2995件中 51 - 60件表示
  • イー・モバイル

    イー・モバイルから見たNTTドコモNTTドコモ

    2007年3月31日に東名阪でHSDPAを利用したデータ通信を開始。2008年3月28日から音声通話サービスを開始した。2008年には全国で利用できるようになるが、音声端末については、25道県においては2010年10月31日までNTTドコモのW-CDMA(FOMA)ネットワークをローミング利用していた。イー・モバイル フレッシュアイペディアより)

  • テトリス

    テトリスから見たNTTドコモNTTドコモ

    2003年 『TETRIS 2002』 携帯電話ゲーム(NTTドコモ):ジー・モードテトリス フレッシュアイペディアより)

  • 1800MHz帯

    1800MHz帯から見たNTTドコモNTTドコモ

    1800MHz帯(せんはっぴゃくメガヘルツたい)とは、主に携帯電話(NTTドコモのFOMAやイー・アクセス)に使用されている周波数帯である。携帯電話向けに割り当てられているのは、上りが1749.9MHz以上1784.9MHz以下の周波数帯で、下りが1844.9MHz以上1879.9MHz以下である。携帯電話以外に、公共業務用の固定無線通信にて1710 - 1850MHzにて使用されている。ITUにおいてIMT-2000帯域とされている。1800MHz帯 フレッシュアイペディアより)

  • FOMA

    FOMAから見たNTTドコモNTTドコモ

    FOMA(フォーマ)はNTTドコモのIMT-2000 (W-CDMA) サービス。Freedom Of Mobile multimedia Access(マルチメディアへの移動体のアクセスの自由)の略。第3世代移動通信システム(3G)である。FOMA フレッシュアイペディアより)

  • カーナビゲーション

    カーナビゲーションから見たNTTドコモNTTドコモ

    携帯電話やPHS、スマートフォンにGPS受信機を搭載し、アプリケーション・ソフトや通信契約によってナビゲーション機能を提供するものもある。PNDが車載固定式のカーナビ市場を奪ったように、高機能な携帯電話を含む携帯情報端末が、今後はナビゲーション専用機であるPNDの市場を奪うと予想される。通信機能を持つ情報端末であれば、テレマティクスによる高度なナビゲーション機能が比較的容易に実現できるため、通信機能を持たない従来型のカーナビでは提供できなかったサービスが可能になると期待されている。メリットは、基本的に通信料のみで機能やデータ更新自体は無料か極めて廉価で提供されている点が挙げられ、デメリットは専用品でないが故に現在地などの取得方法がGPSに限定されているため精度が劣る点やスマートフォンの電池の消費が激しくなる点がある。NTTドコモやパイオニアはそれらの欠点を克服すべく、地図情報をストレージに搭載したスマートフォンにあわせ、充電機能やジャイロセンサーを搭載したクレードルや、最新の地図情報、位置情報の共有などができるドコモ ドライブネットというサービスを開始している。カーナビゲーション フレッシュアイペディアより)

  • インターネットサービスプロバイダ

    インターネットサービスプロバイダから見たNTTドコモNTTドコモ

    ちなみに日本で最も加入者の多いISPはNTTドコモのiモードである(2011年1月末現在で約4961万人。ただしspモード加入者を含む)。iモードは無線接続によるISPとして世界最大級であり、2006年1月にギネス・ワールド・レコーズから「Largest Wireless Internet Provider」の認定を受けている。インターネットサービスプロバイダ フレッシュアイペディアより)

  • Long Term Evolution

    Long Term Evolutionから見たドコモNTTドコモ

    その後、800MHz帯再編と前後して空きとなる予定の700MHz帯/900MHz帯(いわゆる、プラチナバンドと称される)が、移動体通信向け新バンドに割り当てる可能性を総務省が示唆しており、仮に割当が実現されることになった場合は、900MHz帯にドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの4社が、700MHz帯にドコモ、KDDI、イー・アクセスの3社が獲得の意向を表明している。700MHz帯は、CDMA2000を提供する米・ベライゾン・ワイヤレスや、UMTSを提供する米・AT&TがLTEで利用予定の帯域に近い周波数帯(北米ハーモナイズ案の場合)である(いわゆる、SMHバンド)。900MHz帯はUMTS900(バンド8)に近い周波数帯で、国際調達力、相互ローミングなどの向上が期待できる。ただし日本の700MHz帯がアジア太平洋地域にハーモナイズしたAWF案になった場合は北米市場とハーモナイズできないのが大きな課題となっている。Long Term Evolution フレッシュアイペディアより)

  • Long Term Evolution

    Long Term Evolutionから見たNTTドコモNTTドコモ

    この規格は当初NTTドコモがSuper 3Gという名称でコンセプトを含めた提唱をしていた。このため同社では長らく「Super 3G」と呼んでいたが、2009年頃からは「LTE」と呼んでいる。Long Term Evolution フレッシュアイペディアより)

  • 無線呼び出し

    無線呼び出しから見たNTTドコモNTTドコモ

    電気通信事業者による電気通信サービス(公衆呼出し)(日本ではNTTドコモグループ及びテレメッセージ各社が提供していた。)と、特定の工場やビル内などを対象に設置されたもの(構内呼出し)がある。無線呼び出し フレッシュアイペディアより)

  • 自動車電話

    自動車電話から見たNTTドコモNTTドコモ

    NTTドコモ・au(旧日本移動通信)が展開するPDC方式(第二世代携帯電話)の自動車電話は「デジタルカーホン」の製品名となっている。移動中でも高品質で安定した通信が可能な第三世代携帯電話の進展に伴い、2002年以降新規展開を大幅に縮小しており、日本では第二世代携帯電話と共にサービス事業を終了した。自動車電話 フレッシュアイペディアより)

2995件中 51 - 60件表示

「NTTドコモ」のニューストピックワード