366件中 51 - 60件表示
  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た三菱商事

    大半の店舗がNTTドコモと代理店契約した会社が運営している。主な代理店にはティーガイア(三井物産・住友商事・三菱商事が出資)やTDモバイル(旧豊通シスコム。豊田通商子会社)、ITCネットワークといった商社系、NECモバイリング・パナソニックモバイルといったメーカー系、その他に自動車修理工場や本田技研工業、日産自動車といった自動車メーカー系の代理店がある。地方には、地元の電器屋、自動車修理工場といった、地域に根づいた代理店もある。代理店には1次代理店、2次代理店、3次代理店、取次店などとあるが、ドコモショップは基本的に1次代理店か2次代理店が行っている。ヨドバシカメラ、ビックカメラといった家電量販店は2次代理店であることが多い。エディオンEAST(旧・エイデン)やノジマのように1次代理店業務を行っている子会社を持ちドコモと直接契約している量販店も存在する。かつては直営店舗も存在したが、現在はドコモ・サービスやドコモ・ビジネスネット等の子会社に移管されている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た日立国際電気

    日立国際電気(略称「KO」)NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た自動販売機

    1997年からパソコンから電子メール網 (SMTP) を経由してメッセージを送信するアプリケーション、占い・天気予報・ニュースなどのプッシュ型情報配信サービス(タクシーや自動販売機の電光掲示板配信にも応用)や、“帰宅や連絡を促す”定型文(シンプルネクスト)のみに対応した子供向け端末「キッズベル」の発売、発信者課金で基本料不要の「ゼロニード」(02DO/020発信電話)のサービスも開始され、テレビCMもiモード登場後の02DOサービスインまで行われていた(「キッズベル」を除き、東京テレメッセージでも同等のサービスが近年まで提供されていた。)。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たYOZAN

    NTTドコモの撤退により現在はテレメッセージグループだった沖縄テレメッセージと東京テレメッセージ(2代目:2008年10月1日にYOZANから会社分割)がポケットベル事業を行っている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た無線呼出

    1968年(昭和43年)に日本電信電話公社が移動体通信サービスポケットベルを開始したのがNTTドコモの起源となる。電電公社民営化後の1990年、日本政府の措置として日本電信電話株式会社から移動通信事業の分社化が決定し、1993年7月の分社化とともに「NTTドコモ」のブランドでサービスを行なっている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た第3.9世代移動通信システム

    現在は、W-CDMA・HSPAを用いた「FOMA」(第3・第3.5世代移動通信システム、2001年サービス開始)、LTEを用いた「Xi」(第3\.9世代移動通信システム、2010年サービス開始)による携帯電話事業を中心として各種事業を展開している。かつて手がけていた「PHSサービス」は2008年1月7日、またPDCを用いた「mova」「DoPa」(第2世代移動通信システム)は2012年3月31日にサービスを終了した。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たマルチメディア放送

    2009年1月9日 - 「携帯端末向けマルチメディア放送」事業を行う「マルチメディア放送株式会社(現mmbi)」を設立。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た日本電信電話公社

    1968年(昭和43年)に日本電信電話公社が移動体通信サービスポケットベルを開始したのがNTTドコモの起源となる。電電公社民営化後の1990年、日本政府の措置として日本電信電話株式会社から移動通信事業の分社化が決定し、1993年7月の分社化とともに「NTTドコモ」のブランドでサービスを行なっている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たフォーミュラ・ニッポン

    ダンディライアン・レーシング(1993年 - 、現在「DOCOMO TEAM DANDELION RACING」としてフォーミュラ・ニッポンに参戦)NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たコンビニエンスストア

    iDはNTTドコモ、三井住友カードの他にも、イオンクレジットやクレディセゾン(セゾン・UC両ブランド)など合計68社が提供を行っており、2009年1月にはおサイフケータイによるiD・iD一体型クレジットカードとiD単体カード(VJAグループ)を併せた発行枚数が1000万枚を突破している。「DCMX」の会員数も同年8月24日付けで1000万人を突破している。iD利用可能な店舗はセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、am/pm、ココストア、デイリーヤマザキといったコンビニエンスストアや、日本マクドナルド、牛角、イオン、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ他多数の店舗で利用が可能である。また日本コカ・コーラの自動販売機であるシーモ2やタクシーなどでも利用できるものがある。対応決済端末台数は現在42万台とSuicaやEdyを超えている。海外でも2008年7月よりグアム、8月に中国(上海)でも利用可能になった。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

366件中 51 - 60件表示

「NTTドコモ」のニューストピックワード

  • GK土井秀徒

  • 盛岡商業高校出身ということでまた盛岡でプレー出来ることをとても嬉しく思います

  • 2020年に向けたアクセシビリティ向上の取り組み