100件中 41 - 50件表示
  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たAppleScript

    1992年に発売された。Excel 4.0で初めてAppleScriptに対応した。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たアカデミックパッケージ

    製品版の一部のエディションではアカデミック版が設定されている。Office 2010ではProfessionalのみに設定されており、一般の製品版同様、新規購入パッケージとアップグレード版パッケージがある。購入は一般的なアカデミック版と同様で、教員や学生であることを証明する書類を提示したり、FAXで送信することで購入が可能になる。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft Windows RT

    Windows RTには、標準で搭載されている。当初は、プレビュー版を搭載し、のちに正式版がリリースされたら、Windows Updateで無償でアップデートすることができる。また、このバージョンでWindows XP、およびWindows Vistaがそれぞれ非対応となり、さらにインストールに必要なCD-ROM、およびDVD-ROM等のメディアが同梱されなくなった(ただし一部の大手メーカー製PC用のバンドル版に限りDVD-ROMが同梱される。マイクロソフトの公式サイトにて別途インストール用ファイルをダウンロードした直後にそのままインストール、もしくはダウンロード後にDVD-R、USBメモリ、外付けHDD等の各種メディアに保存する必要がある)。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たホタテガイ

    イルカがモデルのOffice アシスタント。愛用するホタテ貝形のノートパソコンを鼻先でタイプする。日本語版のMicrosoft Officeを使用しており、アシスタントを有効にしている場合はこのイルカが標準のキャラクターとして表示される。Office 2000より擬似的な立体感を表現するようになった。同様の例では上記のクリッパーや下記のF1、Office ロゴが例に挙げられる。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見た日本語入力システム

    Office Input Method Editor - 日本語入力システムであり、Windows 95以降のWindowsに標準添付されているものと少し異なる仕様となっている。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見た市場占有率

    1995年にマイクロソフトは、Windows 95の登場に合わせてOSの販売における独占的な立場を生かし、いち早く 32ビット化したOffice 95の販売を開始し、対応が遅れた他社製オフィス スイート商品を圧倒した。また、このころのパーソナルコンピュータ(パソコン)への組み込み販売では、マイクロソフトがパソコンメーカー各社に対し、Windows 95への初期導入ソフトとしてMicrosoft Officeを指定した。Office 95登場まで、米国ではWordPerfectがワープロの、Lotus 1-2-3がスプレッドシートの、また日本では一太郎がワープロの、それぞれシェアNo. 1であったが、初期導入指定という販売手法も相まって、1990年代後半からデファクトスタンダードとしてMicrosoft Officeが市場を占めている。一度シェアを失った競合製品はその後の挽回を図って極端な低価格によって対抗したが、多くは市場から撤退を余儀なくされた。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft Office 365

    2013年2月7日より発売開始。リボンUIは引き続き搭載されるが、ユーザーインターフェイスや各アプリのアイコンがWindows 8のスタイルに合わせている。Windows 8タッチ対応やクラウド対応の強化が施されており、ほぼどこでも作業が可能となる。「名前を付けて保存」や「開く」の機能改善や簡単になったファイル共有、Excelに新しい関数も追加された。Wordには、新しい閲覧モードが追加され、前回終了した位置から文書を開くこともできる。ほかにも、多数の新機能が追加されている。パッケージは、Windows 8のような正方形ではなく引き続き長方形のパッケージとなる。デザインもシンプルとなっている。ボリュームライセンス向けに提供されてきた「Standard」や「Professional Plus」のエディションも存在。月額課金のサブスクリプション型の提供形態であるOffice 365のエディションが多く提供されることになる。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見た日本

    1995年にマイクロソフトは、Windows 95の登場に合わせてOSの販売における独占的な立場を生かし、いち早く 32ビット化したOffice 95の販売を開始し、対応が遅れた他社製オフィス スイート商品を圧倒した。また、このころのパーソナルコンピュータ(パソコン)への組み込み販売では、マイクロソフトがパソコンメーカー各社に対し、Windows 95への初期導入ソフトとしてMicrosoft Officeを指定した。Office 95登場まで、米国ではWordPerfectがワープロの、Lotus 1-2-3がスプレッドシートの、また日本では一太郎がワープロの、それぞれシェアNo. 1であったが、初期導入指定という販売手法も相まって、1990年代後半からデファクトスタンダードとしてMicrosoft Officeが市場を占めている。一度シェアを失った競合製品はその後の挽回を図って極端な低価格によって対抗したが、多くは市場から撤退を余儀なくされた。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft IME

    Office Input Method Editor - 日本語入力システムであり、Windows 95以降のWindowsに標準添付されているものと少し異なる仕様となっている。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たXENIX

    Microsoft Officeは、単体ソフトウェアとしては1983年5月にMulti-Tool Wordの名前でXENIX向けに発売されたのが最初で、オフィス スイートとして複数のソフトウェアがセットになった状態で発売されたのは1989年6月にMacintosh (Mac) 向けが最初である。この時点でWord、Excel、PowerPointが含まれていた。Windows向けに発売したのは1990年10月である。日本語版が用意されたのは、Office for Mac 4.2とOffice 3.0からである。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

100件中 41 - 50件表示

「Office」のニューストピックワード