75件中 11 - 20件表示
  • 良川剛浩

    良川剛浩から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    、第63回JABA東京スポニチ大会の対日産自動車戦では、野上亮磨との投げ合いを制してチームに同大会初勝利をもたらし、プロのスカウトから注目を集める存在となった。同年の夏には、NTT西日本の補強選手として第79回都市対抗野球にも出場している(登板機会はなし)。良川剛浩 フレッシュアイペディアより)

  • 郷司裕

    郷司裕から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    1962年第33回都市対抗野球大会 大阪市・電電近畿-東京都・日本ビール(延長22回、5時間27分)で球審。郷司裕 フレッシュアイペディアより)

  • ミスター・ルーキー

    ミスター・ルーキーから見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    さらに、大阪ガス硬式野球部・NTT西日本硬式野球部・三菱自動車京都硬式野球部の社会人野球選手が、阪神・広島東洋カープ・横浜ベイスターズ・ヤクルトスワローズの各球団の選手、コーチらを演じ、リアルな試合シーンを演出した。各選手の背番号は基本的に全て本来の所属チームでの背番号である。なお、当時大阪ガスに所属していた能見篤史は、背番号14の阪神中継ぎ投手を演じたが、後に阪神に入団した際も背番号14が与えられた。ただし、背番号の上の英字名はプロ入団後の「NOHMI」ではなく「NOUMI」であった。ミスター・ルーキー フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本陸上競技部

    NTT西日本陸上競技部から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    1999年7月1日、NTTは4社分割による再編成が行われた。それに伴い全国11支社にあったスポーツチームは過去の実績などを基に再編され、陸上競技部(広島)、硬式野球部(大阪(NTT西日本硬式野球部))、ラグビー部(大阪)、バレーボール(名古屋(男子)と神戸(女子))をNTT西日本本体が支援するシンボルチームとして、ソフトテニス(広島)のうち全日本メンバーをシンボル選手に認定した。そこから外れた各支社のスポーツチームは同好会、クラブチーム化、あるいは休廃部していった。NTT西日本陸上競技部 フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本中国バレーボール部

    NTT西日本中国バレーボール部から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    同年7月1日、NTTは4社分割による再編成が行われた。それに伴い全国11支社にあったスポーツチームは過去の実績などを基に再編され、陸上競技部(広島)・硬式野球部(大阪)・ラグビー部(大阪)・バレーボール(名古屋(男子)と神戸(女子))をNTT西日本本社直轄のシンボルチーム、ソフトテニス(広島)のうち全日本メンバーをシンボル選手に認定した。そこから外れたスポーツチームは支店のスポーツサークル、クラブチーム化、あるいは休廃部していった。NTT西日本中国バレーボール部 フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本レグルス

    NTT西日本レグルスから見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    1999年(平成11年)7月1日、NTTは4社分割による再編成が行われた。それに伴い全国11支社にあったスポーツチームは過去の実績などを基に再編され、男子バレーボール部(レグルス)と女子バレーボール部(神戸)、陸上競技部、硬式野球部、ラグビー部(大阪)をNTT西日本本社直轄のシンボルチーム、ソフトテニス(広島)のうち全日本メンバーをシンボル選手に認定した。そこから外れたスポーツチームは支店のスポーツサークル、クラブチーム化、あるいは休廃部していった。これに伴い、チーム名をNTT東海から「NTT西日本」に改称した。NTT西日本レグルス フレッシュアイペディアより)

  • 山崎隆広

    山崎隆広から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    静岡商高から中部大学へ進学するも中退。その後、社会人野球のNTT東海に入団。後に統廃合にともなってNTT西日本に移籍した。山崎隆広 フレッシュアイペディアより)

  • 岩見優輝

    岩見優輝から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    大阪ガス1年目は都市対抗3回戦の日産戦で先発し、粘りの投球で5回1失点と好投した。秋の日本選手権の東芝戦で7安打無四球で公式戦初完投、初完封勝利。2年目の都市対抗はNTT西日本の補強選手として出場した。岩見優輝 フレッシュアイペディアより)

  • 江藤晴康

    江藤晴康から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    処分の解けた2年目のに14勝。3年目には24勝を挙げ、最多勝利とベストナインのタイトルを獲得。4年目にも11勝するが、この年を境に成績が下降していく。翌は1勝もできず、高橋ユニオンズへ移籍。高橋でも1勝しかできず、には東映フライヤーズへまたも移籍。名前を本名の「江藤晴康」に戻しプレーするが成績を残せず、わずか7年で引退した。引退後は電電公社に入社。社会人野球の電電近畿でコーチも務めた。江藤晴康 フレッシュアイペディアより)

  • 湯舟敏郎

    湯舟敏郎から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    藤村富美男の長男・藤村哲也が監督として率いていた本田技研鈴鹿に入社。1年目からNTT東海の補強選手として都市対抗に出場する活躍を見せるが、野茂英雄を擁する新日鐵堺の前に初戦敗退。同年、野茂らとともに全日本代表に選出されるが、これは後に「あの年の代表ならプロの力を借りずとも世界で戦えただろう」と言われた伝説の最強チームとなった。翌年はエースとしてチームを都市対抗出場に導き、社会人野球日本選手権にも出場。ベスト8進出を果たし、2年連続で全日本代表に選出される。湯舟敏郎 フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示

「NTT西日本野球部」のニューストピックワード

  • ちょっとそれは失礼なのではないですか

  • WOMAN EXPO TOKYO 2016 Winter

  • わたしのキャリアを通して語る女性リーダーの時代、女性が活躍する東京