366件中 61 - 70件表示
  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た公衆無線LAN

    NTTドコモでは、携帯電話、衛星電話(ワイドスター)に付帯する事業としてインターネットサービスプロバイダ (ISP) 事業を展開している。独自で展開しているのはmopera(モペラ)及びmopera U(モペラユー)である。moperaはNTTドコモの携帯電話(mova、初期のFOMA)やDoPa、衛星電話といった全ての通信でインターネット接続ができるもので、利用料は基本的に無料である。その後通信の高速化、コンテンツの高度化などの影響を受け、データ圧縮やセキュリティー対策のとれるmopera Uを開始している。mopera UはDoPaや衛星電話では利用できず、FOMAに特化している。mopera Uではiモードが使えないドコモのスマートフォンでのプッシュ型電子メールや定額データプランでの接続などができるほか、オプションで公衆無線LANやフレッツ光やフレッツADSLを安価に利用することができる。かつてはドコモ・エーオーエルやドリームネットといったISPも運営していたが、現在は他社への売却やOCNの統合などでmoperaのみである。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たフレッツ光

    NTTドコモでは、携帯電話、衛星電話(ワイドスター)に付帯する事業としてインターネットサービスプロバイダ (ISP) 事業を展開している。独自で展開しているのはmopera(モペラ)及びmopera U(モペラユー)である。moperaはNTTドコモの携帯電話(mova、初期のFOMA)やDoPa、衛星電話といった全ての通信でインターネット接続ができるもので、利用料は基本的に無料である。その後通信の高速化、コンテンツの高度化などの影響を受け、データ圧縮やセキュリティー対策のとれるmopera Uを開始している。mopera UはDoPaや衛星電話では利用できず、FOMAに特化している。mopera Uではiモードが使えないドコモのスマートフォンでのプッシュ型電子メールや定額データプランでの接続などができるほか、オプションで公衆無線LANやフレッツ光やフレッツADSLを安価に利用することができる。かつてはドコモ・エーオーエルやドリームネットといったISPも運営していたが、現在は他社への売却やOCNの統合などでmoperaのみである。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た中国

    iDはNTTドコモ、三井住友カードの他にも、イオンクレジットやクレディセゾン(セゾン・UC両ブランド)など合計68社が提供を行っており、2009年1月にはおサイフケータイによるiD・iD一体型クレジットカードとiD単体カード(VJAグループ)を併せた発行枚数が1000万枚を突破している。「DCMX」の会員数も同年8月24日付けで1000万人を突破している。iD利用可能な店舗はセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、am/pm、ココストア、デイリーヤマザキといったコンビニエンスストアや、日本マクドナルド、牛角、イオン、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ他多数の店舗で利用が可能である。また日本コカ・コーラの自動販売機であるシーモ2やタクシーなどでも利用できるものがある。対応決済端末台数は現在42万台とSuicaやEdyを超えている。海外でも2008年7月よりグアム、8月に中国(上海)でも利用可能になった。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たCmode

    iDはNTTドコモ、三井住友カードの他にも、イオンクレジットやクレディセゾン(セゾン・UC両ブランド)など合計68社が提供を行っており、2009年1月にはおサイフケータイによるiD・iD一体型クレジットカードとiD単体カード(VJAグループ)を併せた発行枚数が1000万枚を突破している。「DCMX」の会員数も同年8月24日付けで1000万人を突破している。iD利用可能な店舗はセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、am/pm、ココストア、デイリーヤマザキといったコンビニエンスストアや、日本マクドナルド、牛角、イオン、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ他多数の店舗で利用が可能である。また日本コカ・コーラの自動販売機であるシーモ2やタクシーなどでも利用できるものがある。対応決済端末台数は現在42万台とSuicaやEdyを超えている。海外でも2008年7月よりグアム、8月に中国(上海)でも利用可能になった。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た総務省

    2009年2月6日、総務省は携帯電話不正利用防止法に違反した携帯電話販売代理店アスカプランニング(株)に是正を命じるとともに、監督義務を負うKDDI、NTTドコモに対して監督を徹底するよう指導した。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た音楽配信

    1998年にNTTパーソナルよりPHS事業の譲渡を受け、事業展開を行っていた。NTTドコモの携帯電話事業と競合を極力避けるため、音声通信よりもデータ通信や位置情報端末、パッセージといわれるPHSを使った構内内線や家庭内内線などといった分野に力を入れていった。2000年ごろはパームやザウルス、Windows CE端末といった携帯情報端末 (PDA) が全盛期ということもあり、それにあわせたコンパクトフラッシュタイプのデータ通信端末を中心に契約数を伸ばし、ピーク時には200万以上の契約数で市場占有率2位であった。2001年前半にFOMA等に先駆けてマルチメディアサービスM-Stage(音楽配信・動画配信)も行われていた。しかし事業自体は赤字が続き、2003年に@FreeDという定額データ通信サービスを開始。一時期は収益が持ち直したが、競合するDDIポケットがAir H"サービスを開始し、端末と料金設定が充実した2005年頃からはFOMAサービスとデータ通信や構内内線 (PASSAGE DUPLE) 事業が競合し始めた事や、設備の老朽化により事業継続のメリットが少なくなってきた。PHS事業を手がける3大グループの中のアステルグループが2002年より一部地域会社で撤退が始まり(2006年12月にアステルとしてのサービスは全て終了)、ドコモPHSの動向が注目されていた。2005年4月30日を以て新規加入を停止、2008年1月7日24時をもって全てのサービスを終了した。ドコモPHSの利用者はFOMAへの移行優遇措置やウィルコムへの斡旋等を行った。これによりPHSの全国サービスを展開し存続する事業者は、ウィルコムグループのみとなる。NTTグループ全体としてみても、通信分野部門単位で初めて他事業者に市場を明け渡した。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たSolaris

    主な基幹システムとして、経営管理システム「DREAMS」、顧客管理システム「ALADIN」、料金システム「MoBills」の3つがある。これらは全てオラクルのデータベースを採用している。使用されているサーバーはUNIX系Solaris、そしてWindowsサーバーであるが、使用割合(台数)は後者の方が多い。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たETC

    NTTドコモはもともとドコモカードというクレジットカードを提供していた。おサイフケータイでのクレジットカードサービスの促進、さらに新たな収益確保の一環として2005年12月1日より三井住友カードに出資し、非接触型クレジットカードである「iD」サービスを始めた。NTTドコモも独自のiD対応クレジットカードとして「DCMX」(2006年5月26日サービス開始)の発行を行っている。iDに加え、DCMXカード(VISA/Masterブランドのクレジットカード)でもショッピングやキャッシングの利用が可能。ETCカードも発行されている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たスマートフォン

    2010年9月にはスマートフォンでもiモードのメールアドレスなどが利用できる「spモード」がサービス開始になった。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たカーナビゲーション

    2010年11月19日 - ポータブルナビゲーション向け情報提供サービス「ドコモ ドライブネット」を開始。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

366件中 61 - 70件表示

「NTTドコモ」のニューストピックワード