136件中 11 - 20件表示
  • フルブラウザ

    フルブラウザから見たOperaOpera

    日本では、DDIポケット(現・WILLCOM)と京セラはここに着目し、既に欧米ではノキアなどのスマートフォン端末にも採用されているOperaを搭載したAIR-EDGE PHONE端末「AH-K3001V」を開発、発売。同機はPHSとしては異例の大ヒットを記録するまでになった。フルブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • ウィルコム

    ウィルコムから見たOperaOpera

    同業2社では2002年前半に音声端末(今で言うフィーチャーホン)の新機種開発・発売をほぼ打ち切ったが、DDIポケットでは引き続き新型機を発売しており、2002年9月に従来の「H"」機種で『Eメール使い放題』を開始。2003年4月には、ドコモPHSの「ブラウザホン」、アステルの「ドットi」で導入されていたiモード等と同様のcHTMLを表示できるブラウザを搭載し、音声端末初のパケット通信に対応した「AirH" PHONE、後のAIR-EDGE PHONE エアーエッジフォン)」が遅まきながら導入された。2004年5月に京セラから発売されたAH-K3001Vでは、日本国内の携帯電話・PHSで初めてフルブラウザのOperaを搭載した。このヒットにより、300万弱で横ばいだった契約者数の底打ちに成功している。ウィルコム フレッシュアイペディアより)

  • アドウェア

    アドウェアから見たOperaOpera

    機能を提供する代わりに、広告視聴を求める物 : かつてはファイルの管理や編集に便利な機能を提供したり、何がしかのゲームを提供しながら、同じ画面上に広告がポップアップする種類の物だったが、近年ではより本格化して、ウェブブラウザ(例・Opera)や市販のアプリケーションソフトに匹敵する機能のソフトウェアにまで、同様の物が登場している。なおOperaに関しては、収益モデルが検索サイトの検索連動型広告の利益分配に変わり、広告がなくなり、無料化した。アドウェア フレッシュアイペディアより)

  • ポップアップ広告

    ポップアップ広告から見たOperaOpera

    ページを開くたびに、ポップアップしたページが表示され、非常にうっとうしいと思われることが多い為、Internet ExplorerやMozilla Firefox、Operaなど主要なウェブブラウザでは、ページを開く時にポップアップが開くと判断された場合にメッセージが表示され、ポップアップ広告が表示されない機能が開発されている。この機能のことを「ポップアップブロック」という。また、Google ツールバーやYahoo!ツールバーなど、Internet Explorerのアドオンツールバーには同様の機能があるものが多くある。ポップアップ広告 フレッシュアイペディアより)

  • 3DMLW

    3DMLWから見たOperaOpera

    3DMLWを表示するには、3DMLWプラグインをインストールしておく必要があり、レンダリングにはOpenGLを使う。3DMLWプラグインは 3D Technologies R&D が主要なウェブブラウザ向けに開発している(Internet Explorer、Mozilla Firefox、Operaなど)。3DMLW フレッシュアイペディアより)

  • インターネットチャンネル

    インターネットチャンネルから見たOperaOpera

    ウェブブラウザとして「Opera」を採用。インターネットチャンネルで使用されるOperaにはパソコン向けのものと同じコア(ウェブブラウザとしての根幹部分)が採用されており、AjaxやAdobe Flashを用いたページの表示なども可能である。インターネットチャンネル フレッシュアイペディアより)

  • HT-01A

    HT-01Aから見たOperaOpera

    付属のタッチペンによる操作の他にタッチパネルで指を3Dキューブ状のメニューを回転させて直感的な操作可能な独自の「TouchFLO」を採用、さらに待ち受け画面にて指で天気予報やメール、電話帳を戸惑うことなく操作できる独自の「TouchFLO3D」を搭載している。アプリケーションレベルにおいては、OperaブラウザやGoogle Mapsなどが対応しており、画面の拡大・縮小、スクロールなど直感的に操作ができる。HT-01A フレッシュアイペディアより)

  • StartForce

    StartForceから見たOperaOpera

    InternetExplorerやFirefox、safariでは動作するが、Operaでは動作しない(2009年10月現在)StartForce フレッシュアイペディアより)

  • WX320K

    WX320Kから見たOperaOpera

    ダイバーシティアンテナ搭載・Opera対応・4x通信対応というWX300Kの特長を受け継ぎつつ、W-OAM(BPSK/QPSK/8PSK) にも対応。弱電界での接続性能向上と基地局高密集地域での通信速度向上を実現した。WX320K フレッシュアイペディアより)

  • ダブル定額

    ダブル定額から見たOperaOpera

    2005年5月1日より、以前よりあった「パケット割WIN」を改定し「ダブル定額ライト」がスタート。最低値は月額1,050円(税込)、最高値は「ダブル定額」と同じ月額4,410円(税込)で、さらなるライトユーザーの取り込みを狙っている。なお、W21CA搭載のフルブラウザ「PCサイトビューアー」(Opera)によるアクセスは従来定額制の対象外であったが、同日より上限5,985円(税込)で定額利用が可能となった。ただし、WIN端末(カード型含む)をパソコン等に接続してのデータ通信については、定額制の対象外であったが、2008年秋冬モデルの一部機種より13,650円→10,395円(それぞれ税込)が上限となっている。ダブル定額 フレッシュアイペディアより)

136件中 11 - 20件表示

「Opera」のニューストピックワード