100件中 71 - 80件表示
  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たファイルフォーマット

    近年ではオープンソースの無償オフィススイートであるOpenOffice.orgや、Microsoft Officeとの互換性をさらに高めた実質的な後継ソフトのLibreOfficeが政府系機関や地方公共団体などを中心にシェアを奪いつつあり、マイクロソフトはOffice 2007からオープンなファイル形式を採用するなどして対抗しているが、オープンフォーマットを標準とする無料のオフィススイートがある中、対価を払ってまでMicrosoft Officeを購入する必要があるのかという意見もある。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たC Sharp

    アプリケーション開発者は、Visual Studio Tools for Office(以下 VSTO)、Visual BasicおよびVisual C#を使用してOffice 2003以降のアプリケーションを拡張できる。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft Photo Editor

    Photo Editor - Office XPまで含まれた写真編集。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft Visio

    Visio -作図ツール。単体製品のみ存在する。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たLotus 1-2-3

    1995年にマイクロソフトは、Windows 95の登場に合わせてOSの販売における独占的な立場を生かし、いち早く 32ビット化したOffice 95の販売を開始し、対応が遅れた他社製オフィス スイート商品を圧倒した。また、このころのパーソナルコンピュータ(パソコン)への組み込み販売では、マイクロソフトがパソコンメーカー各社に対し、Windows 95への初期導入ソフトとしてMicrosoft Officeを指定した。Office 95登場まで、米国ではWordPerfectがワープロの、Lotus 1-2-3がスプレッドシートの、また日本では一太郎がワープロの、それぞれシェアNo. 1であったが、初期導入指定という販売手法も相まって、1990年代後半からデファクトスタンダードとしてMicrosoft Officeが市場を占めている。一度シェアを失った競合製品はその後の挽回を図って極端な低価格によって対抗したが、多くは市場から撤退を余儀なくされた。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たプリインストール

    プリインストールされているエディション(OEM版)はPersonalが過半数である。 企業や学校においてプレゼンをする機会が増えてきたため、日本ではOffice 2007においてPowerPointをPersonalに加えたMicrosoft Office Personal with PowerPoint 2007が新たなプリインストール専用エディションとして登場している。さらにOffice 2010からは上記の代替として、PowerPointの他にOneNoteが加わったHome and Businessエディションが登場している。こちらはリテール版も設定されている。また、BTOでは多くのエディションが選択できる場合が多い。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たオープンソース

    近年ではオープンソースの無償オフィススイートであるOpenOffice.orgや、Microsoft Officeとの互換性をさらに高めた実質的な後継ソフトのLibreOfficeが政府系機関や地方公共団体などを中心にシェアを奪いつつあり、マイクロソフトはOffice 2007からオープンなファイル形式を採用するなどして対抗しているが、オープンフォーマットを標準とする無料のオフィススイートがある中、対価を払ってまでMicrosoft Officeを購入する必要があるのかという意見もある。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見た学生

    製品版の一部のエディションではアカデミック版が設定されている。Office 2010ではProfessionalのみに設定されており、一般の製品版同様、新規購入パッケージとアップグレード版パッケージがある。購入は一般的なアカデミック版と同様で、教員や学生であることを証明する書類を提示したり、FAXで送信することで購入が可能になる。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たソフトウェア

    1995年にマイクロソフトは、Windows 95の登場に合わせてOSの販売における独占的な立場を生かし、いち早く 32ビット化したOffice 95の販売を開始し、対応が遅れた他社製オフィス スイート商品を圧倒した。また、このころのパーソナルコンピュータ(パソコン)への組み込み販売では、マイクロソフトがパソコンメーカー各社に対し、Windows 95への初期導入ソフトとしてMicrosoft Officeを指定した。Office 95登場まで、米国ではWordPerfectがワープロの、Lotus 1-2-3がスプレッドシートの、また日本では一太郎がワープロの、それぞれシェアNo. 1であったが、初期導入指定という販売手法も相まって、1990年代後半からデファクトスタンダードとしてMicrosoft Officeが市場を占めている。一度シェアを失った競合製品はその後の挽回を図って極端な低価格によって対抗したが、多くは市場から撤退を余儀なくされた。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft Office Picture Manager

    Picture Manager - 写真編集。Office 2003からPhoto Editorの置換えとして搭載。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

100件中 71 - 80件表示