215件中 91 - 100件表示
  • Opera

    Operaから見たJAR (ファイルフォーマット)

    対応する機種も異なる。Opera Mobileは、デバイスにプリインストールされているもの以外ではAndroid、S60、Windows Mobileを搭載したスマートフォン・タブレットで利用可能である。Opera Miniでは前記のものに加え、Java MEの実行ファイル(JAR形式)として入手できるほか、iOS(iPhone・iPadなど)、BlackBerry向けのバージョンがある。Opera Miniについては、Java MEを搭載していれば一部フィーチャーフォンでも利用可能である。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たW61CA

    W51CA / W52CA / W53CA / W61CA / W63CA / CA001 / CA002 / CA004 : 8.60Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たW52CA

    W51CA / W52CA / W53CA / W61CA / W63CA / CA001 / CA002 / CA004 : 8.60Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たMy Opera コミュニティ

    My Opera コミュニティ オペラ・ソフトウェアがOperaユーザー向けに提供しているSNSを、解説するウィキペディアのページOpera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たフリーウェア

    もともとは、他の一般的なブラウザとは異なりフリーウェアではなかった。無期限・無料で使用するために画面内への広告を表示する必要があった。この広告表示を消すためにはライセンス登録が必要であったが、2005年9月20日から配布が開始されたVer.8.50からは広告表示が無くなり、ライセンス登録も不要となり、更には一部Opera購入者に対して返金することとなった(その代わりに年額を払う事で提供される有償サポートが始まった)。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たレンダリングエンジン

    Opera Software ASAは、2013年2月13日に、今後はレンダリングエンジンとしてのPrestoの開発とOpera Browserでの使用を終了し、今後のリリースにおいてはOpera Browserで使用するレンダリングエンジンをWebkitに変更すると発表した。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たプラグイン

    Windows版のVer.8以降では専用のプラグインを導入する事で、音声によるOperaの操作、および英語のテキストトゥスピーチ機能が追加できる。Ver.9.5ではユーザビリティを重視しつつ他のブラウザとの操作性を統一するために、ユーザーインターフェイスの改良が施され、キーボードによるナビゲーションの改良やスクリーンリーダーへの対応もなされた。Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たW64S

    W51S / W52S / W53S / W54S / W61S / W62S / W64S / Xmini / Premier3 / S001 / G9 / S002 / U1 / URBANO BARONE : 8.60Opera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たチョウゲンボウ

    開発コードネームは “Kestrel”(チョウゲンボウOpera フレッシュアイペディアより)

  • Opera

    Operaから見たセットトップボックス

    モバイル向け分野のほかにセットトップボックスやカーナビゲーションシステムなどの各種デバイス組み込み分野でもOperaの開発が行われている。中でも任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」向けに、Operaをベースとして独自の改良を加えた「ニンテンドーDSブラウザー」が2006年7月より発売されており、ニンテンドーDSiにはニンテンドーDSiブラウザー、同じく任天堂の据え置きゲーム機「Wii」向けにもインターネットチャンネルの名でOperaが提供されている。また、東芝製液晶テレビ「CELL REGZA」でもWebブラウザとして使用されている。Opera フレッシュアイペディアより)

215件中 91 - 100件表示

「Opera」のニューストピックワード