前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
110件中 1 - 10件表示
  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    第52回 竹舛和也(投手:東京都・電電東京都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 村上純平

    村上純平から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    2012年、第83回都市対抗野球大会では、NTT東日本に自身3度目の補強選手に選ばれ4番DHでベスト4に貢献した。村上純平 フレッシュアイペディアより)

  • NTT関東硬式野球部

    NTT関東硬式野球部から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    その後、NTTグループの再編に伴い1月にNTT東京硬式野球部を『NTT東日本硬式野球部』に、NTT関西硬式野球部を『NTT西日本硬式野球部』にそれぞれ改称し、社内の各野球部はそのどちらかに統合されることが決まった。多くの他支社チームはクラブチーム化し存続したのに対し、当チームはシーズンをもって解散することとなった。NTT関東硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • NTT東日本船橋グラウンド

    NTT東日本船橋グラウンドから見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    NTT東日本船橋グラウンド(エヌティティひがしにほんふなばしグラウンド)は、千葉県船橋市にある野球場である。その名のとおり、NTT東日本硬式野球部の練習場として利用されているほか、オープン戦が行われている。公認野球規則で定められた規格を満たしていないが、当該規定の施行前に竣工した球場であるため、公式戦を開くことも可能であり、実際に第2回全日本クラブ野球選手権の会場として使用されたこともある。NTT東日本船橋グラウンド フレッシュアイペディアより)

  • NTTグループ九州野球クラブ

    NTTグループ九州野球クラブから見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    、NTTグループの再編に伴ってNTTの企業保有チームはNTT東日本とNTT西日本の2チームのみになり、同年1月にグループ内の各野球部は統廃合される事が決まった。これに対して同部はクラブチームとしての存続を申し出て、活動を続けることになった。同年は、前年で休部したニコニコドーや大仙から主力選手を獲得し、27年ぶりにJABA九州大会で優勝。都市対抗にも5年ぶりに出場した。都市対抗後に『NTT西日本九州硬式野球倶楽部』にチーム名を改称し、1日の練習時間も5時間から3時間に減少したが、クラブチームとして史上初の日本選手権出場を達成した。NTTグループ九州野球クラブ フレッシュアイペディアより)

  • NTT北海道 (野球チーム)

    NTT北海道 (野球チーム)から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    、NTTグループの再編に伴ってNTTの企業保有チームはNTT東日本とNTT西日本の2チームのみになり、同年1月にグループ内の各野球部はどちらかに統廃合される事が決まった。これに伴い、チームは同年の都市対抗野球で敗退した後、登録種別を企業チームからクラブチームに変更し、チーム名を『NTT北海道硬式野球倶楽部』に改称し活動を続けることになった。NTT北海道 (野球チーム) フレッシュアイペディアより)

  • NTT北陸

    NTT北陸から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    6月、NTTグループの再編および北陸支社の廃止に伴い、翌1月にNTT東京硬式野球部を『NTT東日本硬式野球部』に、NTT関西硬式野球部を『NTT西日本硬式野球部』にそれぞれ改称し、社内の各野球部はそのどちらかに統合されることが決まった。当チームも、NTT西日本に統合され年内で廃部になる事が決まった。しかし、存続を求める声が県野球連盟などからも上がり、同年12月に翌年の都市対抗野球終了まで企業チームとして存続し、以降は会社の支援のないクラブチームとして活動を続ける事が決まった。NTT北陸 フレッシュアイペディアより)

  • 黒紙義弘

    黒紙義弘から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    広島県に生まれる。崇徳高等学校では県内屈指の左腕投手として知られた。秋季中国大会県予選準決勝に進むが、達川光男らのいた広島商に敗退。翌春季中国大会県予選でも準決勝に進むが、後に大学同期となるエース竹桝和也(電電東京)を擁する広陵高に敗れる。黒紙義弘 フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本名古屋野球クラブ

    NTT西日本名古屋野球クラブから見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    NTTグループの再編に伴い、1月にNTT東日本硬式野球部とNTT西日本硬式野球部が設立され、社内の各野球部はどちらかに統合される事が決まった。このため東海野球部からは5人が西日本野球部に移籍し、30人いた部員は20人まで減少した。しかし廃部にはせず、同年10月より会社の支援のないクラブチームとして活動を続けることになり、チーム名を『NTT西日本名古屋野球クラブ』に改称した。NTT西日本名古屋野球クラブ フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本中国野球クラブ

    NTT西日本中国野球クラブから見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    本体の再編にともない1月にNTT東日本硬式野球部とNTT西日本硬式野球部が設立され、社内の各野球部はそのどちらかに統合されることが決まった。このため中国野球部からは3人が西日本野球部に移籍し、26人いた部員は21人まで減少した。しかし、廃部にすることはせずに、同年秋より会社の支援のないクラブチームとして存続することになり、チーム名を『NTT西日本中国野球クラブ』に改称、練習は平日の午後5時半に退社して7時半からと土曜日の計4日間のみとなった。NTT西日本中国野球クラブ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
110件中 1 - 10件表示

「NTT東日本野球部」のニューストピックワード