366件中 81 - 90件表示
  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たキャラクター

    2005年(平成17年)1月 - ドコモオリジナルキャラクターとして「ドコモダケ」が登場。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た官公庁

    ワイドスターは赤道上空36,000Kmにある2機の静止軌道衛星 (N-STAR) を使った公衆通話サービスである。2010年5月末時点で、38,100契約である。利用可能エリアは日本の領土・領海・経済水域のうち、正午ごろに太陽を見渡せる場所を全てカバーする。主に山小屋、船舶といった携帯電話や固定電話の届きにくい場所で利用されている。2004年3月まで、航空機内においてもサービスが提供されていた。衛星軌道が遠いため、0.2秒程度音声に遅延が発生する。また通信に高出力が必要であるため、電話機は最小の可搬型で1.7Kgである。主に可搬型、車両型、船舶型の3形態である。車両型・船舶型は常に静止衛星にアンテナが向くよう、自動追尾アンテナを備える。可搬型にはそれ自体に指向性の強いアンテナが内蔵されており、アンテナを南方向に向けることにより通信が可能となる。屋内で利用するため外部アンテナと接続することもできる。割り当て番号は地上系携帯電話と同じで、衛星電話に着信する際の料金体系も地上系携帯電話の料金と同じであるため、世界的な比較でも格安な衛星通信である。地上インフラへの依存度は低く、災害時も輻輳が起こりにくく、下記の2箇所に分散された衛星アップリンク局が同時に被災しない限り通信に支障が生じることは無い(移動予備局への移行も容易)。そのため災害対策機関だけでなく、官公庁や企業でも災害対策用として導入している。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たおサイフケータイ

    2004年には「iモードFeliCa」を開始した。愛称は「おサイフケータイ」で、これを基にした「モバイルSuica」のサービスも行われている。「おサイフケータイ」は他社にもライセンスが供与されている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たiモード

    1997年12月開始の10円メールサービス(2008年2月終了)や1999年2月開始の「iモード」サービスが爆発的ヒットとなり、市場占有率を高めた。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たフルブラウザ

    他社に比べ料金プランや端末価格が高額というイメージがあることなどが挙げられる。FOMAでのパケ・ホーダイ(iモード通信を対象としたパケット定額制料金プラン)・パケ・ホーダイフル(iモード通信・フルブラウザを対象としたパケット定額制料金プラン)(パケ・ホーダイダブルのサービス開始に伴い、2008年12月31日をもって新規申込受付を終了)の導入や利用可能エリアの拡大、サービスや端末のバリエーションの強化、家族間通話24時間無料などファミリー割引の強化、料金プランのFOMAとmovaの統一、ファミ割MAX50とひとりでも割引50の導入による料金が高額というイメージの払拭、新料金体系(バリューコース・ベーシックコース)導入に伴う端末の割賦販売の開始、さらなる高速パケット通信規格であるHSDPAの導入、MOAPといったソフトウェアにおける共通プラットフォーム開発などの対抗策を打っている。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た災害用伝言板

    2004年(平成16年)1月17日 - 「iモード災害用伝言版サービス」を開始。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たNOTTV

    2012年4月1日 - ドコモグループのmmbiが、スマートフォン向けマルチメディア放送サービスであるNOTTV放送開始。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たAndroid

    2008年度からは今までドコモが作ったビジネスモデルであるiモードシステムでは開拓しきれなかった分野にも取り組んでいる。2008年度からは1100シリーズ、docomo PRO seriesでWindows Mobile、BlackBerry、Android(Googleケータイ)といったスマートフォンを立て続けに発売した。2010年夏からはスマートフォンを PRO series カテゴリから独立させ「ドコモ スマートフォン」とし、スマートフォン用ISPサービス「spモード」をサービス開始、ワンセグ、おサイフケータイ搭載のスマートフォンの発売を開始し、更に大日本印刷と提携し、同社のスマートフォン向け電子書籍配信サイト「2Dfacto」を立ち上げるなどして販売拡大に取り組んでいる。2011年9月からはタブレット端末を、新たなカテゴリ「ドコモ タブレット」で展開している。また、2011年4月以降に販売する端末は総務相が示すガイドラインに基づきすべてSIMロック解除可能とした。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見た排他的経済水域

    ワイドスターは赤道上空36,000Kmにある2機の静止軌道衛星 (N-STAR) を使った公衆通話サービスである。2010年5月末時点で、38,100契約である。利用可能エリアは日本の領土・領海・経済水域のうち、正午ごろに太陽を見渡せる場所を全てカバーする。主に山小屋、船舶といった携帯電話や固定電話の届きにくい場所で利用されている。2004年3月まで、航空機内においてもサービスが提供されていた。衛星軌道が遠いため、0.2秒程度音声に遅延が発生する。また通信に高出力が必要であるため、電話機は最小の可搬型で1.7Kgである。主に可搬型、車両型、船舶型の3形態である。車両型・船舶型は常に静止衛星にアンテナが向くよう、自動追尾アンテナを備える。可搬型にはそれ自体に指向性の強いアンテナが内蔵されており、アンテナを南方向に向けることにより通信が可能となる。屋内で利用するため外部アンテナと接続することもできる。割り当て番号は地上系携帯電話と同じで、衛星電話に着信する際の料金体系も地上系携帯電話の料金と同じであるため、世界的な比較でも格安な衛星通信である。地上インフラへの依存度は低く、災害時も輻輳が起こりにくく、下記の2箇所に分散された衛星アップリンク局が同時に被災しない限り通信に支障が生じることは無い(移動予備局への移行も容易)。そのため災害対策機関だけでなく、官公庁や企業でも災害対策用として導入している。NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ

    NTTドコモから見たキッザニア東京

    キッザニア東京 - 携帯電話ショップパビリオンを出典NTTドコモ フレッシュアイペディアより)

366件中 81 - 90件表示

「NTTドコモ」のニューストピックワード