110件中 31 - 40件表示
  • 第70回都市対抗野球大会

    第70回都市対抗野球大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    NTTの再編により、この年から各地11箇所に点在していたNTTチームはNTT東日本とNTT西日本にまとめられる予定であったが、70回の記念大会を開催するにあたり、日本野球連盟が1年限り各地方のチームを残してほしいと要望し、NTT側もこれを受け入れたため、NTT東京から衣替えしたNTT東日本とNTT関西から衣替えしたNTT西日本以外の9チームは本社支援を受ける最後の大会となった。このうちNTT北海道、NTT北陸、NTT九州が予選を突破して本大会に出場した。一方でNTT東日本は危なげなく東京第1代表となったが、NTT西日本は予選で敗退した。第70回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚佳寛

    飯塚佳寛から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    宇都宮学園高校(現:文星芸大附属高校)では1962年、夏の甲子園栃木県予選準決勝に進出するが、同年に甲子園で春夏連覇することとなる作新学院に大敗。高校卒業後は、鷺宮製作所に進む。1968年の都市対抗に電電東京の補強選手として出場、2回戦で河合楽器に延長10回サヨナラ負けを喫するが、適時打を放つなど活躍した。同年、ドラフト会議で東京オリオンズ(翌年より、ロッテオリオンズに改称)からの14位指名を受け、入団。飯塚佳寛 フレッシュアイペディアより)

  • 第79回都市対抗野球大会

    第79回都市対抗野球大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    北道貢(鷺宮製作所(NTT東日本))第79回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第42回社会人野球日本選手権大会

    第42回社会人野球日本選手権大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    ベーブルース杯で中日ドラゴンズのファームが優勝したため、準優勝のNTT東日本が所属する関東地区の最終予選枠が1枠増。第42回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第64回都市対抗野球大会

    第64回都市対抗野球大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    中村大伸(熊谷組(NTT東京))第64回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第71回都市対抗野球大会

    第71回都市対抗野球大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    前回大会まで全国各地に点在していたNTT関連チームがNTT東日本、NTT西日本に統合され、各地の予選の版図が大きく変わった。ほとんどのチームはクラブチーム化されたが、主力が東日本・西日本チームに吸収されたため、予選敗退するチームが続出。しかも当のNTT東日本、NTT西日本も予選で敗れたことから、NTT関連チームが全滅という事態に。第71回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第56回都市対抗野球大会

    第56回都市対抗野球大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    電電公社の民営化に伴い、全国に11チームある電電公社チームがすべて「NTT○○」という名称に変更された。このうち東京、信越、東海、中国、四国、九州の6チームが本大会出場を果たし、新生「NTT」チームをお披露目した。第56回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第51回都市対抗野球大会

    第51回都市対抗野球大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    内田正美投手(東芝府中(電電東京))第51回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 宮寺勝利

    宮寺勝利から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    日体荏原高校では1958年に夏の甲子園都予選で5回戦まで進出するが、明治高に敗退。高校卒業後は東洋大学に進学。東都大学リーグでは、高校同期の広沢忠雄(電電東京)とバッテリーを組み、1961年秋季二部リーグで優勝。入替戦で専大を降し、1962年春季リーグから一部リーグへの初昇格を果たす。同季は三沢今朝治(駒大)に次ぐ、リーグ2位の打率.409を記録し、ベストナイン(捕手)にも選出された。宮寺勝利 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本硬式野球部

    JR東日本硬式野球部から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    2005年シーズンから、三菱自動車岡崎を率いていた堀井哲也が監督に就任しチームの底上げに成功した。2005年以降、都市対抗野球大会では4回決勝戦に進出している。2011年、第82回都市対抗野球大会で同じ東京都勢のNTT東日本を決勝で破り、初優勝を飾った。翌年の第83回大会では大会50年ぶりとなる連覇を目指したが決勝で敗れた。JR東日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

110件中 31 - 40件表示

「NTT東日本野球部」のニューストピックワード