368件中 61 - 70件表示
  • 南カメルーン連邦共和国

    南カメルーン連邦共和国から見た独立独立

    南カメルーン連邦共和国(みなみカメルーンれんぽうきょうわこく、)は、カメルーンに属する領域のうち北西州と南西州を合わせた地域において展開されているカメルーンからの分離独立運動において、当該地域の独立を主張する政府が自称している国名。アンバゾニア共和国(アンバゾニアきょうわこく、)とも呼ばれる。南カメルーン連邦共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人民共和国憲法草案

    日本人民共和国憲法草案から見た独立独立

    ここにわれらは、人民の間から選ばれた代表を通じて人民のための政治が行われるところの人民共和政体の採択を宣言し、この憲法を決定するものである。天皇制はそれがどんな形をとろうとも、人民の民主主義体制とは絶対に相容れない。天皇制の廃止、寄生地主的土地所有制の廃絶と財閥的独占資本の解体、基本的人権の確立、人民の政治的自由の保障、人民の経済的福祉の擁護――これらに基調をおく本憲法こそ、日本人民の民主主義的発展と幸福の真の保障となるものである。日本人民の圧倒的多数を占める勤労人民大衆を基盤とするこの人民的民主主義体制だけが帝国主義者のくわだてる専制抑圧政治の復活と侵略戦争への野望とを防止し、人民の窮極的解放への道を確実にする。それは人民の民主的祖国としての日本の独立を完成させ、われらの国は国際社会に名誉ある当然の位置を占めるだろう。日本人民はこの憲法に導かれつつ、政治的恐怖と経済的窮乏と文化的貧困からの完全な解放をめざし、全世界の民主主義的な平和愛好国家との恒久の親睦をかため、世界の平和、人類の無限の向上のために、高邁な正義と人道を守りぬくことを誓うものである。日本人民共和国憲法草案 フレッシュアイペディアより)

  • オートウェーブ

    オートウェーブから見た独立独立

    なお、現会長の廣岡等が、オートバックスセブン常務の役職を捨て、オートウェーブを設立したのは1990年9月。その10年前からオートバックスセブン初代社長の住野利男に独立を申し出て、「まだ、早い」と慰留され続け、やっと許しを得たのが51歳の時である(※「企業家倶楽部1999年3月号」(特集 オートウェーブ会長 広岡等のすべて)より、一部引用)。オートウェーブ フレッシュアイペディアより)

  • 独立軍 (朝鮮)

    独立軍 (朝鮮)から見た独立独立

    独立軍(どくりつぐん 朝鮮語名称 Dogribgun)は1919年の三・一独立運動後、朝鮮の日本植民地支配からの独立をめざし満州東部の間島地域で成立した抗日武装集団諸派の総称である。独立軍 (朝鮮) フレッシュアイペディアより)

  • 会衆派教会

    会衆派教会から見た独立独立

    会衆派教会(かいしゅうはきょうかい/Congregational Church)は、キリスト教のプロテスタントの一教派で、他に会衆派、組合派、組合教会とも。各個教会の教会政治において、会衆制とよばれる教会員の直接民主制に近い制度を採ることが特徴で、各個教会の独立自治を極めて重視する。会衆派教会 フレッシュアイペディアより)

  • フリーステイト州

    フリーステイト州から見た独立独立

    1854年2月17日、イギリスに追われたオランダ系のボーア人(アフリカーナー)が、オレンジ自由国として独立国家を建設。フリーステイト州 フレッシュアイペディアより)

  • 蓬莱学園

    蓬莱学園から見た独立独立

    蓬萊学園の独立問題に関して、各種調整を担当する委員会。蓬莱学園 フレッシュアイペディアより)

  • マニュエル・ケソン

    マニュエル・ケソンから見た独立独立

    1905年、タヤバス州知事選に当選し知事を二年間務めた。1907年の第一回総選挙に即時独立を求める国民党から出馬し国民議会(一院制)議員に当選、与党院内総務を務めた。1909年、駐米委員に任命された。1916年、安定した政府の樹立を条件に将来の独立を盛り込んだアメリカのジョーンズ法(フィリピン自治法)の成立に尽力、その功績を背景に二院制議会の上院議長に就任した。1935年、新憲法が国民投票で批准され、総選挙でコモンウェルスの大統領に選出された。マニュエル・ケソン フレッシュアイペディアより)

  • ノルディックバランス

    ノルディックバランスから見た独立独立

    不可能に近い命題を抱える中で独立を守る何らかの手がかりにしたのは、中立指向である。ソ連とのギリギリの交渉の結果、同盟は結ぶが有事の際の中立を認めさせることに成功し、それを安全保障の基本政策とした。また出来る限りソ連を刺激するような言動を慎み、親ソ路線をことあるごとに内外にアピールした。これがフィンランド化という言葉が誕生する背景であるが、逆説的に言えばフィンランドのしたたかさを証明するものでもある。ノルディックバランス フレッシュアイペディアより)

  • マセル

    マセルから見た独立独立

    1869年、ソト族の王モショエショエ1世が都として創建。かつてイギリスの保護領バストランドの主都。独立とともに首都。マセル フレッシュアイペディアより)

368件中 61 - 70件表示

「NIS諸国」のニューストピックワード

おすすめ画像