297件中 11 - 20件表示
  • 黛英里佳

    黛英里佳から見たMicrosoft OfficeMicrosoft Office

    Microsoft Office「オフィス2007でヒーローになろう」(2009年) - 女子大生アヤ 役黛英里佳 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Word

    Microsoft Wordから見たMicrosoft OfficeMicrosoft Office

    Microsoft Excelとともに、同社のオフィススイート、Microsoft Officeの中核をなすアプリケーションである。一般的にはワード(WordまたはMS-Wordとも)と呼ばれることが多いが、「ワード」と名称が付く商品名や商標名は他にもある。Microsoft Word フレッシュアイペディアより)

  • Visual Basic for Applications

    Visual Basic for Applicationsから見たMicrosoft OfficeMicrosoft Office

    Visual Basic for Applications(ビジュアルベーシック・フォー・アプリケーションズ、VBA)は、マイクロソフト製のMicrosoft Officeシリーズに搭載されているプログラミング言語である。Visual Basic for Applications フレッシュアイペディアより)

  • Portable Document Format

    Portable Document Formatから見たMicrosoft OfficeMicrosoft Office

    PDF以外の電子ドキュメントは、ほかのコンピュータ上で元のレイアウトを保持したまま表示・印刷するのは難しい。例えば、WordやExcelなどMicrosoft Officeのドキュメントは、対応するソフトウェアもしくは無料のビューワーをインストールすれば閲覧することは可能だが、バージョンや設定が違っていたり、フォントの有無が原因で編集者が意図した通りのレイアウトを保てない場合がある。HTML のドキュメントは多くのコンピュータで閲覧できる。しかし、レイアウトの制限が大きい上、OSやウェブブラウザ(HTMLレンダリングエンジン)の種類・設定でレイアウトが変わりやすい。Portable Document Format フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office Communicator

    Microsoft Office Communicatorから見たMicrosoft OfficeMicrosoft Office

    マイクロソフトは2005年3月、Windows Messenger 5.1の後継版として、開発コード「イスタンブール」と呼ばれていた企業向けのコミュニケーションツール Office Communicator 2005を発表した。 Office 2003には元々一般消費者向けのインスタントメッセージソフトウェアであるMSN Messengerや、Windows Messengerが統合されていたが、企業向けにより安全にコミュニケーションができるツールとして、機能をホストするサーバーであるLive Communications Server 2005 の新しいクライアントソフトウェアとして提供された。同年9月には日本語版も発表した。Microsoft Office Communicator フレッシュアイペディアより)

  • トライデントコンピュータ専門学校大阪

    トライデントコンピュータ専門学校大阪から見たMicrosoft OfficeMicrosoft Office

    1998年(平成10年) オラクルマスター、Microsoft Office Specialist などの企業認定資格を就職対策、単位取得の一環として導入する。トライデントコンピュータ専門学校大阪 フレッシュアイペディアより)

  • MindManager

    MindManagerから見たMicrosoft OfficeMicrosoft Office

    MindManager(マインドマネージャー)とは、Mindjet社が開発しているマインドマップ作成ソフトウェア兼アウトラインプロセッサである。グローバル500の半数以上の企業で採用されている。最新版のバージョン9はWindows版に、Mac OS X版には、バージョン8が提供されている。日本語版は2006年に発売された。2009年には、"MindManager"のバージョン"8"が発売され、Office 2007と同様のMicrosoft Office Fluent UIが採用された。MindManager フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Dynamics CRM

    Microsoft Dynamics CRMから見たMicrosoft OfficeMicrosoft Office

    マイクロソフト製品であることから、OfficeOutlookのマイクロソフト製品との連携が可能である。また、と主張されている。Microsoft Dynamics CRM フレッシュアイペディアより)

  • F-07C

    F-07Cから見たMicrosoft OfficeMicrosoft Office

    Windows 7 Home Premium 32ビット版 Service Pack 1では機能としては、基本的にはPCと同等の機能を有しており、ブラウザにはInternet Explorer 9.0+Microsoft Silverlightが搭載されているため、PCとまったく同等のサイトの閲覧が可能となる。それに加えMicrosoft Office Personal 2010(2年間ライセンス版)がプリインストールされているため、PCと同等のWordやExcelを利用することができる。その他様々なWindows 7用のアプリケーションをインストールし利用することが可能となる。ストレージにはハードディスクではなく、フラッシュメモリー32GBを利用できるほか、microSDHCカード32GBも利用できるため、最大で64GBまでストレージとして利用することができる(なお、microSDスロットはmicroSDXCにも対応している構造であり、動作保証外であるが使用可能なものもある)。F-07C フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・スーパーオフィス

    ロータス・スーパーオフィスから見たMicrosoft OfficeMicrosoft Office

    ロータスの主力製品の一つである表計算ソフト「」(ワン・ツー・スリー)を中心に、ワープロソフト「」(WordPro)、プレゼンテーションソフト「」(Freelance)、個人情報管理ソフト「」(Organizer)、関係データベース「アプローチ」(Approach) などを組み合わせたもので、Lotus Windows Officeの後継製品として1993年に発売された。その後、スーパーオフィスR2、スーパーオフィス96、スーパーオフィス97、スーパーオフィス2000、スーパーオフィス2001とバージョンアップを続けた。バージョンアップにおいては、競合の「Microsoft Office」(マイクロソフト社)との差別化を図るため、画面録画ソフト「スクリーンカム」、デスクトップ統合管理ツール「スマートセンター」、グループウェア「パーソナル・ノーツ」、「Netscape Navigator」などの同梱も行った。ロータス・スーパーオフィス フレッシュアイペディアより)

297件中 11 - 20件表示

「Office」のニューストピックワード