前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示
  • 佐々木誠 (野球)

    佐々木誠 (野球)から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    佐々木 誠(ささき まこと、1965年10月3日 - )は、岡山県倉敷市出身の元プロ野球選手(外野手)、野球指導者、野球解説者。よりNTT西日本硬式野球部の監督を務めている。佐々木誠 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の野球

    2005年の野球から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    11月27日 - 社会人野球日本選手権大会最終日が大阪ドームで行われ、決勝戦は史上初の大阪勢同士の対決となり、また、3年連続の延長戦となったが、松下電器がNTT西日本を延長11回、2-1のサヨナラゲームで降し、5年ぶり2回目の優勝を飾った。2005年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • KBCホークスナイター

    KBCホークスナイターから見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    しかし、2011年は関東圏のビジター戦の実況を務めた島村俊治(元・NHKアナウンサー)が勇退し、佐々木がNTT西日本硬式野球部コーチに就任したことで出演に制約が生じた(これに伴い、担当は対オリックス戦にほぼ限定される)ことなど、様々な事情が重なったことで自社制作が縮小され、開幕戦や聴取率調査期間などの大事な試合を除いては、現地局からのネット受けもしくは裏送りを主体とした編成となった。また、STVでの放送がない対日本ハム戦のデーゲームでも現地解説者が担当したり、ホークス側のリポーターをKBCから派遣せず現地局のアナウンサーが代わりに担当することも多くなった。ライバル局のRKBも、1年早い2010年から同様の状態となっている。特に2012年はクライマックスシリーズもすべて現地局のネットになった。KBCホークスナイター フレッシュアイペディアより)

  • JABA京都大会

    JABA京都大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    第53回(2001年) NTT西日本JABA京都大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第70回都市対抗野球大会

    第70回都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    NTTの再編により、この年から各地11箇所に点在していたNTTチームはNTT東日本とNTT西日本にまとめられる予定であったが、70回の記念大会を開催するにあたり、日本野球連盟が1年限り各地方のチームを残してほしいと要望し、NTT側もこれを受け入れたため、NTT東京から衣替えしたNTT東日本とNTT関西から衣替えしたNTT西日本以外の9チームは本社支援を受ける最後の大会となった。このうちNTT北海道、NTT北陸、NTT九州が予選を突破して本大会に出場した。一方でNTT東日本は危なげなく東京第1代表となったが、NTT西日本は予選で敗退した。第70回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    第36回 小弓場保投手(大阪・電電近畿(日本生命))都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 浜口春好

    浜口春好から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    徳島県海南高校から電電近畿へ入社。1965年プロ野球ドラフト会議で東映フライヤーズへ3位指名で入団。1968年に近鉄バファローズへ移籍し、同年引退した。浜口春好 フレッシュアイペディアより)

  • 松本安司 (野球)

    松本安司 (野球)から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    卒業後に三菱自動車工業に入社し、三菱名古屋野球部に所属している。1981年の第52回都市対抗野球大会に初めて出場したが、その後ヒジの故障により外野手に転向し、には補強選手として都市対抗に出場。翌は自チームから出場し、はNTT東海の補強選手となっている。1987年の都市対抗では首位打者賞を獲得する活躍でチームのベスト4進出に貢献し、同年には初の社会人ベストナインを受賞した。松本安司 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 第37回都市対抗野球大会

    第37回都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    大会は前回大会で白獅子旗に終わった和歌山市・住友金属が再度黒獅子旗を狙い、準々決勝で前回王者の大阪市・電電近畿を破るなど着実に駒を進める一方、東京都・熊谷組が接戦を次々とものにして勝ち上がり、両者が決勝で対戦した。決勝戦は延長にもつれ込んだが、熊谷組が準々決勝から驚異の3試合連続サヨナラ勝ちで6年ぶりの栄冠に輝いた。第37回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • NTT東日本船橋グラウンド

    NTT東日本船橋グラウンドから見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    もともとは船橋市に本拠地を置いていたNTT関東のホームグラウンドであったが、1999年にNTTが組織大再編を実施したのに伴い、野球部もNTT東日本とNTT西日本に統合することとなり、NTT関東は廃部となった。しかし、選手寮など設備が充実していることから、NTT東京から衣替えしたNTT東日本が船橋の施設を引き続き利用することとなったものである。NTT東日本船橋グラウンド フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示

「NTT西日本野球部」のニューストピックワード