93件中 21 - 30件表示
  • NTT西日本レグルス

    NTT西日本レグルスから見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    1999年(平成11年)7月1日、NTTは4社分割による再編成が行われた。それに伴い全国11支社にあったスポーツチームは過去の実績などを基に再編され、男子バレーボール部(レグルス)と女子バレーボール部(神戸)、陸上競技部、硬式野球部、ラグビー部(大阪)をNTT西日本本社直轄のシンボルチーム、ソフトテニス(広島)のうち全日本メンバーをシンボル選手に認定した。そこから外れたスポーツチームは支店のスポーツサークル、クラブチーム化、あるいは休廃部していった。これに伴い、チーム名をNTT東海から「NTT西日本」に改称した。NTT西日本レグルス フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本中国バレーボール部

    NTT西日本中国バレーボール部から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    同年7月1日、NTTは4社分割による再編成が行われた。それに伴い全国11支社にあったスポーツチームは過去の実績などを基に再編され、陸上競技部(広島)・硬式野球部(大阪)・ラグビー部(大阪)・バレーボール(名古屋(男子)と神戸(女子))をNTT西日本本社直轄のシンボルチーム、ソフトテニス(広島)のうち全日本メンバーをシンボル選手に認定した。そこから外れたスポーツチームは支店のスポーツサークル、クラブチーム化、あるいは休廃部していった。NTT西日本中国バレーボール部 フレッシュアイペディアより)

  • 浜口春好

    浜口春好から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    卒業後は電電近畿へ入社。1965年の都市対抗に三塁手、四番打者として出場。小弓場保(日本生命から補強)の好投もあって勝ち進み、決勝で住友金属を降し電電公社の野球部として初優勝を飾る。この大会では優秀選手に選ばれ、大会後の中南米遠征チームにも選出された。浜口春好 フレッシュアイペディアより)

  • 第37回都市対抗野球大会

    第37回都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    大会は前回大会で白獅子旗に終わった和歌山市・住友金属が再度黒獅子旗を狙い、準々決勝で前回王者の大阪市・電電近畿を破るなど着実に駒を進める一方、東京都・熊谷組が接戦を次々とものにして勝ち上がり、両者が決勝で対戦した。決勝戦は延長にもつれ込んだが、熊谷組が準々決勝から驚異の3試合連続サヨナラ勝ちで6年ぶりの栄冠に輝いた。第37回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原紘通

    藤原紘通から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    2007年にNTT西日本に入社。前年に岸田護らがプロ入りし、戦力が大幅に弱体化したNTT西日本の投手陣をエースの笠木伸二、ベテランの徳留慶らとともに支え、2007年、2008年ともに都市対抗野球大会・日本選手権出場に貢献。藤原紘通 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知ベースボール倶楽部

    愛知ベースボール倶楽部から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    チームのルーツは、NTT東海硬式野球部である。NTT東海は20回の都市対抗野球大会出場を誇る強豪であったが、NTTグループの再編にともない、野球部もNTT東日本とNTT西日本に統合されることとなり、NTT東海は1998年シーズンをもって幕を下ろした。愛知ベースボール倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 長田孝幸

    長田孝幸から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    その後はNTT西日本のトレーナーを経て長田孝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 梶原康司

    梶原康司から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    シーズンは2大大会に出場、特に第38回社会人野球日本選手権大会ではベスト4入りに貢献し、7年ぶり2回目となる社会人ベストナインを獲得、また年間記録として最多打点賞(25打点)を獲得した。2014年、NPBを退団した選手として初めて都市対抗野球大会10年連続出場表彰を受けた(NTT西日本、日本生命の補強として1回ずつ出場)。同年を持って、現役を引退した。引退後は、パナソニックに残り社業に就く。梶原康司 フレッシュアイペディアより)

  • 大城基志

    大城基志から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    2年目は、第66回JABA東京スポニチ大会の日本新薬戦では、8回途中を無失点に抑え9奪三振を記録する力投を見せた。チームは決勝進出を果たし、NTT西日本と対戦していたが、1回途中で東北地方太平洋沖地震が発生したためノーゲームとなり、両チームが優勝となった。同年の第82回都市対抗野球大会予選の2次予選には、第1代表決定戦に3番手として登板し、4安打無失点に抑え代表権獲得に貢献した。しかし夏以降調子を落とし、都市対抗1回戦でも先発を任されるも4回途中5失点と炎上し敗戦投手となった。大城基志 フレッシュアイペディアより)

  • 岩見優輝

    岩見優輝から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    大阪ガス1年目は都市対抗3回戦の日産戦で先発し、粘りの投球で5回1失点と好投した。秋の日本選手権の東芝戦で7安打無四球で公式戦初完投、初完封勝利。2年目の都市対抗はNTT西日本の補強選手として出場した。岩見優輝 フレッシュアイペディアより)

93件中 21 - 30件表示

「NTT西日本野球部」のニューストピックワード