前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示
  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たマイクロソフト

    Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)は、マイクロソフトのオフィススイートである。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft Windows XP

    英語版は2001年5月31日、日本語版は6月8日に発売。Windows XP と合わせるように名称が変更された。Safe Mode 機能を実装した。日本語版でライセンス認証が要求される最初のバージョンである。入力ミスのためのスマート タグ機能、手書き文字認識や音声認識に対応した。標準でウィンドウ内の右側に作業ウィンドウが設けられた。Office 製品に Visio が加わった。また、Windows 98、Me および NT 4.0 で利用できる最後のバージョンの Office である。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たジャストシステム

    パーソナルコンピュータが職場や一般市民に広く普及する以前の1980年代後半?1990年代前半は、マイクロソフト、アップル、ロータス、コーレル、ジャストシステムなどがオフィススイートを開発・供給し、マイクロソフトのWindows 95のリリースにより、パーソナルコンピュータが職場や一般市民に広く普及した1990年代後半以後は、マイクロソフトのデスクトップOSであるWindowsとオフィススイートであるMicrosoft Officeをバンドルプリインストールしたパーソナルコンピュータが大量に供給され、市場シェアの面で競合製品を圧倒するようになり、デファクトスタンダードの地位を確立した。一方で、マイクロソフトはパソコンメーカーに対してバンドル契約にWordとExcelの2本セットでの添付を条件付けていたことがあり、不公正な取引にあたるとして公正取引委員会から注意を受けたことがある。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たネコ

    ネコのアシスタント。しばらく操作等せずに放置しておくと、居眠りを始める。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft Windows 7

    全製品に Fluent User Interface(リボン UI)が採用され、統一された操作性が提供されるようになった。ファイルメニューが改良され、履歴の参照や印刷プレビューなどの表示が以前よりもわかりやすくなっている。IME 2010 が Office の正規ユーザー(Office XP以降)に無償で提供されるようになった。化粧箱が Windows 7 のパッケージと同様の素材・様式に改められた。このバージョンから、プリインストール製品の初回起動時にもプロダクトキーの入力及び、ライセンス認証が必須となった(ただし、Office 2000では初回起動時にはCDキーの入力が必要でユーザー登録は任意、前バージョンのOffice Personal 2007 with PowerPoint 2007ではPersonalは初回起動時にはライセンス認証済みとなっているがPowerPointのみプロダクトキーの入力とライセンス認証が必要だったほか、Office Personal 2007 2年間ライセンス版でもプロダクトキーの入力とインターネットのみからのライセンス認証が必要だった)。日本以外の国でリリースされた Office には既にこの仕組みが導入されていたが、本バージョンから日本国内にも導入された。。前述の通り前バージョンまでは、メーカーがプリインストール時に、ライセンス認証が不要な(インストールした時点でライセンス認証は完了していますと出る)特殊なプロダクトキーでインストールしていたため、初回起動時は使用許諾契約書の確認のみであった。再インストールの際は、前バージョンまでと同様製品版と同じようにDVD ケースの裏に記載されたプロダクトキーを用いてインストールする必要があるので前バージョンまでと同様ライセンス認証は必須。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft Windows Vista

    ボリュームライセンス品は2006年11月30日発売、パッケージ品は2007年1月30日発売。Windows Vista との同時発売である。Office 製品に Groove と Office server 製品が加わった。FrontPage を廃止して SharePoint Designer に置き換えられた。Office アシスタントはこのバージョンから廃止された。一部製品のユーザー インターフェイスがコマンド バーから Fluent User Interface(リボン UI)に変更された。配色の制限や Excel のスプレッドシートの制限が緩和された他、多くの個所に改良が施された。標準のファイル保存形式が Microsoft Office バイナリ ファイル形式から Office Open XML ファイル形式に変更された。Office 2007 Service Pack 2 により OpenDocument 形式の対応、XPS ドキュメントと PDF ドキュメントの保存に対応した。化粧箱が紙製からVistaのパッケージと同様の素材・様式のプラスチックの箱に変更された。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たピアツーピア

    SharePoint Workspace - ピアツーピア型ファイル共有ツール。Office 2007 までの Groove を名称変更したものである。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たSkype

    発売時点で最新のOfficeと同じソフトがプリインストールされており、同一のPCを使い続ける限り最新バージョンへのアップグレードが受けられる(アップグレードにはインターネットに接続する必要がある)。機種により(現在は全ての機種に)、OneDrive(1TB)・Skype(60分/月の通話)等の1年間の利用権であるOffice 365 サービス(Office Premium搭載パソコン専用)も無料で付属している(更新には1年間延長できるのを別途有料で購入する必要がある)。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たさんまのまんま

    Office 2000 の販促キャンペーン時にのみ存在したテレビ番組のマスコットキャラクターを模したアシスタント。現在では入手不可能。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見た公正取引委員会

    パーソナルコンピュータが職場や一般市民に広く普及する以前の1980年代後半?1990年代前半は、マイクロソフト、アップル、ロータス、コーレル、ジャストシステムなどがオフィススイートを開発・供給し、マイクロソフトのWindows 95のリリースにより、パーソナルコンピュータが職場や一般市民に広く普及した1990年代後半以後は、マイクロソフトのデスクトップOSであるWindowsとオフィススイートであるMicrosoft Officeをバンドルプリインストールしたパーソナルコンピュータが大量に供給され、市場シェアの面で競合製品を圧倒するようになり、デファクトスタンダードの地位を確立した。一方で、マイクロソフトはパソコンメーカーに対してバンドル契約にWordとExcelの2本セットでの添付を条件付けていたことがあり、不公正な取引にあたるとして公正取引委員会から注意を受けたことがある。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示

「Office」のニューストピックワード