100件中 11 - 20件表示
  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たイルカ

    イルカがモデルのOffice アシスタント。愛用するホタテ貝形のノートパソコンを鼻先でタイプする。日本語版のMicrosoft Officeを使用しており、アシスタントを有効にしている場合はこのイルカが標準のキャラクターとして表示される。Office 2000より擬似的な立体感を表現するようになった。同様の例では上記のクリッパーや下記のF1、Office ロゴが例に挙げられる。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft Outlook

    個人情報管理ソフト (PIM) 。電子メール クライアントとしての機能を備えており、グループウェアの利用も強く意識されている。Mac版はEntourageという名称だったがOffice 2011 for macからMac版もOutlookに変更された。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たイヌ

    イヌ。たまに登場するとき、チェーンが引っかかるのでガスバーナーを使って切る。Windows XPの検索アシスタントの標準キャラクターである。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見た表計算ソフト

    表計算ソフト。マクロ言語によって、表計算ソフトを越えた利用も可能である。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft Windows

    Microsoft Officeは、単体ソフトウェアとしては1983年5月にMulti-Tool Wordの名前でXENIX向けに発売されたのが最初で、オフィス スイートとして複数のソフトウェアがセットになった状態で発売されたのは1989年6月にMacintosh (Mac) 向けが最初である。この時点でWord、Excel、PowerPointが含まれていた。Windows向けに発売したのは1990年10月である。日本語版が用意されたのは、Office for Mac 4.2とOffice 3.0からである。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMacintosh

    Microsoft Officeは、単体ソフトウェアとしては1983年5月にMulti-Tool Wordの名前でXENIX向けに発売されたのが最初で、オフィス スイートとして複数のソフトウェアがセットになった状態で発売されたのは1989年6月にMacintosh (Mac) 向けが最初である。この時点でWord、Excel、PowerPointが含まれていた。Windows向けに発売したのは1990年10月である。日本語版が用意されたのは、Office for Mac 4.2とOffice 3.0からである。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見た写真編集

    Picture Manager - 写真編集。Office 2003からPhoto Editorの置換えとして搭載。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft Virtual PC

    Virtual PC - デスクトップ仮想化ソフトウェア。Office 2004 for Macの上位バージョンに含まれた。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見た孫悟空

    『西遊記』の主人公、孫悟空がモデルのOffice アシスタント。Office XPより登場。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たアメリカ合衆国

    1995年にマイクロソフトは、Windows 95の登場に合わせてOSの販売における独占的な立場を生かし、いち早く 32ビット化したOffice 95の販売を開始し、対応が遅れた他社製オフィス スイート商品を圧倒した。また、このころのパーソナルコンピュータ(パソコン)への組み込み販売では、マイクロソフトがパソコンメーカー各社に対し、Windows 95への初期導入ソフトとしてMicrosoft Officeを指定した。Office 95登場まで、米国ではWordPerfectがワープロの、Lotus 1-2-3がスプレッドシートの、また日本では一太郎がワープロの、それぞれシェアNo. 1であったが、初期導入指定という販売手法も相まって、1990年代後半からデファクトスタンダードとしてMicrosoft Officeが市場を占めている。一度シェアを失った競合製品はその後の挽回を図って極端な低価格によって対抗したが、多くは市場から撤退を余儀なくされた。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

100件中 11 - 20件表示

「Office」のニューストピックワード