366件中 21 - 30件表示
  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た電気通信事業者協会

    2006年11月2日、ソフトバンクモバイルのいわゆる「0円広告」について「景品表示法違反の疑いがある」として公正取引委員会に申告書を提出したが、同年12月12日、「景品表示法第4条第1項第2号の規定に違反するおそれがある表示を行っていた」として、公正取引委員会から注意を受けた(KDDIは同じく注意を、またソフトバンクモバイルは警告を受けた)。また、公正取引委員会は、これら3社が加盟する社団法人電気通信事業者協会に対し、複雑な料金体系に対する国民からの苦情の多さを指摘した。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たファミリーマート

    iDはNTTドコモ、三井住友カードの他にも、イオンクレジットやクレディセゾン(セゾン・UC両ブランド)など合計68社が提供を行っており、2009年1月にはおサイフケータイによるiD・iD一体型クレジットカードとiD単体カード(VJAグループ)を併せた発行枚数が1000万枚を突破している。「DCMX」の会員数も同年8月24日付けで1000万人を突破している。iD利用可能な店舗はセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、am/pm、ココストア、デイリーヤマザキといったコンビニエンスストアや、日本マクドナルド、牛角、イオン、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ他多数の店舗で利用が可能である。また日本コカ・コーラの自動販売機であるシーモ2やタクシーなどでも利用できるものがある。対応決済端末台数は現在42万台とSuicaやEdyを超えている。海外でも2008年7月よりグアム、8月に中国(上海)でも利用可能になった。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たITCネットワーク

    大半の店舗がNTTドコモと代理店契約した会社が運営している。主な代理店にはティーガイア(三井物産・住友商事・三菱商事が出資)やTDモバイル(旧豊通シスコム。豊田通商子会社)、ITCネットワークといった商社系、NECモバイリング・パナソニックモバイルといったメーカー系、その他に自動車修理工場や本田技研工業、日産自動車といった自動車メーカー系の代理店がある。地方には、地元の電器屋、自動車修理工場といった、地域に根づいた代理店もある。代理店には1次代理店、2次代理店、3次代理店、取次店などとあるが、ドコモショップは基本的に1次代理店か2次代理店が行っている。ヨドバシカメラ、ビックカメラといった家電量販店は2次代理店であることが多い。エディオンEAST(旧・エイデン)やノジマのように1次代理店業務を行っている子会社を持ちドコモと直接契約している量販店も存在する。かつては直営店舗も存在したが、現在はドコモ・サービスやドコモ・ビジネスネット等の子会社に移管されている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た住友商事

    大半の店舗がNTTドコモと代理店契約した会社が運営している。主な代理店にはティーガイア(三井物産・住友商事・三菱商事が出資)やTDモバイル(旧豊通シスコム。豊田通商子会社)、ITCネットワークといった商社系、NECモバイリング・パナソニックモバイルといったメーカー系、その他に自動車修理工場や本田技研工業、日産自動車といった自動車メーカー系の代理店がある。地方には、地元の電器屋、自動車修理工場といった、地域に根づいた代理店もある。代理店には1次代理店、2次代理店、3次代理店、取次店などとあるが、ドコモショップは基本的に1次代理店か2次代理店が行っている。ヨドバシカメラ、ビックカメラといった家電量販店は2次代理店であることが多い。エディオンEAST(旧・エイデン)やノジマのように1次代理店業務を行っている子会社を持ちドコモと直接契約している量販店も存在する。かつては直営店舗も存在したが、現在はドコモ・サービスやドコモ・ビジネスネット等の子会社に移管されている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たらでぃっしゅぼーや

    2012年3月13日 - らでぃっしゅぼーやを公開買い付けにて子会社化。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たLGエレクトロニクス

    LGエレクトロニクス(韓国 略称「L」)NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たソフトバンクモバイル

    同じ頃、J-フォン(現ソフトバンクモバイル)はメール受信無料を強くPRしており、また「受信メールにもパケット料金を課金する」というNTTドコモと同様の仕組みを導入していたau(KDDI/沖縄セルラー電話連合)が2001年1月に「コミコミパック」という無料通信分を含んだ割引プランを導入した。一方、NTTドコモは2001年8月からiモード利用者に対して、迷惑メール対策の一環として毎月400パケットまでは無料とした。また、電波帯域に余裕のあるW-CDMA (FOMA) においては、1パケットの単価を若干下げると共にコミコミパックと同様の「パケットパック」を導入した。2005年11月、新統一料金プラン導入時に同プラン利用者のiモード基本料金を値下げし、毎月の「400パケット無料」を廃止した。また、2008年6月にはiモード基本料金を他社と横並びの月額315円に改定した。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た本田技研工業

    大半の店舗がNTTドコモと代理店契約した会社が運営している。主な代理店にはティーガイア(三井物産・住友商事・三菱商事が出資)やTDモバイル(旧豊通シスコム。豊田通商子会社)、ITCネットワークといった商社系、NECモバイリング・パナソニックモバイルといったメーカー系、その他に自動車修理工場や本田技研工業、日産自動車といった自動車メーカー系の代理店がある。地方には、地元の電器屋、自動車修理工場といった、地域に根づいた代理店もある。代理店には1次代理店、2次代理店、3次代理店、取次店などとあるが、ドコモショップは基本的に1次代理店か2次代理店が行っている。ヨドバシカメラ、ビックカメラといった家電量販店は2次代理店であることが多い。エディオンEAST(旧・エイデン)やノジマのように1次代理店業務を行っている子会社を持ちドコモと直接契約している量販店も存在する。かつては直営店舗も存在したが、現在はドコモ・サービスやドコモ・ビジネスネット等の子会社に移管されている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た日本電信電話株式会社

    日本電信電話株式会社(NTT)の特定子会社(連結子会社)で、NTTを介して日本国政府が20%強を間接所有している。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たNECトーキン

    骨伝導レシーバマイク 01 サウンドリーフ(NECトーキン製)NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

366件中 21 - 30件表示

「NTTドコモ」のニューストピックワード

  • GK土井秀徒

  • 盛岡商業高校出身ということでまた盛岡でプレー出来ることをとても嬉しく思います

  • 2020年に向けたアクセシビリティ向上の取り組み