110件中 61 - 70件表示
  • 細山田武史

    細山田武史から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    翌の第87回都市対抗野球では正捕手として全試合に出場。早稲田大学の先輩でエースの佐竹功年投手を中心とした投手陣を好リードで引っ張り、打っては準々決勝の対東京都(NTT東日本)戦で延長10回裏にサヨナラ打を放つなど攻守共に活躍、豊田市(トヨタ自動車硬式野球部)の都市対抗野球大会初制覇に大きく貢献した。なお同年の学生野球資格回復研修を受講した上で、翌2月7日に日本学生野球協会より学生野球資格回復の適性認定を受けたことにより、学生野球選手への指導が可能となった。第28回BFAアジア選手権の代表(捕手)に選ばれた。細山田武史 フレッシュアイペディアより)

  • 萬谷康平

    萬谷康平から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    から、クラブチームのミキハウスREDSに入部。の都市対抗予選で、企業チーム・ニチダイ相手に好投し注目を集めた。この年ミキハウスREDSは京都・奈良・滋賀予選で姿を消したが、萬谷は予選での好投が評価され、近畿第3代表となった日本生命の補強選手に選ばれた。そして本戦ではチーム3試合目の準々決勝(対NTT東日本戦)で先発マウンドに立った(4回途中降板、自責点1。1)。萬谷康平 フレッシュアイペディアより)

  • 木村優太

    木村優太から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    2003年のドラフトでは、早くから広島東洋カープに1巡目指名を確約されていたが、社会人野球の東京ガスに入部。2005年まで成績を残せなかったが、第76回都市対抗野球大会でNTT東日本の補強選手に選ばれた。木村優太 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    優勝:NTT東日本(7年ぶり5回目)2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本体育大学硬式野球部

    日本体育大学硬式野球部から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    中村大伸 - 元社会人野球NTT東京選手(外野手)、アトランタオリンピック代表選手日本体育大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の野球

    2017年の野球から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    決勝:NTT東日本硬式野球部(東京都)10?4日本通運(さいたま市)(36年ぶり2回目)。2017年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 東邦ガス硬式野球部

    東邦ガス硬式野球部から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    、東海地区第6代表として61年ぶり3回目となる都市対抗野球への出場を決めた。本戦では、1回戦でNTT東日本に5-7で敗れた。東邦ガス硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 第43回社会人野球日本選手権大会

    第43回社会人野球日本選手権大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    都市対抗野球からは36年ぶりの優勝を果たしたNTT東日本が、クラブ野球選手権からは4度目の優勝を果たした和歌山箕島球友会が本戦出場を決めた。第43回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 関根知雄

    関根知雄から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    卒業後は日本ビールに進む。1962年の都市対抗に出場し、1回戦では電電近畿と対決。日本ビールは小川健太郎(立正佼成会から補強)から角谷隆らに継投、電電近畿はエース永易将之が好投して延長22回まで共に無得点のまま進み、大会史上最長記録の熱戦となるが、太田誠(電電東京から補強)のサヨナラ本塁打で日本ビールがこの試合を制する。2回戦でも東洋高圧大牟田を破り、準々決勝では本塁打を放つが、日本通運名古屋に敗退。関根知雄 フレッシュアイペディアより)

  • 今関勝

    今関勝から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    武相高校時代に部員によるいじめにあい、1年で中退して大楠高校へ転校。70回大会2回戦では、2年生エースとして優勝候補の横浜高校と対戦。主砲の鈴木尚典に本塁打を打たれる。高校3年時は年齢制限のためWIEN BASEBALL CLUBでプレーし、その後NTT東京に所属、1992年のドラフト3位で日本ハムに入団。今関勝 フレッシュアイペディアより)

110件中 61 - 70件表示

「NTT東日本野球部」のニューストピックワード