77件中 21 - 30件表示
  • 垣野多鶴

    垣野多鶴から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    垣野 多鶴(かきの たづる、1951年6月15日 - )は、野球選手(内野手)・監督。現在は社会人野球・NTT東日本硬式野球部監督。第15回アジア競技大会野球日本代表監督。垣野多鶴 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤章晶

    佐藤章晶から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    卒業後、明治生命(現・明治安田生命)に入社。チームは必ずしも強豪とは呼べない状況だったが、1年目からNTT東日本に都市対抗の補強選手に選出される。にはアテネオリンピック野球日本代表の代表合宿にブルペン捕手として帯同し、裏方としてチームを支えた。3年目のにはシダックスの補強選手として都市対抗に出場している。そしてには東京第3代表の座を勝ちとり、チームにとって24年ぶり、社名変更後では初となる都市対抗本大会出場を果たした。佐藤章晶 フレッシュアイペディアより)

  • 関東選抜リーグ (社会人野球)

    関東選抜リーグ (社会人野球)から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    第5回(1984年) 電電東京関東選抜リーグ (社会人野球) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤龍一郎

    佐藤龍一郎から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    保原高校から東京農業大学へ進学し、1972年ドラフト会議で大洋ホエールズから6位指名を受けるが一時拒否し、1973年に電電東京へ1年間入社した後の1974年に入団。佐藤龍一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1983年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    71選手の交渉権が確定した。ロッテ3位指名の長冨は入団を拒否して電電関東に進んだ。入団拒否選手が1人になったのは過去最少記録である。(なお、長冨も2年後に広島のドラフト1位指名を受けて入団したため、この年指名された選手は全員がプロ入りしたことになる。)1983年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 第52回都市対抗野球大会

    第52回都市対抗野球大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    大会を制したのは東京都・電電東京。金属バット使用3シーズン目で各チームが打撃に力を入れているのとは対照的に投手力を磨いて、5試合で打率.247、2本塁打ながらわずか5失点でトーナメントを勝ち上がり、初優勝となった。東京都チームの優勝は第37回大会の熊谷組以来15年ぶり。第52回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第56回都市対抗野球大会

    第56回都市対抗野球大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    電電公社の民営化に伴い、全国に11チームある電電公社チームがすべて「NTT○○」という名称に変更された。このうち東京、信越、東海、中国、四国、九州の6チームが本大会出場を果たし、新生「NTT」チームをお披露目した。第56回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第64回都市対抗野球大会

    第64回都市対抗野球大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    中村大伸(熊谷組(NTT東京))第64回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第81回都市対抗野球大会

    第81回都市対抗野球大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    東京第3 東京都・NTT東日本(2年連続35回目)第81回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第26回社会人野球日本選手権大会

    第26回社会人野球日本選手権大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    NTTの大再編に伴い、NTT東日本、NTT西日本以外のチームはクラブ化。NTT四国の連続出場は16年で止まった。第26回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

77件中 21 - 30件表示

「NTT東日本野球部」のニューストピックワード