432件中 51 - 60件表示
  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たフジ・メディア・ホールディングス

    フジテレビ系列(ドコモはフジテレビの持株会社フジ・メディア・ホールディングスの大株主にも名を連ねる)NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たコジマ

    iDはNTTドコモ、三井住友カードの他にも、イオンクレジットやクレディセゾン(セゾン・UC両ブランド)など合計68社が提供を行っており、2009年1月にはおサイフケータイによるiD・iD一体型クレジットカードとiD単体カード(VJAグループ)を併せた発行枚数が1000万枚を突破している。「DCMX」の会員数も同年8月24日付けで1000万人を突破している。iD利用可能な店舗はセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、am/pm、ココストア、デイリーヤマザキといったコンビニエンスストアや、日本マクドナルド、牛角、イオン、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ他多数の店舗で利用が可能である。また日本コカ・コーラの自動販売機であるシーモ2やタクシーなどでも利用できるものがある。対応決済端末台数は現在42万台とSuicaやEdyを超えている。世界でも、2008年7月よりグアム、8月に中華人民共和国上海市でも利用可能になった。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たコネクシオ

    大半の店舗が、NTTドコモと代理店契約した会社が運営している。主な代理店には、ティーガイア(三井物産・住友商事・三菱商事が出資)やMXモバイリング(丸紅グループ)、TDモバイル(旧豊通シスコム。豊田通商子会社)、コネクシオといった商社系、携帯電話メーカー系、その他に、自動車修理工場や本田技研工業、日産自動車といった自動車メーカー系の代理店がある。地方には、地元の電器屋、自動車修理工場といった、地域に根づいた代理店もある。代理店には、1次代理店、2次代理店、3次代理店、取次店などとあるが、ドコモショップは、基本的に1次代理店か2次代理店が行っている。ヨドバシカメラ、ビックカメラといった家電量販店は、2次代理店であることが多い。エディオン(旧・エイデン)やノジマのように、1次代理店業務を行っている子会社を持ち、ドコモと直接契約している量販店も存在する。かつては直営店舗も存在したが、現在はドコモ・サービス(ドコモエンジニアリングに吸収され、現在はドコモCS)やドコモ・ビジネスネット等の子会社に移管されている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た三菱商事

    大半の店舗が、NTTドコモと代理店契約した会社が運営している。主な代理店には、ティーガイア(三井物産・住友商事・三菱商事が出資)やMXモバイリング(丸紅グループ)、TDモバイル(旧豊通シスコム。豊田通商子会社)、コネクシオといった商社系、携帯電話メーカー系、その他に、自動車修理工場や本田技研工業、日産自動車といった自動車メーカー系の代理店がある。地方には、地元の電器屋、自動車修理工場といった、地域に根づいた代理店もある。代理店には、1次代理店、2次代理店、3次代理店、取次店などとあるが、ドコモショップは、基本的に1次代理店か2次代理店が行っている。ヨドバシカメラ、ビックカメラといった家電量販店は、2次代理店であることが多い。エディオン(旧・エイデン)やノジマのように、1次代理店業務を行っている子会社を持ち、ドコモと直接契約している量販店も存在する。かつては直営店舗も存在したが、現在はドコモ・サービス(ドコモエンジニアリングに吸収され、現在はドコモCS)やドコモ・ビジネスネット等の子会社に移管されている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たらでぃっしゅぼーや

    3月13日 -「 らでぃっしゅぼーや」を公開買い付けにて子会社化。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たLGエレクトロニクス

    3月17日 - 韓国のLGエレクトロニクスとLTE-Advanced方式、LTE方式、W-CDMA方式の各規格に関する端末装置にかかる必須特許のライセンス契約を締結。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た日本電信電話

    株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社(NTT)の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た本田技研工業

    大半の店舗が、NTTドコモと代理店契約した会社が運営している。主な代理店には、ティーガイア(三井物産・住友商事・三菱商事が出資)やMXモバイリング(丸紅グループ)、TDモバイル(旧豊通シスコム。豊田通商子会社)、コネクシオといった商社系、携帯電話メーカー系、その他に、自動車修理工場や本田技研工業、日産自動車といった自動車メーカー系の代理店がある。地方には、地元の電器屋、自動車修理工場といった、地域に根づいた代理店もある。代理店には、1次代理店、2次代理店、3次代理店、取次店などとあるが、ドコモショップは、基本的に1次代理店か2次代理店が行っている。ヨドバシカメラ、ビックカメラといった家電量販店は、2次代理店であることが多い。エディオン(旧・エイデン)やノジマのように、1次代理店業務を行っている子会社を持ち、ドコモと直接契約している量販店も存在する。かつては直営店舗も存在したが、現在はドコモ・サービス(ドコモエンジニアリングに吸収され、現在はドコモCS)やドコモ・ビジネスネット等の子会社に移管されている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た自動販売機

    1997年からパソコンから電子メール網 (SMTP) を経由してメッセージを送信するアプリケーション、占い・天気予報・ニュースなどのプッシュ型情報配信サービス(タクシーや自動販売機の電光掲示板配信にも応用)や、“帰宅や連絡を促す”定型文(シンプルネクスト)のみに対応した子供向け端末「キッズベル」の発売、1999年には発信者課金で基本料不要の「ゼロニード」(02DO/020発信電話)のサービスも開始され、テレビCMもiモード登場後の02DOサービスインまで行われていた(「キッズベル」を除き、東京テレメッセージでも同等のサービスが近年まで提供されていた。)。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たYOZAN

    NTTドコモの撤退により現在はテレメッセージグループだった沖縄テレメッセージと東京テレメッセージ(2代目:2008年10月1日にYOZANから会社分割)がポケットベル事業を行っている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

432件中 51 - 60件表示

「NTTドコモ」のニューストピックワード