49件中 31 - 40件表示
  • NTT西日本硬式野球部

    NTT西日本硬式野球部から見た日本電信電話公社

    1952年、電電公社が発足すると、その後数年の間に電電公社のチームが全国各地に誕生し、1985年のNTTグループ誕生に伴い、それぞれのチームが「NTT○○」に改称した。そして1999年にNTTの再編が行われたことを受け、NTT西日本のエリアにあるチーム(NTT東海(名古屋市)、NTT北陸(金沢市)、NTT関西(大阪市)、NTT中国(広島市)、NTT四国(松山市)、NTT九州(熊本市))を統合した。日本野球連盟への登録は、NTT関西のものを引き継いだ。NTT関西以外のチームについてはクラブ化するものもあったが、2003年までにすべて解散した。NTT西日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本硬式野球部

    NTT西日本硬式野球部から見たNTT西日本名古屋野球クラブ

    1952年、電電公社が発足すると、その後数年の間に電電公社のチームが全国各地に誕生し、1985年のNTTグループ誕生に伴い、それぞれのチームが「NTT○○」に改称した。そして1999年にNTTの再編が行われたことを受け、NTT西日本のエリアにあるチーム(NTT東海(名古屋市)、NTT北陸(金沢市)、NTT関西(大阪市)、NTT中国(広島市)、NTT四国(松山市)、NTT九州(熊本市))を統合した。日本野球連盟への登録は、NTT関西のものを引き継いだ。NTT関西以外のチームについてはクラブ化するものもあったが、2003年までにすべて解散した。NTT西日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本硬式野球部

    NTT西日本硬式野球部から見たNTTグループ九州野球クラブ

    1952年、電電公社が発足すると、その後数年の間に電電公社のチームが全国各地に誕生し、1985年のNTTグループ誕生に伴い、それぞれのチームが「NTT○○」に改称した。そして1999年にNTTの再編が行われたことを受け、NTT西日本のエリアにあるチーム(NTT東海(名古屋市)、NTT北陸(金沢市)、NTT関西(大阪市)、NTT中国(広島市)、NTT四国(松山市)、NTT九州(熊本市))を統合した。日本野球連盟への登録は、NTT関西のものを引き継いだ。NTT関西以外のチームについてはクラブ化するものもあったが、2003年までにすべて解散した。NTT西日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本硬式野球部

    NTT西日本硬式野球部から見たNTT西日本中国野球クラブ

    1952年、電電公社が発足すると、その後数年の間に電電公社のチームが全国各地に誕生し、1985年のNTTグループ誕生に伴い、それぞれのチームが「NTT○○」に改称した。そして1999年にNTTの再編が行われたことを受け、NTT西日本のエリアにあるチーム(NTT東海(名古屋市)、NTT北陸(金沢市)、NTT関西(大阪市)、NTT中国(広島市)、NTT四国(松山市)、NTT九州(熊本市))を統合した。日本野球連盟への登録は、NTT関西のものを引き継いだ。NTT関西以外のチームについてはクラブ化するものもあったが、2003年までにすべて解散した。NTT西日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本硬式野球部

    NTT西日本硬式野球部から見たNTT北陸

    1952年、電電公社が発足すると、その後数年の間に電電公社のチームが全国各地に誕生し、1985年のNTTグループ誕生に伴い、それぞれのチームが「NTT○○」に改称した。そして1999年にNTTの再編が行われたことを受け、NTT西日本のエリアにあるチーム(NTT東海(名古屋市)、NTT北陸(金沢市)、NTT関西(大阪市)、NTT中国(広島市)、NTT四国(松山市)、NTT九州(熊本市))を統合した。日本野球連盟への登録は、NTT関西のものを引き継いだ。NTT関西以外のチームについてはクラブ化するものもあったが、2003年までにすべて解散した。NTT西日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本硬式野球部

    NTT西日本硬式野球部から見た内野手

    2005年のドラフト会議では大量5選手(岸田護投手、山崎隆広外野手、藤井淳志外野手、齊藤信介投手、脇谷亮太内野手)が指名された。その影響からか、2006年シーズンでは公式戦で企業チーム相手に2勝しかできず、都市対抗野球大会では出場権を逃し、日本選手権では近畿最後の枠に滑り込んだものの、2回戦敗退と不完全燃焼のシーズンに終わった。その後チームの立て直しに成功し、2007年から6年連続で都市対抗本戦に出場している。NTT西日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本硬式野球部

    NTT西日本硬式野球部から見た外野手

    2005年のドラフト会議では大量5選手(岸田護投手、山崎隆広外野手、藤井淳志外野手、齊藤信介投手、脇谷亮太内野手)が指名された。その影響からか、2006年シーズンでは公式戦で企業チーム相手に2勝しかできず、都市対抗野球大会では出場権を逃し、日本選手権では近畿最後の枠に滑り込んだものの、2回戦敗退と不完全燃焼のシーズンに終わった。その後チームの立て直しに成功し、2007年から6年連続で都市対抗本戦に出場している。NTT西日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本硬式野球部

    NTT西日本硬式野球部から見た横浜DeNAベイスターズ

    安部建輝投手(2012年 横浜DeNAドラフト5位)NTT西日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本硬式野球部

    NTT西日本硬式野球部から見たJABA京都大会

    JABA京都大会:優勝3回(2001,02,12年)NTT西日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • NTT西日本硬式野球部

    NTT西日本硬式野球部から見たNTT四国硬式野球部

    1952年、電電公社が発足すると、その後数年の間に電電公社のチームが全国各地に誕生し、1985年のNTTグループ誕生に伴い、それぞれのチームが「NTT○○」に改称した。そして1999年にNTTの再編が行われたことを受け、NTT西日本のエリアにあるチーム(NTT東海(名古屋市)、NTT北陸(金沢市)、NTT関西(大阪市)、NTT中国(広島市)、NTT四国(松山市)、NTT九州(熊本市))を統合した。日本野球連盟への登録は、NTT関西のものを引き継いだ。NTT関西以外のチームについてはクラブ化するものもあったが、2003年までにすべて解散した。NTT西日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

49件中 31 - 40件表示

「NTT西日本野球部」のニューストピックワード