44件中 11 - 20件表示
  • ニュージーランド・ポンド

    ニュージーランド・ポンドから見たニュージーランド・ドルニュージーランド・ドル

    ニュージーランド・ポンド(New Zealand Pound)は1840年から1967年までニュージーランドの他、クック諸島、トケラウ、ニウエ、ピトケアン諸島で用いられていた旧通貨単位。NZP、NZ£などとも略される。現在はニュージーランドポンドは発行されておらず、代わりにニュージーランド・ドルが発行されている。ニュージーランド・ポンド フレッシュアイペディアより)

  • リッチー・マコウ

    リッチー・マコウから見たニュージーランド・ドルニュージーランド・ドル

    2011年ラグビーワールドカップ終了後の海外移籍が噂されたが、2011年5月にニュージーランドラグビー協会(NZRU)との間で4年間の契約に合意。2010年シーズンの年俸は国内最高クラスの$750,000ニュージーランド・ドルリッチー・マコウ フレッシュアイペディアより)

  • ピトケアン諸島少女性的暴行事件

    ピトケアン諸島少女性的暴行事件から見たニュージーランド・ドルニュージーランド・ドル

    2006年4月現在、裁判費用は裁判官と弁護士を派遣したニュージーランド側だけでも1,410万ニュージーランド・ドル(日本円換算で約11億7,700万円)に達した。これ以外にも裁判所、刑務所、公務員宿舎などの建設費用を始め、船で片道1週間かかる渡航費用など莫大な経費がかかっている。イギリス本土でも枢密院の審議や上告を始めとする莫大な費用がかかっている。ピトケアン諸島少女性的暴行事件 フレッシュアイペディアより)

  • フォンテラ

    フォンテラから見たNZドルニュージーランド・ドル

    2001年10月設立。同年7月に乳製品市場での国際競争力強化のためそれまで存在した“New Zealand Dairy Board”、“New Zealand Dairy Group”、“Kiwi Co-operative Dairies”の3社が統合し誕生した組織。酪農協同組合として約13,000の酪農家により所有されている。ニュージーランド国内で年間140億リットルの生乳生産量を持ち、世界全体で年間200億リットルの生乳生産量を持つ世界最大の乳製品会社である。海外との合弁・連携事業を活発に展開し2008年には140を超える国と地域に乳製品の輸出を行っている。2006年に130億NZドルの売り上げを記録しニュージーランド最大の企業組織でもある。ダノン、ネスレ、ディーン・フーズ、アーラ・フーズ社らと並び、世界的な乳製品会社である。フォンテラ フレッシュアイペディアより)

  • トレブルコーン

    トレブルコーンから見たニュージーランドドル ニュージーランド・ドル

    2007年冬季のシーズンパスは$2200(5月31までに購入の早割は$1500)にまで高騰した。地元民にとっては、この価格は世界で最も高いシーズンパスだと考えられている。様々な新聞に取り上げられ、多くの批判の手紙がスキー場に送られた。これに対して、スキー場側はゴンドラ建設費用・環境整備対策費用などの理由を挙げて理解を求めた。スキー場によるプレスリリーストレブルコーン フレッシュアイペディアより)

  • レインボー・ウォーリア号事件

    レインボー・ウォーリア号事件から見たNZドルニュージーランド・ドル

    そこでニュージーランドはオランダの仲介のもとにフランスに対して、この件を国連事務総長ハビエル・ペレス・デ・クエヤルの裁定に委ねるのはどうかという提案を行って、フランスもこれを了解した。1986年7月6日に、フランスはニュージーランドに1300万NZドル払い、2人は引き取られてフランス領ポリネシアにあるトゥアモトゥ諸島ハオ環礁の施設に3年のあいだ居続けるという裁定内容が決定され、7月9日に両国は書簡を交わしてこの決定を承諾し遵守するという協定を結んだ。レインボー・ウォーリア号事件 フレッシュアイペディアより)

  • オークランド・シビック・シアター

    オークランド・シビック・シアターから見たニュージーランドドルニュージーランド・ドル

    シビック・シアターはトーマス・オブライエンにより創造された。クイーン・ストリートにおける巨大な劇場を建設する当たりオブライエンはオークランドの富裕層のビジネスマン達を説得、さらにはニュージーランド銀行より18万NZドルの融資を受けた。オークランド・シビック・シアター フレッシュアイペディアより)

  • 20ドル紙幣 (ニュージーランド)

    20ドル紙幣 (ニュージーランド)から見たニュージーランド・ドルニュージーランド・ドル

    ニュージーランド20ドル紙幣(-しへい、、$20)は、現在流通しているニュージーランド準備銀行券の一つで、20ニュージーランド・ドルの貨幣価値がある。1967年7月に旧ニュージーランド10ポンド紙幣に代わり登場した。現在発行されている20ドル紙幣は、1999年から発行されているニュージーランド女王エリザベス2世の肖像である。20ドル紙幣 (ニュージーランド) フレッシュアイペディアより)

  • フラーズ・グループ

    フラーズ・グループから見たニュージーランド・ドルニュージーランド・ドル

    開業は1981年。2007年は約420万人の旅客が利用、航海回数は合計で42,010回(1航海当たり約100人)だった。主力のワイヘキ島へのサービスを除いての航海において、1乗客あたり0.84NZドルの助成金を受け取ったが、この水準は隣国オーストラリアのブリスベンの同様のサービスに対するそれの約半額、シドニーのそれと比較すると約7分の1にしか過ぎない金額であった。フラーズ・グループ フレッシュアイペディアより)

  • ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワ

    ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワから見たニュージーランド・ドルニュージーランド・ドル

    テ・パパの建物は、ニュージーランド、ウェリントンのケーブル・ストリートの海岸沿いにある。建物内は、ニュージーランドの文化や環境に特化した展示や喫茶店、土産物屋の6階からなる。博物館には人造の洞窟や自然の茂み、湿地のある野外空間も含まれる。36,000平方メートルの建物は、1998年の開館に3億ニュージーランド・ドルかかっている。トリー・ストリートにある2つめの建物は研究と保管に用いられており、一般には開放されていない。ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワ フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示