169件中 81 - 90件表示
  • WorldWideWeb

    WorldWideWebから見たOperaOpera

    WorldWideWebの操作パネルにはNextとPreviousというボタンがあり、これにより最後に見たページの次か後のリンクをたどることができる。Operaの Rewind と Fast Forward ボタンに近い。つまり、リンクの並んだページからあるページを選んで表示させたとき、Previousボタンを押すとリンクの並び順の前のリンクが指しているページが表示される。これは当時は便利な機能だった。というのは、多くのページがそのような一覧でリンクされていたからである。しかし World Wide Web が成長するにつれ、そのような習慣はなくなり、後のWebブラウザからもそのようなボタンはなくなった。WorldWideWeb フレッシュアイペディアより)

  • Data URI scheme

    Data URI schemeから見たOperaOpera

    いくつかのブラウザ (Google Chrome, Opera, Safari, Firefox) では;charsetと;base64の順番が逆になっても正常に処理される。Internet Explorerでは;charsetと;base64の順番は逆になってはならない。データサイズはオクテット単位である。Data URI scheme フレッシュアイペディアより)

  • mailto

    mailtoから見たOperaOpera

    mailtoのリンクはどんな環境でも正しく動くとは限らない。リンクをクリックして正しく動作するためには、メールクライアントがローカルにインストールしてあり、デフォルトとして設定されている必要がある。Webメールの普及により、メールクライアントのない環境、またメールクライアントはプリインストールしてあるものの、設定すらされず放置されている環境も増えてきている。そのような環境でmailtoのリンクをクリックしても、メールクライアントが設定されていないとエラーを出すか、未設定のメールクライアントが開いてしまうという、どちらにしても望まない結果となってしまう。OperaやGoogle Chromeなど、ブラウザによってはmailtoのリンクでウェブメールを呼び出せるようにする設定も可能なほか、同様なことを実現するサードパーティのソフトウェアも存在する。mailto フレッシュアイペディアより)

  • Plasma (KDE)

    Plasma (KDE)から見たOperaOpera

    Plasmaは他のウィジェットもサポートする。SuperKaramba(KDE 3シリーズで使われていたウィジェットエンジン)は既にサポートされており、macOSに搭載されているDashboardや、OperaブラウザウィジェットはKDE 4の以降のリリースでサポートされることが予想されている。Plasma (KDE) フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Silverlight

    Microsoft Silverlightから見たOperaOpera

    ウェブブラウザはInternet Explorerでは現在も利用可能だが、Microsoft Edge、Google Chrome 45以降、Firefox 52以降、Opera 20以降、及びLinuxやAndroidやiPhone上の主要ブラウザ等では利用不可能となっている。Microsoft Silverlight フレッシュアイペディアより)

  • X.509

    X.509から見たOperaOpera

    組織の信頼されたルート証明書は全従業員に配布可能であるため、従業員は社内PKIシステムを使うことができる。Internet Explorer, Netscape/Mozilla, Opera, Safariのようなブラウザはインストール済みのルート証明書とともに配布されるため、大手ベンダーから入手したSSL証明書はすぐに動作する。事実上、ブラウザの所有者が、どの証明機関をブラウザのユーザーにとっての信頼できる第三者にするかを決定している。ルート証明書は削除することも無効にすることもできるが、ユーザーがそれを行うことは極めてまれである。X.509 フレッシュアイペディアより)

  • RoboForm

    RoboFormから見たOperaOpera

    ロボフォーム(RoboForm) ロボフォームはウェブ上でのフォーム記入が可能なパスワードマネージャソフトウェアです。このソフトウェアはWindows、macOS、Android、 iOS、Linuxの各OS上で利用可能で、インターネットエクスプローラ、ファイヤフォックス、クローム、Microsoft エッジ、サファリ、オペラなど主要なブラウザにおいて拡張機能として動作します。 ロボフォームの主要な機能はログインデータやその他の情報を保存し、必要に応じてウェブサイトの記入欄に記入することです。RoboForm フレッシュアイペディアより)

  • Theora

    Theoraから見たOperaOpera

    2009年8月現在でTheoraはすでにMozilla Firefox、Opera、Google Chrome (Chromium) などのウェブブラウザでサポートされていて、タグを用いることでプラグインなしに再生が可能である。Theora フレッシュアイペディアより)

  • 計算可能ドキュメント形式

    計算可能ドキュメント形式から見たOperaOpera

    CDFはMicrosoft Windows、Macintosh、Linux上で閲覧可能であるが、電子ブックやタブレットにはまだ対応していない。また、Internet Explorer、Mozilla Firefox、Google Chrome、Opera、SafariではHTMLページにインラインで埋め込まれたCDFコンテンツをプラグインモードで閲覧することができる。計算可能ドキュメント形式 フレッシュアイペディアより)

  • EZweb

    EZwebから見たOperaOpera

    PC向けのウェブの閲覧を可能にするPCサイトビューアには、対応する全機種でOperaを採用している。EZweb フレッシュアイペディアより)

169件中 81 - 90件表示

「Opera」のニューストピックワード