368件中 81 - 90件表示
  • 金元鳳

    金元鳳から見た独立運動独立

    慶尚南道密陽生まれ。金若水・イ・ヨソンなどと交流しながら、中央高等学校(ソウル)を卒業した後、独立運動に意義を見出し、中国に渡った。満州に渡り、新興武官学校を卒業後、1919年、要人暗殺と機関破壊のために、武装抗日運動組織である義烈団を組織し、何度となく直接行動を行なった。金元鳳 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカの角

    アフリカの角から見た独立宣言独立

    ソマリアは1974年のエチオピア革命に便乗し1977年にソマリ人地域オガデンの奪取を掲げオガデン戦争を仕掛けたが失敗。敗戦による混乱と、南部(旧伊領)偏重の政治が続いたことによる南北対立により大ソマリアの求心力は失われ、1990年ごろからソマリア内戦が激化し統一国家としてのソマリアは崩壊した。1991年にはソマリランド共和国、1998年にはプントランドが独立宣言し、さらにマーヒル、ノースランドなどの小勢力も独立宣言した。アフリカの角 フレッシュアイペディアより)

  • アサーティブネス

    アサーティブネスから見た独立運動独立

    インド独立の戦いでガンジーが用いた行動とコミュニケーションの戦略は、アサーティブネスの一つの良い例である。彼が「サッティヤーグラハ」(:en:Satyagraha)と呼んだ独立運動では、彼は目的を達成する手段として、非暴力の抵抗を用いた。彼は、イギリスがインド人をどう思うかには関係なく、インドをインド人自身で統治する権利について、イギリスと対話を続けた。ガンジーはイギリスによる支配に反対したために、何度も罰金を求められたり、投獄されたりもしたが、彼は正しいと思うことを発言する権利があると言い、罰金を払うことに決して同意しなかった。アサーティブネス フレッシュアイペディアより)

  • ドデカネス諸島

    ドデカネス諸島から見た独立独立

    古来よりギリシア圏の島々として属してきたが、ギリシアがオスマン帝国から独立した後もオスマン領であった。その後、1911年のイタリア・トルコ戦争においてイタリア領となり、再びギリシア領に編入されたのは1947年の事であった。ドデカネス諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 統一人民民主党

    統一人民民主党から見た独立独立

    統一人民民主党は、ソマリアから1991年6月に一方的に独立を宣言した国家であるソマリランド共和国の政党。統一人民民主党 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア海軍

    オーストラリア海軍から見た独立独立

    1901年にオーストラリアが事実上の独立を達成する以前から、植民地である各州には海上軍事組織が結成されていた。1901年以降はそれらが統合されたものの、依然として海上防衛の主力はイギリス海軍が担っていた。本格的なオーストラリア海軍の構築は、1909年以降のことである。オーストラリア海軍 フレッシュアイペディアより)

  • ペンバ (モザンビーク)

    ペンバ (モザンビーク)から見た独立独立

    1904年にポルトガルの特許会社ニアッサによって、半島の南西部に建設された都市であり、時の王妃アメリー・ドルレアンにちなんで、ポルト・アメリアと命名された。ポルトガル植民地様式の建築で知られた都市であったが、1975年の独立時に、ペンバに改称されている。ペンバ (モザンビーク) フレッシュアイペディアより)

  • 緑の行進

    緑の行進から見た独立独立

    スペイン領サハラの北に境を接するモロッコは、歴史的経緯から同地域がモロッコの一部として不可分な領域であり、スペインの撤退後も独立させるべきではないと長らく主張。また南のモーリタニアも同様に、スペイン領サハラは事実としてモーリタニア領である、と同様の主張を行っている。現地のサハラウィーも1973年以降、アルジェリアの支援を受けたポリサリオ戦線に主導され、スペイン支配に反抗するゲリラ戦を展開。1975年10月、スペインは権力の移譲について反政府運動指導者らと秘密裏の交渉を開始。両者はアイユーンで交渉、さらにムスタファー・サイイド・ワリーとスペイン外相ペドロウ・コルティナ=イ=マウリとの会談がアルジェで開かれた。緑の行進 フレッシュアイペディアより)

  • ハバナ

    ハバナから見た独立独立

    1898年にハバナ港でアメリカ海軍の戦艦メインが爆沈し、アメリカ・スペイン・キューバ戦争の発端となった。ハバナは、1902年のキューバ共和国の独立により、キューバの首都となった。独立以前からキューバへの投資の多くはアメリカ合衆国資本だったが、独立以降この動きがさらに進んだ。1920年代にアメリカ合衆国で禁酒法が施行されると、アメリカ人たちは享楽を求めてハバナを訪れるようになった。その結果、ハバナにはアメリカ人富豪の別荘が多く立ち並び、多くの観光客によって高級クラブやカジノがにぎわうリゾート歓楽都市として大発展した。ただし、こういった娯楽施設のほとんどは、1959年のキューバ革命に伴って閉鎖された。ハバナ フレッシュアイペディアより)

  • オガデン民族解放戦線

    オガデン民族解放戦線から見た独立独立

    エチオピア東部のソマリ州オガデン地方の分離独立を訴え、エチオピア軍との武装闘争を繰り広げる。エチオピア軍が、隣国のソマリアがらみの対テロ対策(対テロ戦争)でアメリカ軍などの強力なバックアップを受けているのに対し、民族解放戦線側の支援はイスラム系の団体などからの支援のみで軍事的には著しく劣勢。しかしながらエチオピア軍がオガデン地方で弾圧を強めていることから、地域住民の不満を吸収する形で兵力を増強する構図ができており、数千人規模の戦闘要員を擁しているものと考えられている。オガデン民族解放戦線 フレッシュアイペディアより)

368件中 81 - 90件表示

「NIS諸国」のニューストピックワード

おすすめ画像