93件中 11 - 20件表示
  • 2011年の野球

    2011年の野球から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    1月4日 - 【社会人】元福岡ダイエーホークスなどに所属し、前年セガサミーで監督を務めた佐々木誠がNTT西日本の打撃コーチに就任2011年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    第36回 小弓場保(投手:大阪市・電電近畿(日本生命))都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 信越硬式野球クラブ

    信越硬式野球クラブから見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    1999年のNTTグループ再編に伴ってNTTの企業保有チームはNTT東日本とNTT西日本の2チームに限られたため、同年7月26日からクラブチームに移行され、チーム名を『NTT信越硬式野球クラブ』に改称した。信越硬式野球クラブ フレッシュアイペディアより)

  • KBCホークスナイター

    KBCホークスナイターから見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    しかし、2011年は関東圏のビジター戦の実況を務めた島村俊治(元・NHKアナウンサー)が勇退し、佐々木がNTT西日本硬式野球部コーチに就任したことで出演に制約が生じた(これに伴い、担当は対オリックス戦にほぼ限定される)ことなど、様々な事情が重なったことで自社制作が縮小され、現地局からのネット受けもしくは裏送りを主体とした編成となった。また、STVでの放送がない対日本ハム戦のデーゲームでも現地解説者が担当したり、ホークス側のリポーターをKBCから派遣せず現地局のアナウンサーが代わりに担当することも多くなった。ライバル局のRKBも、1年早い2010年から同様の状態となっている。特に2012年のクライマックスシリーズ及び2014年と2015年の日本シリーズもすべて現地局のネットになった(2016年のクライマックスシリーズ及び2017年の日本シリーズはビジターも自社制作)。KBCホークスナイター フレッシュアイペディアより)

  • NTT関東硬式野球部

    NTT関東硬式野球部から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    その後、NTTグループの再編に伴い1月にNTT東京硬式野球部を『NTT東日本硬式野球部』に、NTT関西硬式野球部を『NTT西日本硬式野球部』にそれぞれ改称し、社内の各野球部はそのどちらかに統合されることが決まった。多くの他支社チームはクラブチーム化し存続したのに対し、当チームはシーズンをもって解散することとなった。NTT関東硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • NTT東日本硬式野球部

    NTT東日本硬式野球部から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    、NTTグループの再編に伴い同年1月にNTT東京硬式野球部を『NTT東日本硬式野球部』に、NTT関西硬式野球部を『NTT西日本硬式野球部』にそれぞれ改称し、社内の各野球部はそのどちらかに統合されることが決まった。これを受け当チームは、NTT東日本のエリアにある4チーム(NTT北海道、NTT東北、NTT関東、NTT信越)を統合した。合宿所と練習グラウンド(NTT東日本船橋グラウンド)については、NTT関東のものを使用することになった。NTT東日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本陸上競技部

    NTT西日本陸上競技部から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    1999年7月1日、NTTは4社分割による再編成が行われた。それに伴い全国11支社にあったスポーツチームは過去の実績などを基に再編され、陸上競技部(広島)、硬式野球部(大阪(NTT西日本硬式野球部))、ラグビー部(大阪)、バレーボール(名古屋(男子)と神戸(女子))をNTT西日本本体が支援するシンボルチームとして、ソフトテニス(広島)のうち全日本メンバーをシンボル選手に認定した。そこから外れた各支社のスポーツチームは同好会、クラブチーム化、あるいは休廃部していった。NTT西日本陸上競技部 フレッシュアイペディアより)

  • 北本重二

    北本重二から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    晴れて大陽に入団した北本だったが、この時点で肩を壊しており、1試合に登板しただけで1950年末に退団。1年のブランクを経て1952年に阪急ブレーブスに復帰するが登板の機会なくこの年限りで引退した。退団後は、電電近畿でプレーをした。北本重二 フレッシュアイペディアより)

  • NTT東日本船橋グラウンド

    NTT東日本船橋グラウンドから見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    もともとは船橋市に本拠地を置いていたNTT関東のホームグラウンドであったが、1999年にNTTが組織大再編を実施したのに伴い、野球部もNTT東日本とNTT西日本に統合することとなり、NTT関東は廃部となった。しかし、選手寮など設備が充実していることから、NTT東京から衣替えしたNTT東日本が船橋の施設を引き続き利用することとなったものである。NTT東日本船橋グラウンド フレッシュアイペディアより)

  • 松山フェニックス

    松山フェニックスから見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    、NTTグループの再編に伴い、西日本エリアの野球部はすべてNTT西日本に一本化されることとなり、松山市を本拠地としていた愛媛県内唯一の企業チームであったNTT四国も廃部となった。松山フェニックス フレッシュアイペディアより)

93件中 11 - 20件表示

「NTT西日本野球部」のニューストピックワード