169件中 51 - 60件表示
  • Opera Mail

    Opera Mailから見たOperaOpera

    元々はウェブブラウザのOperaに内蔵された電子メールクライアント機能であり、。しかしOpera 15からは、Opera Mailを独立したソフトウェアとしてリリースすることになり、2013年6月11日に初の正式版が公開された。Opera Mail フレッシュアイペディアより)

  • 実行時コンパイラ

    実行時コンパイラから見たOperaOpera

    近年の主要なウェブブラウザはJavaScriptのエンジンにJITコンパイラを搭載し、高速に処理できるようになっている。Internet Explorer 9、Mozilla Firefox 3.5、Google Chrome 1、Safari 4、Opera 10.50、Opera Mobile 10.1以降のウェブブラウザに搭載されている。NetFront Browser 4.1 には搭載されていない。変数の型は統計的には安定しているという事実を使い、実行時の変数に代入された値の統計データから、変数に型を割り振ることにより、JITコンパイラが実現し、高速にJavaScriptを処理できるようになった。Google ChromeのV8など、インタプリタを使わずに最初からJITコンパイルし、変数などの型は実行時に随時割り振っていくタイプと、Firefox 3.5のように、事前に一度インタプリタで実行して、その情報を元に型を割り振りながらJITコンパイルするタイプなどがある。どちらのタイプであっても、型が安定しているケースは、高速に実行できるようになっている。JavaScriptにおいて、型が安定しているというのは、オブジェクトについては、プロパティが追加されていないという意味も含む。プロパティアクセスの時に、まず、型が期待通りの型であるかチェックし、もし、そうならば、プロパティからそれが指し示す番地へはC言語の構造体のように定数を足し算するだけで求まる。実行時コンパイラ フレッシュアイペディアより)

  • Windows Genuine Advantage

    Windows Genuine Advantageから見たOperaOpera

    2005年11月16日に、マイクロソフトはMozilla Firefoxと他のGeckoベースのブラウザーからWGAでの確認を行うために、プラグインを公表した。しかしOperaのような他のNPAPIサポートのブラウザーでは未だ使えないため、批判を免れなかった。もう一つの回避方法は、「確認ツール」によって発生する有効な「確認コード」を用いてWGAを通すために、2005年12月25日に公表された。問題点としては、Windowsの正規のコピーを使っている一般のコンピューターから「確認ツール」を実行し、「確認コード」を記録し、海賊版のWindowsを使っている環境からその「確認コード」を入力することにより、WGAを行わずにダウンロードできることが挙げられる。2006年7月現在、マイクロソフトはこの手口を防ぐ方法を考案していない。WGAでの確認を通させたり、WGAを使わずにMicrosoft Updateなどを行うための回避方法は、様々な方法がインターネット上で示された。Windows Genuine Advantage フレッシュアイペディアより)

  • StartForce

    StartForceから見たOperaOpera

    InternetExplorerやFirefox、safariでは動作するが、Operaでは動作しない(2009年10月現在)StartForce フレッシュアイペディアより)

  • Processing.js

    Processing.jsから見たOperaOpera

    2-3次元コンテンツをHTMLのcanvas要素(最新バージョンのMozilla Firefox、Opera、Internet Explorer、Safari、Google Chromeなどでサポートしている)にレンダリングするためにJavaScriptを活用している。Processing.js フレッシュアイペディアより)

  • QUIC

    QUICから見たOperaOpera

    同様に、Opera 16にも導入されていて、「opera://flags/#enable-quic」と「opera://flags/#enable-quic-https」という設定で有効にすることができる上、「opera://net-internals/#quic」でアクティブなセッションを見ることができる。QUIC フレッシュアイペディアより)

  • カシオ日立モバイルコミュニケーションズ

    カシオ日立モバイルコミュニケーションズから見たOperaOpera

    CAシリーズ初のCDMA 1X WINモデル。au初のフルブラウザ『Opera』搭載。当初はOperaはダブル定額の対象外だったが、2005年5月1日より定額料金の適用対象になる(ただしOperaを使用するとダブル定額の上限が未使用時より高くなる)。ボディ形状は回転二軸型で、サブディスプレイはついていない。着信イルミネーションランプのみのシンプルなデザイン。画面は2.6インチで、QVGAよりも縦長の「ワイドQVGA」液晶を搭載。オートフォーカス対応2メガピクセルCCDカメラ搭載。Eメールバックグラウンド受信には非対応。『着うたフル』に対応。W21CA II はマイナーチェンジ仕様。Operaの仕様とカラーバリエーションの違い。(W21CAが12月、W21CA IIが2005年4月)カシオ日立モバイルコミュニケーションズ フレッシュアイペディアより)

  • Raphael (JavaScriptライブラリ)

    Raphael (JavaScriptライブラリ)から見たOperaOpera

    Raphaël(ラファエル)は、クロスブラウザに対応(Chrome5.0+、Firefox3.0+、Safari3.0、Opera9.5+、Internet Explorer6.0+)した、ウェブサイト上でのベクタ形式画像描画用JavaScriptライブラリである。Raphael (JavaScriptライブラリ) フレッシュアイペディアより)

  • Wavefront .objファイル

    Wavefront .objファイルから見たOperaOpera

    3DMLW - 一般的なWebブラウザ(Internet Explorer, Mozilla Firefox, Opera) でOBJ形式を表示するためのマークアップ言語Wavefront .objファイル フレッシュアイペディアより)

  • Motorola A1000

    Motorola A1000から見たOperaOpera

    内蔵ブラウザ : WAP 2.0 / Opera 7.5 (フルブラウザ)Motorola A1000 フレッシュアイペディアより)

169件中 51 - 60件表示

「Opera」のニューストピックワード