93件中 71 - 80件表示
  • 岸田護

    岸田護から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    高校卒業後は東北福祉大学を経て社会人野球のNTT西日本に入社、1年目に第75回都市対抗野球大会出場。の第76回都市対抗野球大会出場、社会人野球日本選手権大会準優勝に貢献し、同年秋の大学生・社会人ドラフトでオリックスから3巡目指名を受け入団。なお、同僚の山崎隆広、藤井淳志、齊藤信介、脇谷亮太らもこの時指名されプロ入りした。岸田護 フレッシュアイペディアより)

  • 山中雅博

    山中雅博から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    上宮高校では、1年上に内野手の辻本泰直(関大?電電近畿?大毎)がいたが、甲子園には出場できなかった。山中雅博 フレッシュアイペディアより)

  • 京都市西京極総合運動公園野球場

    京都市西京極総合運動公園野球場から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    Image:Nishikyogoku_nighter.jpg|ナイトゲーム開催時の京都市西京極総合運動公園野球場(2005年5月4日当時、JABA京都大会・決勝戦、大阪ガス対NTT西日本京都市西京極総合運動公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 湯舟敏郎

    湯舟敏郎から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    、藤村富美男の長男・藤村哲也が監督として率いていた本田技研鈴鹿に入社。1年目からNTT東海の補強選手として都市対抗に出場したが、野茂英雄を擁する新日鐵堺の前に初戦敗退。同年、野茂らとともに全日本代表に選出されたが、これは後に「あの年の代表ならプロの力を借りずとも世界で戦えただろう」と言われたチームとなった。翌年はエースとしてチームを都市対抗出場に導き、社会人野球日本選手権にも出場。ベスト8進出を果たし、2年連続で全日本代表に選出された。湯舟敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • 江藤晴康

    江藤晴康から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    処分の解けた2年目のに14勝。3年目には24勝を挙げ、最多勝利とベストナインのタイトルを獲得。4年目にも11勝するが、この年を境に成績が下降していく。翌は1勝もできず、高橋ユニオンズへ移籍。高橋でも1勝しかできず、には東映フライヤーズへまたも移籍。名前を本名の「江藤晴康」に戻しプレーするが成績を残せず、わずか7年で引退した。引退後は電電公社に入社。社会人野球の電電近畿でコーチも務めた。江藤晴康 フレッシュアイペディアより)

  • 安部建輝

    安部建輝から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    大学卒業後は、社会人野球のNTT西日本に入団。1年目のから公式戦に登板し、初登板となった東京スポニチ大会の鷺宮製作所戦ではいきなり完投勝利を収めた。同年の第80回都市対抗野球大会でも登板するが3回戦の東京ガス戦で敗戦投手となってしまった。2年目のから主戦となり、の第82回都市対抗野球大会1回戦のセガサミー戦では完封勝利を記録し、大会優秀選手に選出された。安部建輝 フレッシュアイペディアより)

  • 高梨雄平

    高梨雄平から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    大学卒業後に入社したJX-ENEOSでは、1年目から公式戦に出場すると、2年目の夏場に投球フォームをスリークォーターからサイドスローに転向。第42回社会人野球日本選手権大会では、NTT西日本との初戦に登板したが、打者1人を抑えただけで交代した。高梨雄平 フレッシュアイペディアより)

  • 公文克彦

    公文克彦から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    高校卒業後は、社会人野球の大阪ガスに入団。2年目のから公式戦に登板。同年の第82回都市対抗野球大会ではNTT西日本の補強選手になったが登板機会は無かった。3年目のは、第83回都市対抗野球大会にパナソニックの補強選手として出場。初戦で山中浩史擁するHonda熊本と対戦し、2番手で登板し無失点に抑える好救援を見せ、チームも2-1で勝利した。しかし、先発したベスト8のJX-ENEOS戦では制球に苦しみ2回途中3失点で降板し、チームも5-9で敗退した。大会後に発覚したチーム内の不祥事により8月31日から6ヶ月の対外試合禁止が下されたため、同年の第38回社会人野球日本選手権大会などには出場できなかった。公文克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の野球

    2012年の野球から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    優勝:NTT西日本(10年ぶり3回目)2012年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 江村将也

    江村将也から見たNTT西日本硬式野球部NTT西日本硬式野球部

    大学卒業後は、広島の社会人野球・ワイテックに入団。1年目のから公式戦に登板し、3年目の、第83回都市対抗野球大会に伯和ビクトリーズの補強選手として出場。初戦の明治安田生命戦では8回途中から登板し無失点に抑え、続く2回戦のNTT西日本戦では3回を1失点に抑えるなど、チームのベスト8進出に貢献した。江村将也 フレッシュアイペディアより)

93件中 71 - 80件表示

「NTT西日本野球部」のニューストピックワード