75件中 41 - 50件表示
  • 第17回社会人野球日本選手権大会

    第17回社会人野球日本選手権大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    地区割りが変更された。従来の中部地区・東海北陸地区が再編され、北信越地区・東海地区へと変更。現在に至る地区割りが完成した。また、出場チーム数が26に拡大された。初出場はNTT関西の1チームのみ。第17回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 大城基志

    大城基志から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    2年目は、第66回JABA東京スポニチ大会の日本新薬戦では、8回途中を無失点に抑え9奪三振を記録する力投を見せた。チームは決勝進出を果たし、NTT西日本と対戦していたが、1回途中で東北地方太平洋沖地震が発生したためノーゲームとなり、両チームが優勝となった。同年の第82回都市対抗野球大会予選の2次予選には、第1代表決定戦に3番手として登板し、4安打無失点に抑え代表権獲得に貢献した。しかし夏以降調子を落とし、都市対抗1回戦でも先発を任されるも4回途中5失点と炎上し敗戦投手となった。大城基志 フレッシュアイペディアより)

  • 筑波大学硬式野球部

    筑波大学硬式野球部から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    有方裕員(元NTT関西野球部投手、前NTT西日本野球部マネジャー)筑波大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 岸田護

    岸田護から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    大阪府吹田市出身。吹田市立西山田小学校1年から地元の少年野球チーム「高野台バード」で野球を始め、3年生から投手となる。吹田市立西山田中学校では軟式野球部に所属、履正社高等学校に進学後は硬式野球部に入部し1年生からベンチ入りする。同校は初の甲子園出場を果たしたが、本人の登板機会はなかった。その翌年は第80回記念大会で大阪を北と南に分けて代表校を決めたが、北地区の決勝で久保康友擁する関大一高に敗れ2年連続出場はできなかった。高校卒業後は東北福祉大学を経て社会人野球のNTT西日本に入社、1年目に第75回都市対抗野球大会出場。の第76回都市対抗野球大会出場、社会人野球日本選手権大会準優勝に貢献し、同年秋の大学・社会人ドラフトでオリックスから3巡目指名を受け入団。なお、同僚の山崎隆広、藤井淳志、齊藤信介、脇谷亮太らもこの時指名されプロ入りした。岸田護 フレッシュアイペディアより)

  • 脇谷亮太

    脇谷亮太から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    卒業後は社会人野球のNTT西日本に進み、俊足の三塁手として第31回社会人野球日本選手権大会で優秀選手賞に選ばれるなどの活躍を見せた。2005年の大学・社会人ドラフト5巡目で巨人に指名される。ドラフト会議の際、指名はないと思っていた脇谷はチームの通常練習に参加しており、慌てて会見場に向かう途中には「ドッキリカメラじゃないか」とユーモアも交えて感想を述べた。なお、同年のドラフトではNTT西日本から5人が指名されている。脇谷亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 江柄子裕樹

    江柄子裕樹から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    大学卒業後は、東芝に入社。野球部では1年目の春から公式戦に登板。第80回都市対抗野球大会では、準々決勝のホンダ戦で救援登板を果たした。2年目のは、登板数は増やしたが同年の第81回都市対抗野球大会や第37回社会人野球日本選手権大会での登板は無かった。3年目のは、食事など生活面も見直して野球に取り組み、第66回JABA東京スポニチ大会のNTT西日本戦では、6回を投げ切った場面で降板となったが最速150km/hを記録する。第82回都市対抗野球大会では、2回戦の日本生命戦で救援登板し、2回1/3を1失点だった。江柄子裕樹 フレッシュアイペディアより)

  • 第79回都市対抗野球大会

    第79回都市対抗野球大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    阪和第3 大阪市・NTT西日本(2年連続20回目)第79回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 広陵高等学校 (広島県)

    広陵高等学校 (広島県)から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    宇根洋介(元硬式野球部エース・元近畿大学野球部投手・元中国電電硬式野球部投手)*1967年選手権準優勝投手広陵高等学校 (広島県) フレッシュアイペディアより)

  • パナソニック野球部

    パナソニック野球部から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    2005年、都市対抗大会阪和地区2次予選でクラブチームのNOMO Baseball Clubに敗れて同大会本大会の連続出場が6年で止まるという屈辱を味わった。雪辱を期すべく猛練習を重ね、秋の日本選手権では決勝戦で同じ関西勢のNTT西日本を延長の末破り、2回目の美酒に酔った。パナソニック野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JABA九州大会

    JABA九州大会から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    第26回(1972年) 電電九州JABA九州大会 フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示

「NTT西日本野球部」のニューストピックワード