366件中 71 - 80件表示
  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たパーキングエリア

    その他に docomo Wi-Fi(ドコモ ワイファイ)という公衆無線LANサービスを提供している。かつては Mzone(エムゾーン)の名前でサービスを展開していたが、2012年3月1日より現在の名前に変更された。回線契約者向けに前述のmopera Uの公衆無線LANのオプションサービスやスマートフォン向けのspモードの公衆無線LANオプションサービスとしてdocomo Wi-Fiの公衆無線LANサービスを提供しているが、NTTドコモの回線契約がなくても、docomo Wi-Fiのサービスを単体で契約して利用することができる(利用料はmopera Uやspモードの公衆無線LANのオプションよりは割高)。提供エリアは日本の有料で提供される公衆無線LANのなかでは最大で、飲食店、駅、空港、複合ビル、ホテル、パーキングエリアなど、全国4,600エリア、8,900アクセスポイントで利用することができる。(2012年4月1日時点)NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た天気予報

    1997年からパソコンから電子メール網 (SMTP) を経由してメッセージを送信するアプリケーション、占い・天気予報・ニュースなどのプッシュ型情報配信サービス(タクシーや自動販売機の電光掲示板配信にも応用)や、“帰宅や連絡を促す”定型文(シンプルネクスト)のみに対応した子供向け端末「キッズベル」の発売、発信者課金で基本料不要の「ゼロニード」(02DO/020発信電話)のサービスも開始され、テレビCMもiモード登場後の02DOサービスインまで行われていた(「キッズベル」を除き、東京テレメッセージでも同等のサービスが近年まで提供されていた。)。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たBeeTV

    2009年5月1日 - 携帯電話放送局BeeTVをエイベックスと共同で開局(エイベックス通信放送)。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た無線通信

    株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(NTTドコモ、英文社名:NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たニューヨーク証券取引所

    2002年3月1日 - ロンドン証券取引所及びニューヨーク証券取引所上場。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た嵐山

    2006年6月 - 京都府嵐山に1999年設置した鉄塔について、文化財保護法に基づく事前の届出を行っていなかった。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た船舶

    ワイドスターは赤道上空36,000Kmにある2機の静止軌道衛星 (N-STAR) を使った公衆通話サービスである。2010年5月末時点で、38,100契約である。利用可能エリアは日本の領土・領海・経済水域のうち、正午ごろに太陽を見渡せる場所を全てカバーする。主に山小屋、船舶といった携帯電話や固定電話の届きにくい場所で利用されている。2004年3月まで、航空機内においてもサービスが提供されていた。衛星軌道が遠いため、0.2秒程度音声に遅延が発生する。また通信に高出力が必要であるため、電話機は最小の可搬型で1.7Kgである。主に可搬型、車両型、船舶型の3形態である。車両型・船舶型は常に静止衛星にアンテナが向くよう、自動追尾アンテナを備える。可搬型にはそれ自体に指向性の強いアンテナが内蔵されており、アンテナを南方向に向けることにより通信が可能となる。屋内で利用するため外部アンテナと接続することもできる。割り当て番号は地上系携帯電話と同じで、衛星電話に着信する際の料金体系も地上系携帯電話の料金と同じであるため、世界的な比較でも格安な衛星通信である。地上インフラへの依存度は低く、災害時も輻輳が起こりにくく、下記の2箇所に分散された衛星アップリンク局が同時に被災しない限り通信に支障が生じることは無い(移動予備局への移行も容易)。そのため災害対策機関だけでなく、官公庁や企業でも災害対策用として導入している。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た衛星電話

    ワイドスターは赤道上空36,000Kmにある2機の静止軌道衛星 (N-STAR) を使った公衆通話サービスである。2010年5月末時点で、38,100契約である。利用可能エリアは日本の領土・領海・経済水域のうち、正午ごろに太陽を見渡せる場所を全てカバーする。主に山小屋、船舶といった携帯電話や固定電話の届きにくい場所で利用されている。2004年3月まで、航空機内においてもサービスが提供されていた。衛星軌道が遠いため、0.2秒程度音声に遅延が発生する。また通信に高出力が必要であるため、電話機は最小の可搬型で1.7Kgである。主に可搬型、車両型、船舶型の3形態である。車両型・船舶型は常に静止衛星にアンテナが向くよう、自動追尾アンテナを備える。可搬型にはそれ自体に指向性の強いアンテナが内蔵されており、アンテナを南方向に向けることにより通信が可能となる。屋内で利用するため外部アンテナと接続することもできる。割り当て番号は地上系携帯電話と同じで、衛星電話に着信する際の料金体系も地上系携帯電話の料金と同じであるため、世界的な比較でも格安な衛星通信である。地上インフラへの依存度は低く、災害時も輻輳が起こりにくく、下記の2箇所に分散された衛星アップリンク局が同時に被災しない限り通信に支障が生じることは無い(移動予備局への移行も容易)。そのため災害対策機関だけでなく、官公庁や企業でも災害対策用として導入している。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たau (携帯電話)

    同じ頃、J-フォン(現ソフトバンクモバイル)はメール受信無料を強くPRしており、また「受信メールにもパケット料金を課金する」というNTTドコモと同様の仕組みを導入していたau(KDDI/沖縄セルラー電話連合)が2001年1月に「コミコミパック」という無料通信分を含んだ割引プランを導入した。一方、NTTドコモは2001年8月からiモード利用者に対して、迷惑メール対策の一環として毎月400パケットまでは無料とした。また、電波帯域に余裕のあるW-CDMA (FOMA) においては、1パケットの単価を若干下げると共にコミコミパックと同様の「パケットパック」を導入した。2005年11月、新統一料金プラン導入時に同プラン利用者のiモード基本料金を値下げし、毎月の「400パケット無料」を廃止した。また、2008年6月にはiモード基本料金を他社と横並びの月額315円に改定した。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たフレッツADSL

    NTTドコモでは、携帯電話、衛星電話(ワイドスター)に付帯する事業としてインターネットサービスプロバイダ (ISP) 事業を展開している。独自で展開しているのはmopera(モペラ)及びmopera U(モペラユー)である。moperaはNTTドコモの携帯電話(mova、初期のFOMA)やDoPa、衛星電話といった全ての通信でインターネット接続ができるもので、利用料は基本的に無料である。その後通信の高速化、コンテンツの高度化などの影響を受け、データ圧縮やセキュリティー対策のとれるmopera Uを開始している。mopera UはDoPaや衛星電話では利用できず、FOMAに特化している。mopera Uではiモードが使えないドコモのスマートフォンでのプッシュ型電子メールや定額データプランでの接続などができるほか、オプションで公衆無線LANやフレッツ光やフレッツADSLを安価に利用することができる。かつてはドコモ・エーオーエルやドリームネットといったISPも運営していたが、現在は他社への売却やOCNの統合などでmoperaのみである。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

366件中 71 - 80件表示

「NTTドコモ」のニューストピックワード

  • GK土井秀徒

  • 盛岡商業高校出身ということでまた盛岡でプレー出来ることをとても嬉しく思います

  • 2020年に向けたアクセシビリティ向上の取り組み