスアン州から見た独立独立

    シャリフ・カブンスアン州(Province of Shariff Kabunsuan)は、2006年から2008年までフィリピン南部ミンダナオ島にあった州で、イスラム教徒ミンダナオ自治地域(Autonomous Region in Muslim Mindanao, ARMM)に属していた。マギンダナオ州の北部が分離してできた州で、北にラナオ・デル・スル州、東にソクサージェン地方のコタバト州、南にマギンダナオ州の残部と接し、西にはモロ湾を臨んでいた。州域にはARMMとソクサージェン地方双方の中心都市コタバト市があるが、フィリピン国内の独立した都市の1つである。シャリフ・カブンスアン州 フレッシュアイペディアより)

  • イアン・スミス

    イアン・スミスから見た独立独立

    ローデシアのセルクェで入植者の息子として生まれ、第二次世界大戦中はイギリス空軍パイロットとして活躍した。戦後の1948年に政界に入り立法議会議員、ローデシア・ニヤサランド連邦議会議員を歴任した。1961年にローデシア戦線党を結成し1964年4月13日から南ローデシア植民地政府首相を務め黒人の抵抗運動を徹底的に弾圧した。あくまで少数の白人支配の存続を望み1965年11月11日に、南ローデシアの白人政権は英国から一方的な独立宣言(Unilateral Declaration of Independence)を行い、英国から派遣されていた総督も追放しローデシア共和国と名乗った。スミスはその初代首相に就任した。このため経済制裁を受け、黒人解放組織の抵抗闘争に直面した。やむなくイギリスの調停を1979年に受け入れ、1980年の総選挙で黒人解放組織に敗北した。ジンバブエ共和国が誕生しても1986年まで国会議員を務めローデシア戦線党党首として白人の権利擁護にあたった。1987年の白人議席解消後は政界を引退し農場経営をしていた。イアン・スミス フレッシュアイペディアより)

  • リトルトン

    リトルトンから見た独立独立

    リトルトンはクライストチャーチ市に編入されるまでは独立自治区リトルトン市であった。ニュージーランド南島最大の港、リトルトン港があり、クルーズ客船や貨物船が寄港する。リトルトン フレッシュアイペディアより)

368件中 31 - 40件表示

「NIS諸国」のニューストピックワード

おすすめ画像