前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3596件中 1 - 10件表示
  • WORLD CALL

    WORLD CALLから見たNTTドコモNTTドコモ

    WORLD CALLとは、NTTドコモの携帯電話で、日本国内から海外へ通話やSMS等を行うサービス。NTTドコモの携帯電話を海外に持ち出して利用するWORLD WINGとは違う。WORLD CALL フレッシュアイペディアより)

  • 日本通信

    日本通信から見たNTTドコモNTTドコモ

    日本通信はウィルコムからPHS回線のリセール(回線領域買い取り)で事業を始め、MVNOとして日本では第一号の会社となった。このMVNOとしてのメリットは、携帯電話・PHS通信事業者のように巨額資本を投下して、自前の通信施設網を準備することなく、小資本で大手通信事業者からローコストで回線リセール(回線領域買い取り)が出来ることである。ベンチャー企業の日本通信はこのMVNO制度を利用して、個人・法人向けにデータ通信サービス事業を行っている。2008年からはNTTドコモのFOMAハイスピード網(FOMA網含む)を利用したMVNOサービスを開始している。日本通信 フレッシュアイペディアより)

  • Long Term Evolution

    Long Term Evolutionから見たNTTドコモNTTドコモ

    この規格は当初NTTドコモがSuper 3Gという名称でコンセプトを含めた提唱をしていた。このためドコモでは長らく「Super 3G」と呼んでいたが、2009年頃からは「LTE」と呼んでおり、その後、2016年秋頃からは「4G」とも呼んでいる。Long Term Evolution フレッシュアイペディアより)

  • 日本における携帯電話

    日本における携帯電話から見たNTTドコモNTTドコモ

    1987年に、NTTは日本初のハンディタイプ携帯電話機TZ-802を世に出した。当時は周波数変調を用いたのみで、市販の受信機で誰でも会話の内容を傍受できるアナログ式であった。1993年には会話の内容を傍受することが困難で、周波数使用効率にも優れたTDMA方式の第二世代携帯電話(2G。PDC方式)サービスが、NTTドコモにより開始された。そして、2000年10月以降は、すべてデジタル式となっている。日本における携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • フルブラウザ

    フルブラウザから見たNTTドコモNTTドコモ

    携帯電話に組み込まれたものとしてはNTTドコモの「N901iS」が最初で、以降は「フルブラウザ」(NTTドコモ)、「PCサイトブラウザ」(ソフトバンクモバイル)として様々な機種に搭載されている。また、スマートフォン/PDA用にWindows Mobile版もリリースされている。フルブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ソフトバンクの主な携帯電話端末納入メーカー

    ソフトバンクの主な携帯電話端末納入メーカーから見たNTTドコモNTTドコモ

    当時はNTTドコモへの端末の供給を一時的に休止していた時期もあったが、2002年よりドコモ向け端末をリリース。後に2005年にはウィルコム向け端末をリリース、2006年にはau向け端末をリリース。そして、2007年3月にはイー・モバイル向け端末もリリースし、2010年現在日本の携帯電話やPHSの全キャリアに端末を供給する唯一の端末メーカーとなっている(ツーカーにはサービス終了まで端末を供給しなかった。イー・モバイル参入前は三洋電機が全キャリアに納入していた)。ソフトバンクの主な携帯電話端末納入メーカー フレッシュアイペディアより)

  • PHS

    PHSから見たNTTドコモNTTドコモ

    NTTドコモグループ (ドコモPHS): 2008年1月7日にサービス終了。PHS フレッシュアイペディアより)

  • 電子ブックリーダー

    電子ブックリーダーから見たNTTドコモNTTドコモ

    出版業界とのしがらみなどがあり、電子書籍に消極的であった日本においても、2010年に入りようやく動きが活発し、7月にはNTTドコモと大日本印刷連合、KDDIと凸版印刷、ソニー連合がそれぞれ電子書籍におけるアライアンスを発表し、2010年9月にはシャープが日本向け電子ブックリーダーとスマートフォンの機能を併せ持つandroid OSのGALAPAGOSやブックリーダー(SH-07C)を、ソニーが電子ペーパーを採用したReader(ソニー・リーダー)を発表している。またブックリーダー専門ではないが、電子書籍閲覧に適したGALAXY Tabといった、タブレット型のスマートフォンも発売され今後の日本の電子書籍の潮流に注目が集まっている。電子ブックリーダー フレッシュアイペディアより)

  • 山王パークタワー

    山王パークタワーから見たNTTドコモNTTドコモ

    高層階はホテルとして利用することを考慮した設計であったため、27階には『スカイロビー』と呼ばれる吹き抜けを備えた広大な空間があり、現在は北側半分を、NTTドコモが本社受付ロビーとして利用しているほか、南側半分はドコモ関係者以外の一般者も利用可能な「スカイレストラン」として飲食店(聘珍楼・春秋)が営業し、赤坂Bizタワー・東京ミッドタウン・六本木ヒルズを展望できるフリースペースともなっている。山王パークタワー フレッシュアイペディアより)

  • テレビ電話

    テレビ電話から見たNTTドコモNTTドコモ

    比較的以前より、名称及び概要は一般にも知られていたが、一般向けの普及品が出たのは、21世紀に入る前後のことである。現在、固定電話(ISDN、アナログ回線、IP電話)のほかに携帯電話・PHS(NTTドコモのFOMAとPHS、ソフトバンクモバイルのSoftBank 3Gとスマートフォン、auのCDMA 1X WINなど)でも利用できる。テレビ電話 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3596件中 1 - 10件表示

「NTTドコモ」のニューストピックワード