93件中 61 - 70件表示
  • 良川剛浩

    良川剛浩から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    、第63回JABA東京スポニチ大会の対日産自動車戦では、野上亮磨との投げ合いを制してチームに同大会初勝利をもたらし、プロのスカウトから注目を集める存在となった。同年の夏には、NTT西日本の補強選手として第79回都市対抗野球にも出場している(登板機会はなし)。良川剛浩 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木誠 (野球)

    佐々木誠 (野球)から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    野球観に共鳴したという監督の橋本哲也からコーチ就任を依頼されてからはNTT西日本の打撃コーチを務め、これにともない九州朝日放送では関西でのオリックス戦の担当が中心となった。同年の都市対抗では前年まで指揮を取ったセガサミーに1回戦で勝利したが、複雑な気持ちだったという。当てにいかずにバットを振り抜くというシンプルな方針を打ち出し、助言が合わなければすぐに別のアイデアを出せる引き出しの多い指導で選手から信頼を得た。翌からは監督に就任した。佐々木誠 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 永易将之

    永易将之から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    大阪工大高(現・常翔学園高)から電電近畿(現・NTT西日本)に入社。1961年の大阪大会の日本新薬戦でノーヒットノーランを記録。1962年の第33回都市対抗野球大会の1回戦では21回3分の1を投げきった(22回裏1アウトで太田誠にサヨナラ本塁打を打たれ敗戦投手となった)。当時の270球は、今でも都市対抗野球の最多投球回数記録である。当初は速球を武器とするタフな本格派投手であり、オーバーハンドからの速球、切れ味の鋭いカーブは永易の名を高めた。永易将之 フレッシュアイペディアより)

  • チャンステーマ

    チャンステーマから見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    チャンス〜スパート(NTTグループ(NTT東日本、NTT西日本)。「チャンス」がコール部分、「スパート」が曲部分)チャンステーマ フレッシュアイペディアより)

  • 富田林市立総合スポーツ公園野球場

    富田林市立総合スポーツ公園野球場から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    オリックスの二軍では、2016年から、大阪府内に練習拠点を置く社会人・大学の硬式野球チーム(パナソニック、NTT西日本、日本生命、大阪ガス、関西大学、大阪商業大学、大阪産業大学)との間でトーナメント形式の「大阪プロ・アマ交流戦」を8月に開催。当スタジアムを一部の試合の会場として使用している。富田林市立総合スポーツ公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎哲也

    潮崎哲也から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    卒業後は松下電器に入社。同社保有の社会人野球チーム松下電器野球部へ入部。勤務先の潮崎の月給は11万円強と高額ではなかったものの好きな野球ができて嬉しかったという。監督の鍛治舎巧に素質を評価されて1年目から先発を務め、の都市対抗野球大会に初出場。の都市対抗では1回戦で日立製作所を破って勝利投手となったが、2回戦では同大会の久慈賞を受賞したNTT東海の上原勝男と投げ合って敗戦投手となっている。潮崎哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 松本安司 (野球)

    松本安司 (野球)から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    卒業後に三菱自動車工業に入社し、三菱名古屋野球部に所属している。1981年の第52回都市対抗野球大会に初めて出場したが、その後ヒジの故障により外野手に転向し、には補強選手として第56回都市対抗野球大会に出場。翌は自チームから出場し、はNTT東海の補強選手となっている。第58回都市対抗野球大会では首位打者賞を獲得する活躍でチームのベスト4進出に貢献し、同年には初の社会人ベストナインを受賞した。松本安司 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 井上弘昭

    井上弘昭から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    北陽高校から電電近畿に進む。の第36回都市対抗野球大会では、八幡製鉄との準決勝で3点本塁打を放つなど活躍。決勝では小弓場保(日本生命から補強)の好投もあって住友金属に完封勝利、初優勝を飾った。この時のチームメートに浜口春好がいた。その後も都市対抗野球に連続出場を続け活躍する。には社会人ベストナイン(外野手)に選出された。井上弘昭 フレッシュアイペディアより)

  • 増田達至

    増田達至から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    NTT西日本では1年目の春に公式戦に登板。2年目は抑え投手を務め、第83回都市対抗野球大会2回戦では8回の途中で救援登板し、1回1/3を投げ被安打0、無失点だった。増田達至 フレッシュアイペディアより)

  • 若林晃弘

    若林晃弘から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    JX-ENEOSに入社後、1年目からレギュラーとして出場。第42回社会人野球日本選手権大会では9番セカンドで出場するも、初戦のNTT西日本戦で4打数0安打と抑えられチームも敗退した。2年目は第88回都市対抗野球大会に三菱日立パワーシステムズの補強選手として出場。準々決勝のNTT西日本戦では満塁本塁打を放った。秋には第28回BFAアジア選手権の社会人日本代表に選ばれる。若林晃弘 フレッシュアイペディアより)

93件中 61 - 70件表示

「NTT西日本野球部」のニューストピックワード