110件中 71 - 80件表示
  • 有賀佳弘

    有賀佳弘から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    大学卒業後は、日産自動車に進む。1980年の都市対抗に東芝に補強され出場するが、1回戦で電電九州の山内孝徳投手を崩せず敗退。翌1981年の都市対抗も東芝の補強選手として連続出場、2回戦では延長11回にサヨナラ本塁打を放ち日本楽器を降す。準々決勝でも日本通運から決勝本塁打を放つなど、打の中心として活躍。決勝に進出し、電電東京と対戦するが2-3で惜敗、準優勝にとどまった。この時のチームメートにエースの黒紙義弘をはじめ青島健太、菊地恭一らがいる。有賀佳弘 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋紘

    土屋紘から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    大学卒業後は電電東京へ入社。1967年の都市対抗では、2回戦で山田久志を擁する富士鐵釜石を完封するなど2勝をあげ、準決勝に進出する。準決勝では日本石油の平松政次投手と投げ合い1-2で惜敗したが、優秀選手賞を受賞した。1967年ドラフト会議で中日ドラゴンズから1位指名を受け入団。土屋紘 フレッシュアイペディアより)

  • 与田剛

    与田剛から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    亜細亜大学時代は故障が多く、登板機会はほとんどなかった。(。しかし、NTT東京時代に150km/hを超える剛速球が注目され、全日本代表メンバーに抜擢。与田剛 フレッシュアイペディアより)

  • 山田久志

    山田久志から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    卒業後、社会人野球の富士製鐵釜石に入社。投法をサイドスローからアンダースローに変えた(ただし、本人はインタビューの中で「オーバースローの体勢のまま上半身を斜めにしただけであって、純然たるアンダースローではない」と述べている)。の都市対抗に出場、1回戦で優勝候補の日本生命を完封し注目を集める。しかし、2回戦では電電東京の土屋紘と投げ合い敗退した。これを含め、都市対抗には3年連続で出場。山田久志 フレッシュアイペディアより)

  • 上野貴久

    上野貴久から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    大学卒業後はNTT東日本に入社、同社硬式野球部に所属。の都市対抗では、予選で3勝、本戦で1勝をあげた。同年の大学生・社会人ドラフト会議で読売ジャイアンツから3巡目指名を受け入団(契約金1億円、年俸1500万円)。上野貴久 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道5強

    北海道5強から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    に創部。若松勉など名選手を輩出していたが、にNTTが全国に散在していたチームをNTT東日本とNTT西日本にまとめることとなり、北海道チームは東日本に統合された。しかし、東日本チームに入団できなかった選手を中心にクラブチーム化の動きが強まり、日本野球連盟への登録をクラブ登録に変更してチームを継続。しかし選手の高齢化などからチーム力の維持が困難となり、シーズン限りで解散した。北海道5強 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木孝政

    鈴木孝政から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    蓮沼小学校、蓮沼中学校から成東高校へ進学、中学時代はサイドスローだったが高校ではオーバースローに変更。鵜沢達雄の後継として、速球を武器に1年秋からエースの座に着く。2年時の1971年には夏の甲子園県予選を勝ち抜き、東関東大会準決勝に進む。しかし練習時に負傷し、先発を控えの及川投手に譲りリリーフに回るが、竜ヶ崎一高に1-2で惜敗した。翌1972年の春季関東大会では準決勝で日大三高の待井昇に投げ勝つ。しかし決勝では登板せず、後にプロで同僚となる田野倉利男のいた早実高に敗退し準優勝にとどまる。同年夏は県予選準決勝で銚子商の根本隆と投げ合い0-1で完封負け、甲子園には出場できなかった。高校同期に青木康彰中堅手(専大 - 電電東京)がいる。鈴木孝政 フレッシュアイペディアより)

  • 永淵洋三

    永淵洋三から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    その後、東芝に入社し、小柄ながら実戦的な投手兼外野手として活躍する。の都市対抗に出場。1回戦では代打で本塁打を放ち、打撃面で注目される。準々決勝ではこの大会に優勝した熊谷組を相手に先発するが、打ち込まれ降板、結局は9回逆転サヨナラ負けを喫する。この時のチームメートに二宮忠士がいる。の都市対抗にも日本コロムビアの補強選手として出場。五番打者として活躍し、準々決勝では先発を任せられるが電電東京に敗退。永淵洋三 フレッシュアイペディアより)

  • 福田周平 (野球)

    福田周平 (野球)から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    社会人野球のNTT東日本に入社すると、1年目の2015年から遊撃手のレギュラーを獲得。2年目の都市対抗野球では11打数6安打7打点と活躍したが、同年のドラフト会議では指名漏れに終わった。3年目の都市対抗では20打数11安打の成績で優勝に貢献し、最優秀選手賞に相当する橋戸賞を受賞した。同年の第28回アジア野球選手権大会の日本代表にも選出された。福田周平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 第82回都市対抗野球大会

    第82回都市対抗野球大会から見たNTT東日本硬式野球部NTT東日本硬式野球部

    決勝戦の先発はNTT東日本が小石博孝、JR東日本が十亀剣であったが、先に行われたプロ野球ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから小石は2位、十亀は1位で指名されていた。同一球団から指名されたドラフトの1位と2位が全国大会の決勝で投げ合うという非常に珍しい出来事であった。第82回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

110件中 71 - 80件表示

「NTT東日本野球部」のニューストピックワード