100件中 81 - 90件表示
  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMicrosoft OneNote

    OneNote - メモ管理ツールMicrosoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見た魔法使い

    立派なひげをたたえた老人男性風Office アシスタント。本人は魔法使いという設定。Office XPより登場するが、Windows Meの初回設定画面にも登場する。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見た32ビット

    1995年にマイクロソフトは、Windows 95の登場に合わせてOSの販売における独占的な立場を生かし、いち早く 32ビット化したOffice 95の販売を開始し、対応が遅れた他社製オフィス スイート商品を圧倒した。また、このころのパーソナルコンピュータ(パソコン)への組み込み販売では、マイクロソフトがパソコンメーカー各社に対し、Windows 95への初期導入ソフトとしてMicrosoft Officeを指定した。Office 95登場まで、米国ではWordPerfectがワープロの、Lotus 1-2-3がスプレッドシートの、また日本では一太郎がワープロの、それぞれシェアNo. 1であったが、初期導入指定という販売手法も相まって、1990年代後半からデファクトスタンダードとしてMicrosoft Officeが市場を占めている。一度シェアを失った競合製品はその後の挽回を図って極端な低価格によって対抗したが、多くは市場から撤退を余儀なくされた。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たデファクトスタンダード

    1995年にマイクロソフトは、Windows 95の登場に合わせてOSの販売における独占的な立場を生かし、いち早く 32ビット化したOffice 95の販売を開始し、対応が遅れた他社製オフィス スイート商品を圧倒した。また、このころのパーソナルコンピュータ(パソコン)への組み込み販売では、マイクロソフトがパソコンメーカー各社に対し、Windows 95への初期導入ソフトとしてMicrosoft Officeを指定した。Office 95登場まで、米国ではWordPerfectがワープロの、Lotus 1-2-3がスプレッドシートの、また日本では一太郎がワープロの、それぞれシェアNo. 1であったが、初期導入指定という販売手法も相まって、1990年代後半からデファクトスタンダードとしてMicrosoft Officeが市場を占めている。一度シェアを失った競合製品はその後の挽回を図って極端な低価格によって対抗したが、多くは市場から撤退を余儀なくされた。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たWindows 9x系

    2001年に発売した。Windows XPと合わせるように名称が変更された。Safe Mode機能を実装した。日本語版でライセンス認証が要求される最初のバージョンである。入力ミスのためのスマート タグ機能、手書き文字認識や音声認識に対応した。標準でウィンドウ内の右側に作業ウィンドウが設けられた。Office製品にVisioが加わった。また、Windows 9x系(95、98、98SE、Me)Windows、およびWindows NT 4.0で利用できるOfficeとしては最後のバージョンとなる。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たPower Macintosh

    1993年に発売された。Power Macintoshに対応した。Office 4.2 for Macでは日本語版が追加され、Word 6.0とExcel 5.0、PowerPoint 4.0とMail 3.1を含んだ。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たMS 明朝

    2000年に発売した。Classic Macに対応した最後のバージョンで、Office v.X発売後も併売された。Entourageが含まれたが、Microsoft Exchangeへの対応のためMicrosoft Outlook 2001 for Macも提供された。MS ゴシックとMS 明朝が含まれた。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たワードプロセッサ

    1995年にマイクロソフトは、Windows 95の登場に合わせてOSの販売における独占的な立場を生かし、いち早く 32ビット化したOffice 95の販売を開始し、対応が遅れた他社製オフィス スイート商品を圧倒した。また、このころのパーソナルコンピュータ(パソコン)への組み込み販売では、マイクロソフトがパソコンメーカー各社に対し、Windows 95への初期導入ソフトとしてMicrosoft Officeを指定した。Office 95登場まで、米国ではWordPerfectがワープロの、Lotus 1-2-3がスプレッドシートの、また日本では一太郎がワープロの、それぞれシェアNo. 1であったが、初期導入指定という販売手法も相まって、1990年代後半からデファクトスタンダードとしてMicrosoft Officeが市場を占めている。一度シェアを失った競合製品はその後の挽回を図って極端な低価格によって対抗したが、多くは市場から撤退を余儀なくされた。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見た仮想化

    Virtual PC - デスクトップ仮想化ソフトウェア。Office 2004 for Macの上位バージョンに含まれた。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Office

    Microsoft Officeから見たWebオーサリングツール

    SharePoint Designer - Webオーサリングツール。単体製品のみ存在する。無償ダウンロードが可能。Microsoft Office フレッシュアイペディアより)

100件中 81 - 90件表示

「Office」のニューストピックワード