75件中 21 - 30件表示
  • 永易将之

    永易将之から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    大阪工大高(現・常翔学園高)から電電近畿(現・NTT西日本)に入社。1961年の大阪大会の日本新薬戦でノーヒットノーランを記録。1962年の第33回都市対抗野球大会の1回戦では21回3分の1を投げきった(22回裏1アウトで太田誠にサヨナラ本塁打を打たれ敗戦投手となった)。当時の270球は、今でも都市対抗野球の最多投球回数記録である。当初は速球を武器とするタフな本格派投手であり、オーバーハンドからの速球、切れ味の鋭いカーブは永易の名を高めた。永易将之 フレッシュアイペディアより)

  • 小池 秀郎

    小池秀郎から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    2005年シーズンオフに楽天を解雇されて去就が注目されていたが、3月、社会人野球のNOMOベースボールクラブにコーチ兼任投手として入団することが突如発表された。同年は古巣近鉄の本拠地大阪ドームでの第77回都市対抗野球大会阪和2次予選では対NTT西日本戦でリリーフで登板するものの、打ち込まれ敗戦投手になっている。また、関西ローカルの深夜のTV番組の企画で、ジャニーズの若手タレントに野球をコーチをする姿が放映された。その後からは関西メディカルスポーツ学院でコーチを務めていた。小池秀郎 フレッシュアイペディアより)

  • 第72回都市対抗野球大会

    第72回都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    山田正浩外野手(大阪ガス(NTT西日本))第72回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第81回都市対抗野球大会

    第81回都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    阪和第1 大阪市・NTT西日本(4年連続22回目)第81回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第26回社会人野球日本選手権大会

    第26回社会人野球日本選手権大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    NTTの大再編に伴い、NTT東日本、NTT西日本以外のチームはクラブ化。NTT四国の連続出場は16年で止まった。第26回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第83回都市対抗野球大会

    第83回都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    近畿第2 大阪市・NTT西日本(6年連続24回目)第83回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第36回都市対抗野球大会

    第36回都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    ベスト8のうち7チームが西日本勢という「東低西高」の大会は、大阪市・電電近畿と和歌山市・住友金属の決勝となったが、電電近畿は日本生命から補強した小弓場保投手の5連投で住友金属を退け、初優勝を飾った。第36回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第42回都市対抗野球大会

    第42回都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    2回戦の大阪市・電電近畿?大阪市・日本生命戦で、大会史上唯一となる無安打勝利試合が実現した。電電近畿は6回、エラーで出塁したランナーが暴投と捕逸で3塁に進み、スクイズで生還。結局この1点を電電近畿が守り抜き、1?0で勝利。第25回大会で両チーム合計1安打の試合があったが、無安打チームが勝ったのは初(なお、日本生命は4安打)。第42回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第43回都市対抗野球大会

    第43回都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    しかし、実力派チームが1回戦で次々と姿を消す波乱の展開。前回大会の優勝チームである姫路市・新日鐵広畑、大阪市・電電近畿、横浜市・日本石油といった強豪が軒並み初戦敗退して黒獅子旗の行方が大いに注目された。第43回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第20回社会人野球日本選手権大会

    第20回社会人野球日本選手権大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    この夏の都市対抗を制して7度目の黒獅子旗を手にした日本石油は本戦に出場したが、2回戦でNTT関西に完敗した。前回大会で決勝を戦った東芝、プリンスホテルはいずれも予選で敗退した。第20回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

75件中 21 - 30件表示

「NTT西日本野球部」のニューストピックワード

  • ちょっとそれは失礼なのではないですか

  • WOMAN EXPO TOKYO 2016 Winter

  • わたしのキャリアを通して語る女性リーダーの時代、女性が活躍する東京