432件中 21 - 30件表示
  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たクレディセゾン

    iDはNTTドコモ、三井住友カードの他にも、イオンクレジットやクレディセゾン(セゾン・UC両ブランド)など合計68社が提供を行っており、2009年1月にはおサイフケータイによるiD・iD一体型クレジットカードとiD単体カード(VJAグループ)を併せた発行枚数が1000万枚を突破している。「DCMX」の会員数も同年8月24日付けで1000万人を突破している。iD利用可能な店舗はセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、am/pm、ココストア、デイリーヤマザキといったコンビニエンスストアや、日本マクドナルド、牛角、イオン、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ他多数の店舗で利用が可能である。また日本コカ・コーラの自動販売機であるシーモ2やタクシーなどでも利用できるものがある。対応決済端末台数は現在42万台とSuicaやEdyを超えている。世界でも、2008年7月よりグアム、8月に中華人民共和国上海市でも利用可能になった。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た沖縄セルラー電話

    同じ頃、J-フォン(現ソフトバンクモバイル)はメール受信無料を強くPRしており、また「受信メールにもパケット料金を課金する」というNTTドコモと同様の仕組みを導入していたau(KDDI/沖縄セルラー電話連合)が2001年1月に「コミコミパック」という無料通信分を含んだ割引プランを導入した。一方、NTTドコモは2001年8月からiモード利用者に対して、迷惑メール対策の一環として毎月400パケットまでは無料とした。また、電波帯域に余裕のあるW-CDMA (FOMA) においては、1パケットの単価を若干下げると共にコミコミパックと同様の「パケットパック」を導入した。2005年11月、新統一料金プラン導入時に同プラン利用者のiモード基本料金を値下げし、毎月の「400パケット無料」を廃止した。また、2008年6月にはiモード基本料金を他社と横並びの月額315円に改定した。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た東芝

    NEC、富士通、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、エリクソン、三菱電機、東芝NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た日本テレビホールディングス

    日本テレビ系列(NTTドコモと日本テレビは業務提携しており、またドコモは日本テレビの持株会社日本テレビホールディングスの大株主にも名を連ねる)NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たノジマ

    大半の店舗が、NTTドコモと代理店契約した会社が運営している。主な代理店には、ティーガイア(三井物産・住友商事・三菱商事が出資)やMXモバイリング(丸紅グループ)、TDモバイル(旧豊通シスコム。豊田通商子会社)、コネクシオといった商社系、携帯電話メーカー系、その他に、自動車修理工場や本田技研工業、日産自動車といった自動車メーカー系の代理店がある。地方には、地元の電器屋、自動車修理工場といった、地域に根づいた代理店もある。代理店には、1次代理店、2次代理店、3次代理店、取次店などとあるが、ドコモショップは、基本的に1次代理店か2次代理店が行っている。ヨドバシカメラ、ビックカメラといった家電量販店は、2次代理店であることが多い。エディオン(旧・エイデン)やノジマのように、1次代理店業務を行っている子会社を持ち、ドコモと直接契約している量販店も存在する。かつては直営店舗も存在したが、現在はドコモ・サービス(ドコモエンジニアリングに吸収され、現在はドコモCS)やドコモ・ビジネスネット等の子会社に移管されている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た電気興業

    日本電業工作、電気興業、日本無線、島田理化工業NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たイー・モバイル

    2006年10月に開始した「番号ポータビリティ (MNP)」では当初苦戦し、2006年11月度の契約数が自社初の純減となった。その後も、auに比べ純増数が少ない状態が続いた。さらにはソフトバンクにも純増数で劣り、MNP開始後2社に大きく遅れをとった。また、2008年1月度はイー・モバイルにも純増数で劣った。ドコモは2007年5月より「DoCoMo2.0」という旗印で顧客獲得を狙ったが、2007年8月度に、創業以来2度目の純減 (-22,900) となった。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たオラクル (企業)

    主な基幹システムとして、経営管理システム「DREAMS」、顧客管理システム「ALADIN」、料金システム「MoBills」の3つがある。これらは全てオラクルのデータベースを採用している。使用されているサーバーはUNIX系Solaris、そしてWindowsサーバーであるが、。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た日立製作所

    NEC、富士通、三菱電機、沖電気工業、日立製作所NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た牛角

    iDはNTTドコモ、三井住友カードの他にも、イオンクレジットやクレディセゾン(セゾン・UC両ブランド)など合計68社が提供を行っており、2009年1月にはおサイフケータイによるiD・iD一体型クレジットカードとiD単体カード(VJAグループ)を併せた発行枚数が1000万枚を突破している。「DCMX」の会員数も同年8月24日付けで1000万人を突破している。iD利用可能な店舗はセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、am/pm、ココストア、デイリーヤマザキといったコンビニエンスストアや、日本マクドナルド、牛角、イオン、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ他多数の店舗で利用が可能である。また日本コカ・コーラの自動販売機であるシーモ2やタクシーなどでも利用できるものがある。対応決済端末台数は現在42万台とSuicaやEdyを超えている。世界でも、2008年7月よりグアム、8月に中華人民共和国上海市でも利用可能になった。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

432件中 21 - 30件表示

「NTTドコモ」のニューストピックワード