169件中 111 - 120件表示
  • Network Security Services

    Network Security Servicesから見たOperaOpera

    Android版およびOS X版を除くGoogle ChromeおよびChromium、OperaNetwork Security Services フレッシュアイペディアより)

  • MHTML

    MHTMLから見たOperaOpera

    ウェブページをMHTMLで保存できる機能をもつ実装系は、Internet Explorerの他、Microsoft Office (Word、Excel、PowerPoint、Access)、Operaなどがある。Mozilla Firefox、Google Chromeでも設定をしたり、拡張機能を導入することで扱えるようになる。MHTML フレッシュアイペディアより)

  • Web Hypertext Application Technology Working Group

    Web Hypertext Application Technology Working Groupから見たOperaOpera

    Web Hypertext Application Technology Working Group(WHATWG、ワットダブルジー)は、HTMLと関連技術の開発をするためのコミュニティである。W3Cが策定したXHTMLや、W3Cがウェブ開発者の要望を軽視していることなどを不満に思ったApple、Mozilla、Operaの開発者たちによって2004年に結成された。。W3Cの対抗組織として始まったWHATWGだが、HTML5はWHATWGが提唱したものを元にW3Cが策定した。Web Hypertext Application Technology Working Group フレッシュアイペディアより)

  • ブラウザクラッシャー

    ブラウザクラッシャーから見たOperaOpera

    ただし、Windows XP SP2 以降の Internet Explorer や Opera など一部の環境では view-source: をつけてもソース確認が出来ないためオンラインのソースチェッカーを使用するなど別の方法を用いる必要がある。ブラウザクラッシャー フレッシュアイペディアより)

  • SageMath

    SageMathから見たOperaOpera

    ノートブック形式で対話的に作業を行うインタフェースを持つ。そのためそれまでの入力を確認したり再利用したりすることが簡便である。文字入出力と画像の両方が扱え、多くのウェブブラウザ(Firefox、Opera、Konqueror、Safariなど)から利用できる。状況に応じてHTTPS接続を行うこともでき、Sageのノートブックはネットワーク越しでも、ローカルでも扱うことができる。SageMath フレッシュアイペディアより)

  • Chromium

    Chromiumから見たOperaOpera

    Chromium(クロミウム)はオープンソースのウェブブラウザのプロジェクトで、Google Chromeはこのソースコードを引き抜いて開発されたものである。オペラ・ソフトウェアが開発するウェブブラウザのOperaも、2013年7月に安定版がリリースされたバージョン15以降、Chromiumをベースとしている。Chromium フレッシュアイペディアより)

  • XPCOM

    XPCOMから見たOperaOpera

    Firefox Quantum の拡張機能では、XPCOMの代わりに Microsoft Edge、Chrome、Operaなどでサポートされている WebExtensions を使用する。XPCOM フレッシュアイペディアより)

  • Adblock Plus

    Adblock Plusから見たOperaOpera

    Adblock Plusは広告をブロックするウェブブラウザの拡張機能である。その他、トラッキング(アクセス解析、行動追跡など)、マルウェアを配布していたサイト、ソーシャルボタンをブロックする機能も持つ。Mozilla Firefox、Google Chrome、Safari、Opera、Internet Explorerに対応する。Android、iOS向けにはブラウザアプリとしてAdblock Browserが提供されている。Adblock Plus フレッシュアイペディアより)

  • H.264

    H.264から見たOperaOpera

    ウェブ表示の次世代規格であるHTML5にはvideo要素で動画再生を行う機能が盛り込まれており、これに使用する動画フォーマットについて、ウェブブラウザベンダーのアップルとマイクロソフトはH.264を推進しているが、Mozilla Foundationとオペラ・ソフトウェア、Googleはロイヤリティが発生する点などを問題視し、積極的な利用に難色を示していた。2016年4月現在では、Safari、Internet Explorer、Mozilla FirefoxはH.264をサポートしているが、Google Chrome、Operaではサポートしていない。H.264 フレッシュアイペディアより)

  • W-ZERO3

    W-ZERO3から見たOperaOpera

    ブラウザはInternet Explorer Mobileがプリインストールされているほか、ウィルコムの公式ポータルサイトであるCLUB AIR-EDGEより、Opera for W-ZERO3が無償で提供されている。また、Microsoft Office Mobileがプリインストールされており、データの閲覧だけでなく編集も可能である。W-ZERO3 フレッシュアイペディアより)

169件中 111 - 120件表示

「Opera」のニューストピックワード