前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示
  • ORANGE RANGE

    ORANGE RANGEから見たMONGOL800

    4月13日 東京で「おかげさまで10周年。琉球サミット in 江戸〜ORANGE RANGEとMONGOL800」を開催。ORANGE RANGE フレッシュアイペディアより)

  • ORANGE RANGE

    ORANGE RANGEから見たTHE YELLOW MONKEY

    中学校の卒業パーティーにおいてNAOTOとKATCHANがバンドを組み演奏したのがその始まりだと言われている(このとき演奏した曲はGLAYの「BELOVED」や「軌跡の果て」等だった)。これがORANGE RANGEの原型となる。その後他のメンバーは進学問題で辞めていくが、同じ高校にいたYOHを誘い、あいていたベースとして加入する。練習場によくいたHIROKIをボーカルに誘い、バンドの形となる。その後、山嵐のコピーをする際にボーカルが一人では足りないので、YOHの弟のRYOがラップ好きということで加入。最終的には、カラオケに行った時他の友達が歌っている曲の2番をYAMATOが横取りして歌うと不思議と盛り上がることから、「YAMATOの歌にはパワーがある」とYOHが言ったことがきっかけとなりYAMATOが最後にメンバーとなり現在のメンバーとなった。なお、「ORANGE RANGE」というバンド名はNAOTOの母親が命名。「GLAY(灰色、実際の綴りはGRAY)、 THE BLUE HEARTS(青)、THE YELLOW MONKEY(黄)などのように、色の名前がついているバンドが売れている」という独自の理論から、当時の母親のラッキーカラーであった「オレンジ」を使い、「ORANGE RANGE」となった。ORANGE RANGE フレッシュアイペディアより)

  • ORANGE RANGE

    ORANGE RANGEから見たMr.Children

    現在のメンバーが揃う頃から、沖縄にある米軍のライブハウスやストリートライブなどでライブを重ね、その数は年間70本にも及んだ。GLAY、山嵐、Mr\.Children、LUNA SEA、Dragon Ashなどのコピーをしていたが、YAMATOが加入した頃からオリジナルの曲を作り始める。ちなみに、初のオリジナル曲は『オレンジボール』に収録されている「奏重鼓」。そして、アルバム『オレンジボール』で2002年2月22日にインディーズデビュー。同年8月に「ミチシルベ/ミッドナイトゲージ」を発売。ライブを積極的に行うなどのプロモーションでファンを増やし、当時のインディーズのライブとしては異例の700人を動員する。そして、2003年6月にメジャーデビューする。ORANGE RANGE フレッシュアイペディアより)

  • ORANGE RANGE

    ORANGE RANGEから見たゴダイゴ

    同じくオリジナルと発表していた『ORANGE BOAT』も、後にハリー・ベラフォンテの『バナナボート』のカバー扱いとなっている。『MONKEY MAGIC』は当初からゴダイゴのカバー曲であったため、シングル『ロコローション』に4曲収録されているうち3曲がカバー曲、1曲がそのカバー曲を更にアレンジしたものという状態になっている。ORANGE RANGE フレッシュアイペディアより)

  • ORANGE RANGE

    ORANGE RANGEから見たFLOW

    FLOW(『いいとも!』の「テレフォンショッキング」で紹介した。)ORANGE RANGE フレッシュアイペディアより)

  • ORANGE RANGE

    ORANGE RANGEから見た大国男児

    2012年以降には他アーティストのプロデュースも手がけるようになり、SCANDAL、HOME MADE 家族、大国男児等のシングル曲のプロデュースをしている。ORANGE RANGE フレッシュアイペディアより)

  • ORANGE RANGE

    ORANGE RANGEから見たマキシマム ザ ホルモン

    マキシマム ザ ホルモン(メンバーであるダイスケはんとナヲが「ラジオコンタクト」にゲスト出演した事がある他に、「笑っていいとも」のコーナー「テレフォンショッキング」出演時にメンバーから花を送られていた(ちなみにナヲの結婚式にレンジのメンバーがメッセージを送っている。))ORANGE RANGE フレッシュアイペディアより)

  • ORANGE RANGE

    ORANGE RANGEから見たTHE BLUE HEARTS

    中学校の卒業パーティーにおいてNAOTOとKATCHANがバンドを組み演奏したのがその始まりだと言われている(このとき演奏した曲はGLAYの「BELOVED」や「軌跡の果て」等だった)。これがORANGE RANGEの原型となる。その後他のメンバーは進学問題で辞めていくが、同じ高校にいたYOHを誘い、あいていたベースとして加入する。練習場によくいたHIROKIをボーカルに誘い、バンドの形となる。その後、山嵐のコピーをする際にボーカルが一人では足りないので、YOHの弟のRYOがラップ好きということで加入。最終的には、カラオケに行った時他の友達が歌っている曲の2番をYAMATOが横取りして歌うと不思議と盛り上がることから、「YAMATOの歌にはパワーがある」とYOHが言ったことがきっかけとなりYAMATOが最後にメンバーとなり現在のメンバーとなった。なお、「ORANGE RANGE」というバンド名はNAOTOの母親が命名。「GLAY(灰色、実際の綴りはGRAY)、 THE BLUE HEARTS(青)、THE YELLOW MONKEY(黄)などのように、色の名前がついているバンドが売れている」という独自の理論から、当時の母親のラッキーカラーであった「オレンジ」を使い、「ORANGE RANGE」となった。ORANGE RANGE フレッシュアイペディアより)

  • ORANGE RANGE

    ORANGE RANGEから見たJUDY AND MARY

    JUDY AND MARYのドラマー。ORANGE RANGE フレッシュアイペディアより)

  • ORANGE RANGE

    ORANGE RANGEから見たHOME MADE 家族

    2012年以降には他アーティストのプロデュースも手がけるようになり、SCANDAL、HOME MADE 家族、大国男児等のシングル曲のプロデュースをしている。ORANGE RANGE フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示

「ORANGE RANGE」のニューストピックワード

  • ROXY×M/mika ninagawa

  • TOYOTA GAZOO Racing WOMAN BOOTCAMP

  • 夢のありか