前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示
  • NTT西日本名古屋野球クラブ

    NTT西日本名古屋野球クラブから見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    NTTグループの再編に伴い、1月にNTT東日本硬式野球部とNTT西日本硬式野球部が設立され、社内の各野球部はどちらかに統合される事が決まった。このため東海野球部からは5人が西日本野球部に移籍し、30人いた部員は20人まで減少した。しかし廃部にはせず、同年10月より会社の支援のないクラブチームとして活動を続けることになり、チーム名を『NTT西日本名古屋野球クラブ』に改称した。NTT西日本名古屋野球クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の野球

    2005年の野球から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    11月27日 - 第32回社会人野球日本選手権大会最終日が大阪ドームで行われ、決勝戦は史上初の大阪勢同士の対決となり、また、3年連続の延長戦となったが、松下電器がNTT西日本を延長11回に2対1のサヨナラ勝利で、5年ぶり2度目の優勝達成。2005年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • NTT四国硬式野球部

    NTT四国硬式野球部から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    、母体であるNTTグループの再編に伴って四国野球部は廃部となることが決定し、同年1月に若手の主力選手5人が新たに設立されたNTT西日本硬式野球部へと移籍した。同年は残った21人の部員で活動し、26年ぶりにJABA四国大会を制し、6月の都市対抗四国予選をもって活動を終えた。NTT四国硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • NTTグループ九州野球クラブ

    NTTグループ九州野球クラブから見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    、NTTグループの再編に伴ってNTTの企業保有チームはNTT東日本とNTT西日本の2チームのみになり、同年1月にグループ内の各野球部は統廃合される事が決まった。これに対して同部はクラブチームとしての存続を申し出て、活動を続けることになった。同年は、前年で休部したニコニコドーや大仙から主力選手を獲得し、27年ぶりにJABA九州大会で優勝。都市対抗にも5年ぶりに出場した。都市対抗後に『NTT西日本九州硬式野球倶楽部』にチーム名を改称し、1日の練習時間も5時間から3時間に減少したが、クラブチームとして史上初の日本選手権出場を達成した。NTTグループ九州野球クラブ フレッシュアイペディアより)

  • NTT北海道 (野球チーム)

    NTT北海道 (野球チーム)から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    、NTTグループの再編に伴ってNTTの企業保有チームはNTT東日本とNTT西日本の2チームのみになり、同年1月にグループ内の各野球部はどちらかに統廃合される事が決まった。これに伴い、チームは同年の都市対抗野球で敗退した後、登録種別を企業チームからクラブチームに変更し、チーム名を『NTT北海道硬式野球倶楽部』に改称し活動を続けることになった。NTT北海道 (野球チーム) フレッシュアイペディアより)

  • NTT北陸

    NTT北陸から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    6月、NTTグループの再編および北陸支社の廃止に伴い、翌1月にNTT東京硬式野球部を『NTT東日本硬式野球部』に、NTT関西硬式野球部を『NTT西日本硬式野球部』にそれぞれ改称し、社内の各野球部はそのどちらかに統合されることが決まった。当チームも、NTT西日本に統合され年内で廃部になる事が決まった。しかし、存続を求める声が県野球連盟などからも上がり、同年12月に翌年の都市対抗野球終了まで企業チームとして存続し、以降は会社の支援のないクラブチームとして活動を続ける事が決まった。NTT北陸 フレッシュアイペディアより)

  • 第70回都市対抗野球大会

    第70回都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    NTTの再編により、この年から各地11箇所に点在していたNTTチームはNTT東日本とNTT西日本にまとめられる予定であったが、70回の記念大会を開催するにあたり、日本野球連盟が1年限り各地方のチームを残してほしいと要望し、NTT側もこれを受け入れたため、NTT東京から衣替えしたNTT東日本とNTT関西から衣替えしたNTT西日本以外の9チームは本社支援を受ける最後の大会となった。このうちNTT北海道、NTT北陸、NTT九州が予選を突破して本大会に出場した。一方でNTT東日本は危なげなく東京第1代表となったが、NTT西日本は予選で敗退した。第70回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第85回都市対抗野球大会

    第85回都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    戸柱恭孝(大阪ガス(NTT西日本))第85回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本中国野球クラブ

    NTT西日本中国野球クラブから見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    本体の再編にともない1月にNTT東日本硬式野球部とNTT西日本硬式野球部が設立され、社内の各野球部はそのどちらかに統合されることが決まった。このため中国野球部からは3人が西日本野球部に移籍し、26人いた部員は21人まで減少した。しかし、廃部にすることはせずに、同年秋より会社の支援のないクラブチームとして存続することになり、チーム名を『NTT西日本中国野球クラブ』に改称、練習は平日の午後5時半に退社して7時半からと土曜日の計4日間のみとなった。NTT西日本中国野球クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の野球

    2013年の野球から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    4月9日 - 【JABA】第60回JABA静岡大会の準決勝と決勝戦が浜松市営球場で行われ、JR東海が延長11回タイブレーク、3対2で富士重工業に勝利し初優勝。10月28日開幕の日本選手権出場権を獲得した(2大会連続12回目)。また、第42回JABA四国大会最終日、松山中央公園野球場で準決勝・決勝が行われ、決勝ではJR東日本が3対1でNTT西日本に勝利し初優勝。日本選手権出場権を獲得した(2大会連続6回目)。2013年の野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示

「NTT西日本野球部」のニューストピックワード