93件中 41 - 50件表示
  • 第61回都市対抗野球大会

    第61回都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    打撃賞 南谷新一郎遊撃手(大阪ガス(NTT関西))第61回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 河野秀数

    河野秀数から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    2年目のは右肘痛に苦しみ、チームは第82回都市対抗野球大会に出場したが自身の登板機会は無かった。3年目のは、主に抑えとして起用される。第83回都市対抗野球大会には、NTT西日本の補強選手として出場し、2回戦の伯和ビクトリーズ戦で救援登板した。第38回社会人野球日本選手権大会では、1回戦のJR東日本戦で救援登板するが、チームは0-6で敗退した。河野秀数 フレッシュアイペディアより)

  • 今西和男 (野球)

    今西和男 (野球)から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    高校卒業後は、社会人野球の日本熱学に入社。1969年の都市対抗では、鐘淵化学との3回戦に代打で起用され逆転打を放つ。チームは初めて準々決勝に進出するが、河合楽器に敗退。1970年からは2年連続して電電近畿に補強され出場。1971年の大会では熊谷組との準々決勝(再試合)で連続本塁打を放つ。チームは準決勝で丸善石油に敗れたが、この大会の優秀選手に選ばれる。今西和男 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 相原和友

    相原和友から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    には七十七銀行に加入。同年の第83回都市対抗野球2次予選東北大会では、エース阿部博文が不在の中、相原は6月6日の敗者復活戦で148球を投げ、翌々日の8日に行われた第2代表決定戦の日本製紙石巻戦では、9回1失点で完投勝利を挙げ敢闘賞を受賞。チームは6年連続で都市対抗への出場を決めた。第83回都市対抗野球大会では、初戦のNTT西日本戦で7回1/3を2失点に抑えたが、チームは敗退した。同年の第38回社会人野球日本選手権大会では、2回戦のバイタルネット戦で9回を投げ被安打10・先頭打者の出塁5という内容であったが、1失点に抑えチームは勝利した。相原和友 フレッシュアイペディアより)

  • 郷司裕

    郷司裕から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    1962年第33回都市対抗野球大会 大阪市・電電近畿-東京都・日本ビール(延長22回、5時間27分)で球審。郷司裕 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災によるスポーツへの影響

    東日本大震災によるスポーツへの影響から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    3月8日から開催されていたJABA東京スポニチ大会は途中で打ち切り。地震発生時に決勝戦を行っていたNTT西日本とJX-ENEOSの両チームが優勝となった。東日本大震災によるスポーツへの影響 フレッシュアイペディアより)

  • 江柄子裕樹

    江柄子裕樹から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    大学卒業後は東芝に入社。野球部では1年目の春から公式戦に登板。第80回都市対抗野球大会では、準々決勝のホンダ戦で救援登板を果たした。2年目のは、登板数は増やしたが同年の第81回都市対抗野球大会や第37回社会人野球日本選手権大会での登板は無かった。3年目のは、食事など生活面も見直して野球に取り組み、第66回JABA東京スポニチ大会のNTT西日本戦では、6回を投げ切った場面で降板となったが最速150km/hを記録する。第82回都市対抗野球大会では、2回戦の日本生命戦で救援登板し、2回1/3を1失点だった。江柄子裕樹 フレッシュアイペディアより)

  • 田中太一

    田中太一から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    2017年の第88回都市対抗野球大会では中継ぎとして活躍したが、2回戦のNTT西日本戦で、5?5の同点で迎えた8回から登板すると、9回に3失点を喫し敗戦投手となった。第43回社会人野球日本選手権大会は、関東代表選手権代表決定戦のJX-ENEOS戦で先発したが、3回1/3を投げて被安打9、自責点5と打ち込まれ敗戦投手となり、チームは予選敗退となった。田中太一 フレッシュアイペディアより)

  • 齊藤信介

    齊藤信介から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    大学卒業後は、社会人野球のNTT西日本に入団。オーバースロー・スリークォーター・サイドスローとフォームに試行錯誤を繰り返していたが、MAX149km/hのストレートとスライダー・フォークを操り、セットアッパーとして臨んだの第32回社会人野球日本選手権大会では、計8イニング無失点の活躍で決勝進出に導いた。同年の大学生・社会人ドラフト会議で中日ドラゴンズが6巡目指名で交渉権を獲得し、契約金4000万円、年俸1200万円(金額は推定)で入団した。齊藤信介 フレッシュアイペディアより)

  • カナフレックス硬式野球部

    カナフレックス硬式野球部から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    は、都市対抗野球・日本選手権ともに本戦出場は果たせなかったが、副主将の藤井宏政内野手(元:阪神タイガース育成選手)が三菱重工神戸・高砂(近畿第2代表)、エースの大西健太投手がNTT西日本(近畿第3代表)の補強選手にそれぞれ選出された。部員では初めて、都市対抗の全国大会を経験した。この大会に補強選手として出場した87選手のうち、地区1次予選で敗退したチームから選ばれたのは、藤井と大西だけであった。カナフレックス硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

93件中 41 - 50件表示

「NTT西日本野球部」のニューストピックワード