100件中 51 - 60件表示
  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たパーソナルコンピュータ

    1995年にマイクロソフトは、Windows 95の登場に合わせてOSの販売における独占的な立場を生かし、いち早く 32ビット化したOffice 95の販売を開始し、対応が遅れた他社製オフィス スイート商品を圧倒した。また、このころのパーソナルコンピュータ(パソコン)への組み込み販売では、マイクロソフトがパソコンメーカー各社に対し、Windows 95への初期導入ソフトとしてMicrosoft Officeを指定した。Office 95登場まで、米国ではWordPerfectがワープロの、Lotus 1-2-3がスプレッドシートの、また日本では一太郎がワープロの、それぞれシェアNo. 1であったが、初期導入指定という販売手法も相まって、1990年代後半からデファクトスタンダードとしてMicrosoft Officeが市場を占めている。一度シェアを失った競合製品はその後の挽回を図って極端な低価格によって対抗したが、多くは市場から撤退を余儀なくされた。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見た電子メールクライアント

    個人情報管理ソフト (PIM) 。電子メール クライアントとしての機能を備えており、グループウェアの利用も強く意識されている。Mac版はEntourageという名称だったがOffice 2011 for macからMac版もOutlookに変更された。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たデータベース

    データベース・ソフトウェア。Windows版のみ存在し、かつてはMac版として Microsoft Fileという製品が存在した。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たノートパソコン

    プリインストール版は搭載されたパソコンでのみ使用可能であるが、リテール版はあるパソコンで使用しなくなれば、アンインストールした上で新しい別のパソコンで使用することができる。また、Windows用のリテール版ならば、同時使用しないという前提であるが、同一個人が所有し利用するパソコンで、かつ一方が携帯用である場合に限り(例・自宅のデスクトップ パソコンと携帯用ノート パソコン、あるいは自宅で使う大型ノートとネットブックを含む携帯用モバイル ノート)2 台までインストールできる。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たアクティベーション

    2010年10月27日リリース。EntourageがOutlookに置き換えられる。なお、Windows版とは異なり、64ビット ネイティブ版は提供されない。起動速度が改善し、VBAが復活した。この版よりアクティベーションが導入された。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たフリーソフトウェア

    近年ではオープンソースの無償オフィススイートであるOpenOffice.orgや、Microsoft Officeとの互換性をさらに高めた実質的な後継ソフトのLibreOfficeが政府系機関や地方公共団体などを中心にシェアを奪いつつあり、マイクロソフトはOffice 2007からオープンなファイル形式を採用するなどして対抗しているが、オープンフォーマットを標準とする無料のオフィススイートがある中、対価を払ってまでMicrosoft Officeを購入する必要があるのかという意見もある。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft Windows 8

    2013年2月7日より発売開始。リボンUIは引き続き搭載されるが、ユーザーインターフェイスや各アプリのアイコンがWindows 8のスタイルに合わせている。Windows 8タッチ対応やクラウド対応の強化が施されており、ほぼどこでも作業が可能となる。「名前を付けて保存」や「開く」の機能改善や簡単になったファイル共有、Excelに新しい関数も追加された。Wordには、新しい閲覧モードが追加され、前回終了した位置から文書を開くこともできる。ほかにも、多数の新機能が追加されている。パッケージは、Windows 8のような正方形ではなく引き続き長方形のパッケージとなる。デザインもシンプルとなっている。ボリュームライセンス向けに提供されてきた「Standard」や「Professional Plus」のエディションも存在。月額課金のサブスクリプション型の提供形態であるOffice 365のエディションが多く提供されることになる。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たデスクトップパブリッシング

    デスクトップパブリッシング (DTP) である。Windows版のみ存在する。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たPortable Document Format

    2007年1月30日に発売した。Office製品にGrooveとOffice server製品が加わった。FrontPageを廃止してSharePoint Designerに置き換えられた。Officeアシスタントはこのバージョンから廃止された。ユーザー インターフェイスがコマンド バーからFluent User Interface(リボン UI)に変更された。配色の制限やExcelのスプレッドシートの制限が緩和された他、多くの個所に改良が施された。標準のファイル保存形式がMicrosoft Officeバイナリ ファイル形式からOffice Open XMLファイル形式に変更された。Office 2007 Service Pack 2によりOpenDocument形式の対応、XPSドキュメントと PDFドキュメントの保存に対応した。化粧箱が紙製からプラスチックの箱に変更された。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMacintosh Business Unit

    Macintosh Business Unit(通称「Mac BU」。Macintosh 向け Microsoft Office を開発している)Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

100件中 51 - 60件表示

「Office」のニューストピックワード